• Twitter
 

1984年、当時のボードとしては革新的なアウトラインと風変りのデザインで人気を確立したGNUから始まり、1990年にセカンドブランドとして誕生。

シアトルのサーフィン仲間、マイク・オールソンとピート・サリがサーフボードを雪山に持ち込んで遊んだのが今日のLIBTECHやGNUの原点。今から39年も前の1977年の出来事だ。同じ大学に入った二人が教室にいる時間は短く、すぐガレージでのスノーボード作りに没頭することになり、Mervin Manufacturingを創立。1984年、当時のボードとしては革新的なアウトラインと風変りのデザインで人気を確立したGNUから始まり、1990年にセカンドブランドとして誕生したのがLIBTECHである。モノコックキャップと呼ばれる新しい技術を初めて採用した薄くて軽いボードに、スケルトンに緑のヘアーという過激なグラフィックも手伝い、LIBTECHはスタートから大きな話題となり、乗ってみたいスノーボードのNo,1にランクされた。マイク・オールソン率いるMERVINスタッフは全員がプロ並みのプレイヤー。そんな環境から開発される革新的な素材を使い、ニューコンセプトに基づいたスノーボードが続々と発売されている。マグネトラクション、スケートバナナ、スノーボードのみならず、スキーやスケート、サーフボードまで。輝かしい歴史を作ってきたLIBTECH。その未来は我々スノーボーダーにとって限りなく明るく、面白いことを期待できる。

LINE UP

ALL SKI BINDING BOOTS POLE WEAR GOGGLE/HELMET GLOVE ACCESSORY
▼さらに絞り込む

 

最近見たアイテム