口コミ・レビュー

子連れは注意、リフト監視していませんよ。

11:45頃第七リフト降り場にて。
私は旦那とリフトに乗車。二人乗りリフトでした。左側私、右側が旦那。
もう少しでリフト降り場!スノーボードなので板を真っ直ぐにしようとしていたら前に乗車していた小学生低学年の子が降り場にて転倒。普通ならここでリフトが止まる、とそこまで私たちは焦っていませんでした。と、そこで私が気がつくと降り場にスタッフはおらずスタッフは小屋の中。しかも、腕を組んで見ているのはゲレンデ。降り場ではない。もちろん子供の転倒にも気付いていない。
ということで私たち叫びます!
「リフト止めろ!!」何度も。
ようやく出て来る頃には転倒した子供とぶつかる直前。旦那側だったので旦那は子供を避けるために右側、雪のない段差のある鉄の上に自分の身体を投げ出しました。
子供には怪我はなく旦那には怪我は背中、腕、右手の打撲。
出てきたリフトスタッフに文句の1つも2つも言うがまず返答は「そんなすぐ止まらないんですよぉ」。。。そんな問題ではない。明らかな不注意。目視している場所がリフトではなかったこと。言い訳にもならない言い訳に思わず絶句。リフトスタッフ1人も珍しいなぁとは思いますがそれならそれでちゃんと見ていて欲しいですね。ゲレンデでなく安全を重視すべきところを。
とりあえず旦那に「板傷ついたりしなかった?」と離れていたので声を大きくして聞くとスタッフの露骨に嫌そうな顔。
とりあえず、旦那はパトロール呼ぶほどではないからと下山したが痛みがあまり引きそうにないので救護室で湿布をもらおうと私が向かった。1枚100円です。上記内容を説明するも謝罪はなくじゃぁ湿布無料で!と割り切った態度。もっと大きな事故になるかもしれなかったこと、ゲレンデのスタッフなら予期できるのでは?ともやもや思いながらも帰宅してしまいました。

ゲレンデ自体は遊べる地形があって悪くはないのですがもう少しコース幅増やせないのでしょうか?というのも第7リフト降り場のスタッフが見ていたのはどうもロープ超えする人たち?見つけるとすぐさまパトロール2.3人出動。まるでネズミ捕り。1回目は注意、2回目はリフ券没収と言っているのが聞こえました。
でも、ロープ超えしたくなる気持ちも凄くわかる場所でした。ツリーはそこまで細かくなく、ある程度斜度があって昼過ぎでもパウダーのほぼノートラック。あそこを滑れないのに見えちゃうのはヨダレでちゃいますねー。
ということでもどかしいし、もうリフトでクラッシュは嫌と旦那が言うので私は行きたくても行けません。
この投稿をきっかけにリフトスタッフの責任感が少し変化してくれればいいなぁー、と思います。
そして乗車している方も止まるという安心感はあまり持ち過ぎないほうがいいかもしれませんね。

  • 総合評価
  • ゲレンデパフォーマンス
  • コストパフォーマンス
  • 接客・サービス
  • 施設が充実
  • 周辺施設が充実
レビュー種別
ゲレンデについて施設サービスについて
ゲレンデ特徴
雪質が良い パウダーが楽しめる
施設・サービス特徴
施設がキレイ
周辺情報の特徴
温泉施設が充実
おすすめタイプ
中級者
一覧に戻る

その他レビュー一覧

さらに見る

オグナほたかスキー場

リフト券購入

ユーザー評価

詳細

PAGE TOP