My Page

  • どこかのだれかさん
  • どこかのだれか

    • 性別男性
    • 年代非公開
    • 居住地非公開
    • 職業非公開
    • スタイルスキー
    • レベル中級者
  • スキー場来場日2019/02/13
  • レビュー投稿日2020/01/10

昭和を感じさせるスキー場

稚内市こまどりスキー場[北海道]

安全管理には「ある意味」無頓着レベル。
事故防止の研修はしているような稚内市のブログはあるが、リフトの安全運航とか。問題はそこでは無い。

最悪と言えるのはスノーボーダーと従業員&保護者。

他のかたのレビューにもあるが、スノーボーダー(小中学生)は危険。滑りたいように滑走。そこに座られるとダメってところに座っています。ビギナーだったらそこに突っ込んでケガするよってところに。
スノーボーダーはほぼ小中学生、その保護者はわが子を放置。管理監督をするつもりは無いようで、ロッジで他保護者と雑談に興じている。これは稚内(北海道?)クオリティ、この土地の安全管理は、稚内市も保護者も昭和時代なので、注意が必要。

このスキー場のローカルルールに「小学生未満の幼児は、リフトに乗車の際には保護者同伴」がありますが、従業員は(個人的に)幼稚園児と知っていても、放置です。安全管理には無頓着というレベル。「●●ちゃんは今度小学生かー(つまり未就学児)」と言いながら一人でもリフトに乗せます。平然と。昭和時代を彷彿とさせます。いいね、昭和。

さらに驚くべきことは、子供にゴーグルを与えていない。
別の日に幼稚園のスキー教室に遭遇したが、晴れていてもゴーグル装着は半数程度、子供の健康を何だと思っているのか。

自分の子供は連れて行きたくない。

  • 総合評価評価星1
  • ゲレンデパフォーマンス評価星2
  • コストパフォーマンス評価星2
  • 接客・サービス評価星1
  • 施設が充実評価星1
  • 周辺施設が充実評価星1
レビュー種別
施設サービスについて
ゲレンデ特徴
雪質が良い
施設・サービス特徴
キッズ施設が充実
おすすめ利用シーン
友達 ファミリー
おすすめタイプ
ビギナー 初級者
一覧に戻る