My Page

  • ヤスブゥーンさん
  • ヤスブゥーン

    • 性別男性
    • 年代50代
    • 居住地群馬県
    • 職業非公開
    • スタイルスキー
    • レベル中級者
  • スキー場来場日2016/03/02
  • レビュー投稿日2016/03/03

あなどれない、今シーズン1番の寒気

白馬八方尾根スキー場[長野県]

2日(水)に数年ぶりの八方尾根を楽しんで来ました。次第に高気圧に覆われ始めは雪の予報もお昼には晴れ間との情報に、到着時は雪模様からの滑り出しは、名木山側より八方リーゼンクワッドを乗り継ぎ、リフトを降りると真っ白の視界不良、山頂へ経由するリフトは強風で見合わせ中、とりあえず一本目は同じリフトに乗る事として、リーゼンスラロームへ滑り出しは見えずらかった雪面も下るにつれ多少はましな状態となった事もあり、すかさずもう一本、少しずつ明るさが見え始めたので、コースを変えパノラマからセントラルのゴンドラへ、ゴンドラを乗車して下りると、日差しも入ってくるようになり、上へ向かうアルペンクワッドが稼働しており、当然の様に乗車、山頂へ向かうグラートクワッドの稼働と、正面に見えるリーゼングラート下部の新雪に即決山頂へ、リフト稼働したとはいえ、リフト降り場の風は突風が断続的に当たり、吹き抜ける風が直撃で、あまりの風の強さと寒さに麓までのロングランとしました。リーゼングラート下部の新雪は、今シーズン初の感触に少し回復したらまたとの思いを後に、まだコブのない兎平ゲレンデを経由してゴンドラまで楽しみました。再びゴンドラを降りると、また上へ行くリフトは止まってしまい運よく乗っていた方が斜面を降りてくる光景に仕方なく、麓までのコースを滑り、起点となるゴンドラ降り場のうさぎ平テラス2階で昼食にと思ったのは、考える事は皆同じで11時半で大賑わい、やっと空いた席を見つけても食事注文に並び、落ち着きのない昼食になってしまいました。結局、午後に入っても風は収まらず、上へ向かうリフトは停止のまま、黒菱側のリフトは動いていた様でしたが、アクセスを考え中腹からしたのコースを様子見ながら結局16時頃まで上には行けず、また、白馬と言えばの景色も一度も見られず、麓は天気予報通りでしたが、高気圧に覆われるより、今シーズン一番と言っていた寒気が居座った事で山頂の風は止まず、次回こその待ってろ白馬です。それでも、その寒気のお陰で、この時期に一日中良い状態の雪を楽しめました。またの機会の楽しみです。

  • 総合評価評価星4
  • ゲレンデパフォーマンス評価星5
  • コストパフォーマンス評価星3
  • 接客・サービス評価星4
  • 施設が充実評価星3
  • 周辺施設が充実評価星4
レビュー種別
ゲレンデについて
ゲレンデ特徴
雪質が良い コースが広い コースが長い
施設・サービス特徴
食事が美味しい
周辺情報の特徴
宿泊施設が充実 飲食店が充実 温泉施設が充実
おすすめ利用シーン
友達
おすすめタイプ
中級者 上級者
一覧に戻る