斑尾高原スキー場[長野県]

2017/02/06

日本有数のスキー場エリアで知られる長野県の中でも、アクセスが良く上質な天然雪を味わえると評判の斑尾高原スキー場。車でのアクセスは、最寄りの上信越道「豊田飯山IC」から約25分なので楽々だ。東京からは関越道経由で約180分、名古屋からは中央道と長野道、上信越道経由で約220分と抜群の立地となっている。極上のパウダースノーを求め、SURF&SNOWクルーが、現地スタッフと共に潜入取材を行った。
撮影・文/板原健介

テツ(SURF&SNOWスタッフ)

こよなく横乗りを愛するスノーボーダー。毎年斑尾高原スキー場には滑りに来ているが、バックカントリーツアーは初体験でワクワク!

ケンジ(SURF&SNOWスタッフ)

スノーボードに魅せられ雪山と関わり続けて、はや19年。今回の斑尾高原には、実はかなりパウダーの期待をよせている。

RED・小林翔(斑尾高原スキー場スタッフ)

パウダーランはもちろんのこと、ジャンプやジブもこなすオールラウンドスキーヤー。自ら圧雪車を操り「Free Ride Park」のプロデュースも手がける。

全18箇所のパウダー・ツリーランコースを制覇せよ!

スキー場内には4つのパウダーコースと11のツリーランコースが点在しているので、事前にコースマップを把握し時間が許す限りその全てを滑っておきたい。今シーズンは、コースへのエントリー・エスケープが容易なビギナー向けツリーランコース「ファミリーアドベンチャー」が新登場!3コースあるので、家族と、友達と、みんなでワイワイ森の冒険を楽しもう。
上級者にオススメは今シーズンより拡大された「リバーラインコース」。ナチュラルパイプ形状の多彩な地形で、思う存分サーフライドが楽しめるようになった。
ただし、自己責任で滑走するエリアなので、木の衝突などのトラブルにはくれぐれも気をつけよう。

初心者も上級者も楽しめるファミリーアドベンチャーコース

「家族や友達と、安全にツリーランデビューがしたい!」そんな方にオススメなのが、ラビットコース・カモシカコース・ベアーコースの3つの「ファミリーアドベンチャー」。今シーズン新設されたコースなので、必ず滑っておきたいコースだ。
どのコースともゲレンデ中間部より下に位置しているのでアクセスしやすく、コース出口はゲレンデに面しているので、安全にツリーランを楽しむことができる。足慣らしとしてまず滑っておこう。
ゲレンデコース内にできたとは思えないナチュラルパイプ形状が、滑り手のテンションを更に上げてくれる。壁を登ったり下りたり当て込んだり、自分の思い描いたラインで好きなように滑ることができる。
自然にできた地形でのジャンプに挑戦。イメージ次第で遊び方は無限大なので、上級者も飽きることの無い満足できるコースの1つだ。

エリアを知り尽くしたガイドによる贅沢なバックカントリーツアー

2016-17シーズンからサービス開始となった「NORTH Nagano Outdoor Sports」の北村氏にガイドを依頼し、バックカントリーツアーを体験。北村氏は斑尾高原で生まれ育った経験豊富なガイドで、様々なエリアから参加者のレベルにピッタリなツアーを案内してくれる。
当日のコンディションを考慮し、今回は斑尾山登頂に挑戦することに。スキー場内では味わえない極上のパウダースノーを想像しながら、一歩一歩嚙み締めて登り始めた。大自然の静寂の中を歩くだけでも、非日常な空間でとても楽しい。
20分ほどで斑尾山の頂上に到着。斑尾山山頂では、これから始まる夢のようなツリーランを前に、はやる気持ちを抑えてひと休み&腹ごしらえ。飲み物やお菓子などは持参しよう。
ここまでくる頃には、ガイドと参加者の距離も近くなり、最高の時間を共有する仲間になっている。いざ、数多のスキーヤー、スノーボーダーを虜にするMADAPOW(斑尾高原パウダーの略称)の世界へGO!
「yeeeaah!!」と思わず声が出てしまう極上のコンディション。自分たち以外誰もいない贅沢な空間を、ただひたすら滑りつくした。
いくつもの非現実的な空間を体験して、最後は笑顔しかない。ガイドの案内あってこその楽しさは、一生忘れることのできない深い思い出となった。

初級者も楽しめるパークアイテムが充実

パウダーの後は、キッカー・ボックス・レールなど多彩なアイテムが揃う「Free Ride Park」に挑戦。リフトから見える場所にあるので、思う存分目立っちゃえ!

名物料理を食べ尽くせ

スキー場内には個性豊かな6箇所のレストランがある。有名店とのコラボメニューもあるので、お腹を空かせた男どもも満足できるに違いない。
ゲレンデ中央部にある「レストランハイジ」では、どデカイチキンカツがのったチキンカツカレーに挑戦してみよう。腹ペコだったSURF&SNOWスタッフのお腹もパンパンに(笑)
さらに今シーズンオープンした「Aki’s Pub&Cafe」では本格的なピザやエスプレッソマシーンがあり、コーヒーやホットチョコレートも美味しいぞ。

多彩なアイテム数を誇るレンタル

レストラン白樺内にある「白樺レンタル」では、各種スキー・スノーボードアイテムや子供用アイテムも用意されている。さらにパウダー用のファットスキーやスノーボードも用意されているので、その日の状況に応じてアイテムを選ぶことができる。

泊まり派のあなたには斑尾高原ホテルがおすすめ

ゲレンデサイドには豪華なビュッフェと最高のおもてなしが自慢の斑尾高原ホテルがある。のんびり派や、全コースを滑っておきたいこだわり派の方にはオススメのホテルだ。ゲレンデ直結なので、移動もらくらくでファミリーにも嬉しい。
一緒に苦楽をともにしたメンバーで、一日を振り返りながらの乾杯は最高!同じ楽しみを共有しつつ、暖かい暖炉を囲み、明日のMADAPOWを想像しながら眠りにつける、夢のような空間の斑尾高原スキー場に是非行ってみよう。

斑尾高原スキー場

今シーズンも進化が止まらない斑尾高原スキー場。代名詞ともいえるツリーランコースに、新コンセプトツリーラン「ファミリーアドベンチャー」が登場!エントリー・エスケープが容易な3コースを設定。家族と、友達と、みんなで森の冒険に出かけよう!

ぐるなび© Gurunavi, Inc.