きそふくしまスキー場[長野県]

2017/01/16

撮影・文/栗山千穂
きそふくしまスキー場は木曽エリアで唯一、スキーヤー専用のゲレンデ。ピークからベースまで最長4600mの滑走距離は、木曽エリアのゲレンデでもトップクラス。展望がよく、変化に富んだ地形を楽しみながらロングクルージングが味わえるのが特徴だ。緩急に富んだコースが幅広いレベルに対応し、ビギナーや初心者のみならず、エキスパートも満足のいく滑りを約束してくれる。
縦長なレイアウトで、リフトを乗り継ぎピークまで向かうと、360度のパノラマビューが待っている。名だたる名峰や広々と横たわる雲海を望める、抜群のロケーションもこのゲレンデならではの魅力。

段階を踏んでさまざまなコースにチャレンジ!

きそふくしまスキー場は初心者大歓迎。ゲレンデベースにはフラットでゆるやかなロングコースが用意され、子どもや初心者が雪上デビューするのにぴったり。ビギナーでも「ファミリーコースA」と「ファミリーコースB」を繋いで、全長2500mの長い緩斜面をたっぷりと滑れる。
少し滑れるようになったら中腹部のコースにトライ。まずは比較的優しい斜面の「シークレットA」から足慣らしをし、斜度変化やスピードに慣れていくこう。
中腹エリアには尾根から山肌に沿って落ちる中斜面が何本も伸びている。写真右から「シークレットC’」「シークレットC」「チャレンジ」。それぞれ、個性のある斜面となっている。
なかでも「シークレットC’」は、一面にコブが並ぶ滑り応えのあるコース。良質なパウダーにも恵まれるため、降雪後はこのコースが狙い目だ。
最上部から滑り出す「スカイコース」は雪質良好。雪に覆われた美しい木々に囲まれながら、爽快なロングランが味わえる。広がる青空を背景に、御嶽山に向かって滑りこむ開放感もたまらない。

子どもはもちろん、大人も楽しいアトラクション

ハイシーズンになるとゲレンデのあちこちに、「マジックスラローム」や「テンダークロス」といった、遊び感覚で滑れるアトラクションが登場する。これらアトラクションは初心者向けのコースに設置されるため、子どもから大人まで幅広く楽しむことが可能だ。
カラフルなフラッグ付のショートポールが並ぶ「マジックスラローム」。左右にターンするだけでもいいし、自分で好きなコースを考えて通り抜けてもいい。考えながら滑ることで遊びの幅が広がり、滑りも自然とうまくなる、まさに魔法のコースなのである。
緩斜面にバンクやウェーブを設置した「テンダークロス」は年齢・レベルを問わず、あらゆるスキーヤーが楽しく遊ぶ名物アトラクション。何度も体験するうちに、斜面変化や地形遊びでの対応力が自然と身についていく。

ファミリーが快適に過ごせる「ウインキーパーク」

雪遊びやソリが楽しめるキッズパーク「ウインキーパーク」。いろんな種類のソリを楽しんだり、雪の山によじ登ったり、子どもたちが元気いっぱいに遊んで過ごせる。スノーエスカレータが設置されているから、斜面を登るのもらくちんだ。入場料は1名500円。ゲレンデキャラクターの「ウインキー」がたびたびキッズパークに登場し、子どもたちをさらに楽しませてくれる。
キッズパークと隣接する「ウインキーハウス」は屋内で遊べる遊具を用意するキッズルームのほか、トイレや授乳室も完備。わざわざスキーセンターまで行かずとも、キッズパークで快適に過ごすことができる。
「ウインキーハウス」内の別室に授乳室を用意。乳児を連れたファミリーでも過ごしやすい、細やかな配慮が嬉しい。

楽しいイベントが盛りだくさん

シーズン中は、毎週土曜もしくは日曜に、さまざまなイベントを企画。雪に隠されたお宝を探す「ちびっ子宝探し」や親子で楽しめる雪上のボーリング大会といった参加型のイベントのほか、さまざまな景品を用意した抽選会が人気。詳細の日程は公式ホームページで紹介。どんなイベントがあるのか、さっそくチェックしてみよう。
毎回たくさんの参加者が集まる大人気のボーリング大会。転がす玉は軽くて大きいが、思わぬ方向に転がって意外とピンに当てるのが難しい。それがまた楽しいのだ。

雪に立てた旗を競争してゲットする「フラッグダッシュ」では、子どもたちが元気いっぱいに雪上を駆け回る。

便利な「託児ルームウインキー」

きそふくしまスキー場では、子どもを預ける託児サービスも実施。スキーセンター2階の「託児ルームウインキー」は、絨毯を敷いた温かな屋内スペース。ここで子どもは専任スタッフと一緒にお友だちと遊びながら楽しく過ごせる。万が一、子どもが慣れずに泣いてしまっても場内放送で親へと連絡してくれるから安心。予約制なので、利用の際は前日の17時までに申し込みが必要だ。

ニーズに合わせて選べるスキーレッスン

スキースクールでは、年齢や目的に合わせた多彩なレッスンを展開。一般向けのレッスンでは、技術上達を求める通常レッスンのほか、ベテラン講師によるポールレッスンを実施。子ども向けとしては、スキーデビューから対応可能のキッズレッスン、小学生向けのジュニアレッスンがあり、年齢やレベルごとにクラスを分けて滑りの基本から教えてくれる。シニア向けのレッスンは、半日レッスン+ランチ付き、1泊2日の特別プランなど、目的に応じて選べるさまざまな内容を用意している。

おいしいゲレンデランチ

レストランは、ゲレンデベースやコースの途中、リフト降車場近辺などにバランス良く点在。なかでも、スキーセンター2階の「レストランウインキー」は、カレーや麺類といった定番メニューをはじめ、子どもに大人気のキッズプレートからシニアに好評の和食まで用意。焼きたてピザも味わえ、幅広い世代に対応した豊富なメニューを取り揃えている。
スキーセンター内と立地がよく、最も手軽に利用できる「レストランウインキー」。子どもを連れたファミリーからも重宝されている。
カブの葉を発酵させた“すんき漬け”は、木曽地方に古くから伝わる保存食。酸味のあるすんきとチーズの相性は思いのほかよく、ここならではの名物「すんきピザ」はぜひ味わっておきたい。
子どもが好きなものばかりが乗った「キッズプレート」。人気キャラクターのプレートもキッズたちに大好評。
下味をつけた大きな鶏肉に片栗粉をまぶし、サクッと揚げた山賊揚げは信州の名物。これをトッピングした「さんぞくカレー」はご飯がどんどん進むボリューム満点メニュー。

第一トリプルリフト降り場にある「レストラン白山」は、標高1500mに位置。御嶽山や乗鞍岳の名峰をはじめ、遠く白山連峰まで見渡せる、展望のよさが評判だ。
レストラン白山の人気メニューは「あったかナメコそばとミニたまご丼セット」。ナメコたっぷりの温かなそばは寒い日にぴったり。トロトロたまごをご飯にかけたミニ丼は、和洋のテイストが混ざった新鮮な一品。

レンタルショップで来季モデルも体験可

スキー・スノーボード用具は周辺に点在する3軒のレンタルショップで借りることができる。なかでも、スキーセンター横にある「レンタルオオハタ」は、ゲレンデ開業から営業している老舗のレンタルショップ。有名スキーブランド「オガサカ」の直営店でもあり、一般レンタルのほか、オガサカのニューモデルに乗れるエキスパートレンタルも実施。基礎系や競技スキーの上位モデル、パウダースキーなどを体験したい人はぜひ利用してみよう。
ヘルメット、ゴーグル、グローブなどの小物までレンタルできるので、手ぶらで訪れてもOK。

お得なパックやサービスデーもチェックを!

シーズン中は毎週、月・水・金曜が「スペシャルDAY」。この日は大人、子供、マスター、ゴールドマスターのリフト1日券+ランチ券をリーズナブルな価格に割引。さらに平日は、毎日、「マスターデー」としてシニアとゴールドマスターのリフト券が割引価格になる。ほかにも、リフト券やレンタル一式がパックになったお得な特別プラン(予約制)があるので、情報をチェックしてお得に、そして何度も滑りに行こう!

きそふくしまスキー場

多彩な9ゲレンデ、最長滑走距離4600㍍すべてがスキーヤー専用。キッズエリアの「ウインキーパーク」には動く歩道とキッズルームが充実し、小さい子供連れでも安心して遊べます。

ぐるなび© Gurunavi, Inc.