『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!
『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!
『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!
『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!
『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!『スキー上達手帳』で子供達のやる気を育てるスキースクール ファミリースキーの 不安 はSIAがファンにチェンジ!

interview

公益社団法人日本プロスキー教師協会(英語表記「Professional Ski Instructors Association of Japan」の頭文字から、SIAと呼ばれています)は、日本国内においてプロフェッショナルなスキー教師を育成し、様々なスキーの楽しさを普及する活動に貢献しようと1968年に発足した団体で、全国のスキー場に133校のスクールを開校しています。また、ISIA(国際スキー教師連盟)に加盟する日本で唯一のプロスノースポーツ教師の団体として活動しています。
ここ数年、ファミリースキーを楽しむ家族が増えてきたことで「子供にどうやってスキーを教えたらいいかわからない」といった悩みをもつお父さんやお母さんたちも増えているようですが、SIAのスクールは大人だけでなく、ゲレンデデビューはもちろん、もっとスキーがうまくなりたいと思う子供たちも気軽にお任せしてOK!ファミリースキーに対するSIAの考え方や取り組みについて聞いてみました。

text by Tomohiro WATANABE

スキー場でスキーやスノーボードを楽しむ家族が増えていますが、
スクールの利用についても増えているのでしょうか?

親子スキーヤー

昔、結婚をする前にスキーを楽しんでいた方々が結婚して、子供が生まれて、一緒にまた滑ろうと思うファミリーが増えています。でも増えたというより、一時期スキー場から離れてしまった方々が、戻ってきてくれたというところもあるかと思います。おかげさまでスクールは、またちゃんと滑れるようになりたいと思い入校する人もいますし、もちろん子供もスクールに入れようかなと考えるお父さん、お母さんもいますが、考え方が少し変わってきているように感じています。

どのようなところが変わってきている
のですか?
10年くらい前までは、親が自由に滑る時間を作りたいとの考えの方もいたように思いますが、今は“子供がちゃんと滑れるようになってほしい!”と期待感みたいなところから、ウエアや用具は少しでもいいモノを与えたり、スクールにもちゃんと入れて“うまくなってほしい、スキーを好きになってほしい”と考える親が多くなっていると思います。以前よりも一緒にいる時間を大切にしたいと、旅行やスポーツなどを“もっと子供と一緒に楽しめたら”と考えているのかもしれません。ただ期待する一方で不安を口にする親も多いように感じます。
親が考える不安とは?
期待の裏返しの気持ちで“ウチの子は大丈夫でしょうか?”と、事前の電話やレッスンの直前、レッスンの合間のお昼休みの間にも聞かれることが増えました。親が不安になると子供も不安になりやすく、教えたらできるようなことでも、できなくなってしまう可能性があります。
例えば、初めてスキーをする子供が“できるかな”と不安になることは当然かもしれませんが、私たちはプロフェッショナルのスキー教師ですので、子供が感じている不安を“できるかも!”という期待感に変えて、スキーが滑れるようになる、スキーのことを好きにさせていく自信はあります。子供の可能性を広げるには親の不安は大きな障害になりかねません。“後はプロに任せた!”という気持ちで見守っていただけたらと思っています。

練習の様子をカメラで撮影

実際にどんな「プロ」の仕事をするのでしょうか?
ちょっと話が逸れるかもしれませんが、子供は滑る以前に、スキー場の『寒さ』にやる気を無くして、親に甘えたがる傾向があります。その寒さを忘れさせてあげられるような、楽しいイメージがアタマの中に多くなるように気をつけて取り組んでいます。滑り方を教える時も技術的や具体的な表現はほとんど使いません。できるだけ子供が動きをイメージしやすい言葉を使ったり、遊び感覚で指導することを主に心がけています。
寒さを忘れさせるためには、どんな指導をしている?
子供たちを教えるインストラクターは、寒さを忘れさせることができるエンターティナーとしての実力も必要です(笑)。SIAのインストラクターたちには、プロフェッショナルな意識の高さとコミュニケーション能力の高さの大切さをきっちりと指導、教育しています。レッスンの相手が大人でも子供でも大切な「お客様」であり、レッスンでお会いしたことで滑る技術を伝えるだけでなく、いろいろな楽しさや興味をどれだけ広げていただけたかも大切なことだと思っています。
子供が寒さや不安を感じないように、レッスン中だけでなくレッスン前からいろいろな言葉をたくさん掛けてコミュニケーションを取ります。言葉を交わすことで子供たちの性格を引き出して、どのようなアプローチをしていけばいいかを見抜いていくのも、プロフェッショナルなスキー教師としての役目だと考えています。SIAはファミリースキーを楽しみたいと思っている家族に不安があれば、その不安を“ファン(Fun)=楽しみ”に変えていくお手伝いをさせていただきたいと思っています。

SIAレッスン風景

子供に対してスクールに入ることをどう勧めていいかわからない場合は?

昔と違って親が「入りなさい」と強要するような感じでは、今どきの子供たちは素直に従わないと思います。スキー場に行くまでに子供の本心がどこにあるのか、スキー場で何をしたいのかを聞いて確認した上で、例えば「(お父さんたちと、もしくは自分ひとりで)普通にすべるのも楽しいだろうけど、スクールに入ってみたら、もっとスキーがおもしろくなるかもよ?」とか、スキー場に行って実際にレッスンを受けている子供たちの姿を見せてあげて「同じくらいのお友達や、お兄ちゃんやお姉ちゃんたちも、みんな楽しそうだよ。あんなとこも滑っているね。●●ちゃんもスクールに入ってがんばってみる?」などと声を掛けてあげると効果があるかもしれません。
でも、大切なのは最後は“本人が決める!”ことです。スクールに入れることだけでなく、何か物事に取り組む時にアドバイスなどサポートをしてあげることも大切ですが、最後は自分で決めさせることがもっと大切なことだと思っています。

SIAレッスン風景

子供がもっとスキーを好きに、もっとうまく滑れる
ようになるにはどうすればいいの?

スクールに入っていてもいなくても、子供に“滑れる”という自信が付いたら、あとは少しずつ自分でいろいろな斜面やスピードに挑戦したりして、楽しさはどんどん膨らんでいくと思います。子供は大人が思っている以上に成長は早いので、滑る楽しさを感じているうちは自由に滑らせてあげるのもいいと思います。しかし、滑れると思っていた斜面で思うように滑れなかったり、自分と同じくらいの年齢の子供や小さい子供に、ターンやスピードで同じように出来なかったりするだけで、いきなりスキーがつまならく感じてしまうかもしれません。

自分がどれだけのことができているのか?次は何ができればいいのか?どうしていいのかわからなくなって、楽しさよりも不安な気持ちが大きくなってしまうこともあります。 そうならないためにも、可能であればスクールの継続的な利用をお勧めします。

My Ski Book

SIAが取り組む、子供をやる気にさせるスキーテストの形とは?
SIAでは子供たちが現在のスキーレベルを確認したり、次の目標にしてもらうための基準を記した『My Ski Book』を作りました。レベル的には「ペンギン」「コアラ」「リス」「ぞう」「うさぎ」「チーター」の6段階に分かれていて、それぞれのレベルをチェックするテスト(検定)も開催します。
各段階のテストで合格すると、それぞれ色の違うメダルがもらえるので、「次は、ぞうさんのテストを受けて、またメダルをもらおうね!」とか「がんばってメダルを全部揃えたら、すごいんじゃない!?」などと子供たちを励ましてあげられば、さらにモチベーションが上がるのではないでしょうか。さらに全部に合格すると、子供向けテストの最高峰【ジュニアゴールドメダル】のテストに挑戦できます。ISIAで認められたテストなので、多くの子供たちもがんばってゲットしてほしいと思います。

スキーくん

Level up

My Ski Bookでレベルを確認!テストでメダルもゲット!!

レベル01

レベル01 ペンギンさん

レベル01

レベル02 コアラさん

レベル03

レベル03 リスさん

レベル04

レベル04 ぞうさん

レベル05

レベル05 うさぎさん

レベル06

レベル06 チーターさん

スキーくん

My Ski Bookのペンギンからスタートして、ひとつひとつクリアして実力を積み重ねていき、チーターまでがんばって挑戦してみよう!

School

SIA公認スクール

スキーくん

エリア名をクリックするとSIA公認
スクールがご覧いただけます。

北海道エリア

北東北エリア

南東北エリア

群馬新潟エリア

北陸東海エリア

信州エリア

西日本エリア

日本地図