NEWS

【舞子リゾート】新型コロナウイルス対策としてブッフェに代わる「Serve Food Style」で食事を提供2020/08/04

【舞子リゾート】新型コロナウイルス対策としてブッフェに代わる「Serve Food Style」で食事を提供 ------------------------------
Go Toトラベル事業者への登録が完了
------------------------------
株式会社舞子リゾート(本社:新潟県南魚沼市 代表取締役:田中 章生)が運営する「舞子高原ホテル」と「舞子グランピング」はGo Toトラベルの宿泊事業者への登録承認が完了した。
これに伴い、「舞子高原ホテル」「舞子グランピング」の2施設に宿泊する場合、Go Toトラベルの割引対象となる(舞子高原オートキャンプ場は対象外)。

------------------------------
新たな生活様式となる食べ放題形式
------------------------------
舞子高原ホテルでは、これまでブッフェスタイルで食事を提供していたが、"新しい生活様式"に則り、当面の間は独自の「Serve Food Style(サーブフードスタイル)を採用する。
※舞子グランピングに宿泊する場合は朝食としてホテルを利用

「Serve Food Style」は食べ放題のカフェテリア形式。
食べ放題の要望には応えつつ、感染症への予防対策として、ブッフェ台を撤去し、スタッフがその場で調理・盛り付けしたものを利用客がテーブルまで運ぶスタイルとなる。
舞子リゾートでは、不特定多数のゲストがトング等を共有しないことで、安全・安心な食事のスタイルであると考えている。

また、従来のレストランよりも約2倍の広さとなる「カフェテリア・ビュー」に会場を変更。
密を避けるために、入場時間指定制(17:30 / 18:00 / 18:30 ※18:30は土日繁忙日に限る)とし、ゲストの人数を制限する。
さらに、原則、一度利用されたテーブルは使用しないようにし、感染症予防対策を徹底している。

------------------------------
その他のスペースの感染症要望対策
------------------------------
舞子高原ホテル、舞子グランピングなど、舞子リゾートの施設内では、マスク着用の徹底、各所への消毒液の設置、スタッフによる消毒作業の徹底、飛沫飛散防止のためのアクリル板設置など、様々な新型コロナウイルス感染症対策に取り組んでいる。

https://www.maiko-resort.com/news/2020covid19.html

一部の密が懸念されるサービスについては、縮小営業となるが、"新しい生活様式"を意識し、ゲストが安全・安心を感じられるよう、リゾートとしても様々な対策を講じているので、ゲストも「うつさない」「うつらない」感染症対策を万全に講じた上で利用を検討してみてはいかがだろうか。

------------------------------
舞子高原ホテル
------------------------------
新潟県南魚沼市舞子2056-108
https://www.maiko-resort.com/hotel/

------------------------------
舞子グランピング
------------------------------
新潟県南魚沼市舞子2056-108
https://www.maiko-resort.com/summer/glamping.html
【営業期間】2020年10月24日(土)まで


※新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、旅行の仕方も変化が求められています。
旅行先の状況や施設の営業状況等も確認して利用してください。
また、利用者が「うつさない」「うつらない」ためにもマスク着用の徹底、手洗い(消毒)の徹底、大声にならないよう会話する、体調不良が疑われる場合の旅行中止も検討するなど、一人ひとりの注意を徹底し、利用するようにしてください。

一覧に戻る