オリンピックライダー集結! YONEX SPECIAL 3DAYS in 石打丸山スキー場 2014年3月21~23日

2014/04/04

オリンピックライダー集結! YONEX SPECIAL 3DAYS in 石打丸山スキー場 2014年3月21~23日 スノーボードブランドのヨネックスが主催する、新潟県・石打丸山スキー場での恒例イベント&大会である『ハーフパイプ ワンポイントレッスン会』と『ライドオン ヨネックスカップ』が、今シーズンはオリンピックイヤーということで、ソチオリンピックに出場したチームヨネックスの4選手が集結し、サイン会&撮影会を加えたスペシャルイベントとして3/21~3/23の3日間に渡り開催された。

『YONEX SPECIAL 3DAYS』と題して行われたこのイベント、初日はオリンピックライダーである青野令、子出藤歩夢、イ・カンキ(韓国代表)、ケラルト・カステリェト(スペイン代表)をはじめとするヨネックスライダーによる、ハーフパイプのワンポイントレッスン会が行われた。雪が降るあいにくの天候だったが、多くのキッズライダーを含め、参加者はレッスンを通してヨネックスのライダーとの交流を楽しんでいた。

続く2日目はスペシャルイベントとして企画された、オリンピックライダーのサイン会&撮影会。色紙やスノーボードなどにサインをもらい、ライダーと一緒に記念撮影に納まるなど、貴重な体験ができるとあってイベント終了まで長蛇の列ができるほどの大反響だった。

そして最終日となる3日目、イベントの締めくくりとして開催されたのが『ライドオン ヨネックスカップ』最終戦となるハーフパイプ大会。なんと5歳の最年少ちびっこライダーを筆頭に、若い世代には負けられないと息巻く(?)そのお父さん世代の参加者による真剣勝負の熱いバトルが繰り広げられた。

オリンピックに出場したチームヨネックスの4選手、そして参加したすべてのスノーボーダーみんなが笑顔で作り上げていたこの3日間のイベントを通じて、改めてスノーボードの楽しさとスノーボードというカルチャーが持つパワー、可能性を感じることができた。


※オリンピックに出場したチームヨネックスの報告会&慰労パーティのニュースはこちら↓
http://snow.gnavi.co.jp/news/news_detail.php?id=2798

一覧に戻る