[an error occurred while processing this directive]

競技説明

  • スキー アルペン
    • アルペン
    • 回転
    • 大回転
    • スーパー回転
    • 滑降
    • スーパー複合(回転+滑降)
  • スキー クロスカントリー
    • クロスカントリー
  • スキー ジャンプ
    • ジャンプ
  • スキー ノルディック複合
    • ノルディック複合
  • スキー フリースタイル
    • フリースタイル
    • モーグル
    • エアリアル
    • スキークロス
    • ハーフパイプ
    • スロープスタイル
  • スノーボード フリースタイル
    • スノーボード
    • ハーフパイプ
    • アルペン
    • スノーボードクロス
    • スロープスタイル
フリースタイル スロープスタイル

競技説明&ルール

今大会から採用される新種目で、コース上にあるアイテムを攻略しながら滑り降り、その技の完成度などを採点する総合滑走競技です。

コース前半は、レールやボックスと呼ばれるアイテムが設けられたジブセクションで、各選手がアイテムを選んで滑走します。そして後半にはジャンプ台が設置されたジャンプセクションとなります。

特に若い世代を中心に競技人口が多く、熱い視線が注がれている人気種目です。

見どころ&採点方法

レールやボックスなどのジブセクションと、キッカーなどのジャンプセクションで演技を連続して行い、1本ずつの滑りを採点します。2本の滑りのベストポイントがその選手の得点となり、採点は1つのセクションの完成度のみではなく、1回の滑走の流れ全体が対象となることから、総合的な滑走能力と各セクションでの完成度が重要になります。

コース前半のジブエリアでのレール&ボックスも見どころですが、なんと言っても最後の巨大なジャンプ台でのパフォーマンスに注目! 高難度のトリックを決めたい反面、転倒のリスクもあるので、どんなトリックを披露するか、選手たちも悩むところです。

コース説明

コースの全長や設置されるアイテムは大会ごとにことなりすが、国際的な舞台では全長600~700m、コースの高低差は150m程度となります。

コースの前半にスキー場のスノーパークにある、レールやボックスと呼ばれるアイテムが配置され、後半にはジャンプ台が設置されます。

タイムを競う種目ではないため、前半のコース斜度はあまりきつくありませんが、後半はジャンプの勢いをつけるために斜度がきつくなっています。

どんな道具を使うの?

スイッチ(反対)方向での滑りができるように、スキー板の上と下部分が反りあがり、同じ形状になっているツインチップ、もしくはツインチップに近い板を使用します。

ハーフパイプで使用する板と似たようなスキーが好まれますが、ジブアイテムをスムーズにこなすために、柔らかい板を好む選手もいます。

板の長さは男子の場合は160~170cm程度となりますが、ジブが得意、ジャンプが得意など、滑りのスタイルや個人の好みなどによって使用されるスキーが変わってきます。

トリック(技)解説&難易度

  • 【ミュートグラブ】

    空中で右手で左足(もしくは左手で右足)のつま先部分を外側から掴むこと。最もポピュラーなトリックの一つで、スキーがクロスするので見た目にも分かりやすいグラブでもある。

  • 【セーフティグラブ】

    右手で右足(もしくは左手で左足)の足裏部分を外側から掴むこと。最も簡単なグラブの一つだが、掴んだまま上体を捻ったり(トゥイークという)するとよりスタイルのあるトリックになる。

  • 【テールグラブ】

    スキーのテール(後ろ)側を掴むグラブ。テールの一番先をつかむことをテールティップグラブという。外側から掴むのか内側から掴むのかなど、こだわりを見せられるグラブでもある。

  • 【ダブルグラブ】

    両手でスキーを掴むこと。また、空中で2回異なるグラブを行うこともダブルグラブと呼ぶ。同じ回転数や回転軸なら、確実に高得点を出せる。

  • 【スイッチ1080】

    ジャンプ台から後ろ向きで飛び出して、空中で3回転して再び後ろ向きで着地するトリック。

  • 【ダブルコーク1260】

    ジャンプした後、まずはキッカー側に回転軸が傾くコーク軸の3Dトリックで、空中で頭が2度真下を通過するトリック。着地は後ろ向き。ダブルコーク1080とあわせて、ダブル3Dとしては最も多くの選手が行うトリックである。

  • 【スイッチダブルロデオ900】

    後ろ向きで飛び出して、キッカー側に頭が倒れるようにして空中で縦に2回転する。着地は前向きとなる。スイッチから飛び出すダブル3Dとしては最も頻繁に行われるトリック。

  • 【スイッチダブルミスティ1260】

    後ろ向きでジャンプ台に入って、進行方向に上半身を乗り出すようにして飛び出し、そのまま進行方向側に縦に2回転しながら、横に1回転半する。着地は前向き。

  • 【トリプルコーク1440】

    ダブルコークと同じ軸で飛び出して、縦方向にさらに1回転多く回るトリック。

フリースタイル スロープスタイル用語集

エア

ジャンプのこと。ジャンプする様子のこと。

グラブ

エア中にスキーをつかむこと。その技。代表的なグラブは、右手で左足(もしくは左手で右足)のつま先部分を外側から掴むミュートグラブと、右手で右足(もしくは左手で左足)の足裏部分を外側から掴むセーフティグラブがある。

レギュラー

前向きでのアプローチや飛び出しのこと。反対に後ろ向きでのアプローチや飛び出しをスイッチと呼ぶ。通常では、レギュラーの場合はトリック名につけない。

スイッチ

後向きでのアプローチや飛び出しのこと。スイッチで行なうトリックは、トリック名に「スイッチ」を付けて呼ぶ。

ボックス

ジブエリアに設置されるアイテム。箱型の形が基本だが、その箱形状や上面の角度を変えることで多様な種類のアイテムになる。幅の細いものはナローボックス、半円のものはレインボーボックスなどと呼ばれる。

レール

街中にある階段の手すりのようなアイテム。ボックスよりバランスを保つのが難しい。ボックスと同様にその形状によって様々なアイテムになる。

ジブ

ボックスやレールといった雪以外の人工的なアイテムの総称。またはボックスやレールを滑ること。ジブを使うことをジビングとも言う。

キッカー

ジャンプ台のこと。競技で使用されるキッカーは年々大きくなっており、15~18mクラスのものも設置される。キッカーが大きければ、より難易度の高いトリックを決めることができるが、転倒時のリスクも大きくなる。

アプローチ

キッカーやレールに入る際の助走のこと。アイテムへの侵入角度、スピードなどを熟考して選手はトリックを行っている。

スロープスタイルコースのある主な国内スキー場

競技日程

2/32/42/5 2/6 2/07 2/8 2/9
         
2/10 2/11 2/12 2/13 2/14 2/15 2/16
  女子スキー
スロープスタイル

予選 15:00~
決勝 18:00~
  男子スキー
スロープスタイル

予選 15:15~
決勝 18:30~
 
2/17 2/18 2/19 2/20 2/21 2/22 2/23
         

競技日程は日本時間となります。現地の天候などによって変更される場合があります。