競技説明

  • スキー アルペン
    • アルペン
    • 回転
    • 大回転
    • スーパー回転
    • 滑降
    • スーパー複合(回転+滑降)
  • スキー クロスカントリー
    • クロスカントリー
  • スキー ジャンプ
    • ジャンプ
  • スキー ノルディック複合
    • ノルディック複合
  • スキー フリースタイル
    • フリースタイル
    • モーグル
    • エアリアル
    • スキークロス
    • ハーフパイプ
    • スロープスタイル
  • スノーボード フリースタイル
    • スノーボード
    • ハーフパイプ
    • アルペン
    • スノーボードクロス
    • スロープスタイル
フリースタイル ハーフパイプ

競技説明&ルール

ハーフパイプの名称の通り、まさにパイプ(円柱)を半分にカットしたような形の斜面を滑りながら、左右の壁でジャンプを繰り返す競技です。

選手はジャンプの高さと繰り出す技の難易度で競い合います。難しい技ほど、ジャンプの高さを出し難く、転倒のリスクも上がりますが、連続して選手の華麗なトリックが見られる注目の種目です。

見どころ&採点方法

6人制などの複数でジャッジを行い、各ジャッジが100点満点で採点し、最高点と最低点を除いた4名のジャッジの平均点が得点となります。現在は総合評価のジャッジ方式で、全員のジャッジがすべての演技の評価をします。

回転数が高く、ジャンプが高いほど点数は上がりますが、バランスを崩したり、手を付くなど安定感に欠けると減点となります。また、ジャンプ中に、しっかりとグラブができていない場合も減点対象です。

なんと言っても華麗なエアトリックの連発が一番の見どころです。選手は左右の壁を使ってトリックを決めますが、その技はシンプルながら決めポーズがカッコいいものや、斜め回転を連続で行う3Dトリックなど多彩。男子は、より回転数の多いトリックや、7メートル以上ものハイエアも繰り出されます。

コース説明

ゲレンデの傾斜を利用してコースが作られ、大会によって大きさが異なりますが、国際大会などではコース幅が左右15~20m、左右の壁の高さは6~7m程度になります。また、コースの全長は120~160m程度となります。

どんな道具を使うの?

スイッチ(反対)方向での滑りができるよう、板の上下が同じ形状になっているツインチップ、もしくはツインに近いスキーを使用します。選手によって好みはありますが、硬い板の方が壁を上がる時の重力に耐えスピードを維持しやすく、その力をエアの高さに活かすことができます。

また、空中での演技の妨げにならないよう、選手は短めのストックを使うのが一般的です。

トリック(技)解説&難易度

  • 【ミュートグラブ】

    空中で右手で左足(もしくは左手で右足)のつま先部分を外側から掴むこと。最もポピュラーなトリックの一つで、スキーがクロスするので見た目にも分かりやすいグラブでもある。

  • 【セーフティグラブ】

    右手で右足(もしくは左手で左足)の足裏部分を外側から掴むこと。最も簡単なグラブの一つだが、掴んだまま上体を捻ったり(トゥイークという)するとよりスタイルのあるトリックになる。

  • 【テールグラブ】

    スキーのテール(後ろ)側を掴むグラブ。テールの一番先をつかむことをテールティップグラブという。外側から掴むのか内側から掴むのかなど、こだわりを見せられるグラブでもある。

  • 【ダブルグラブ】

    両手でスキーを掴むこと。また、空中で2回異なるグラブを行うこともダブルグラブと呼ぶ。同じ回転数や回転軸なら、確実に高得点を出せる。

  • 【アーリーウープ】

    前向きで飛び出し、身体の進行方向とは逆方向に回転するトリック。アーリーと略されることが多い。

  • 【フレア】

    空中で縦方向に宙返りするトリック。連続2回転を行うと、ダブルフレアとなる。

  • 【ダブルコーク1260】

    ジャンプした後、まずはボトム側に回転軸が傾く3Dトリックで、空中で頭が2度真下を通過するトリック。着地は後ろ向き。ダブルコーク1080とあわせて、ダブル3Dとしては最も多くの選手が行うトリックである。

  • 【スイッチダブルロデオ900】

    後ろ向きで飛び出して、ボトム側に頭が倒れるようにして空中で縦に2回転する。着地は前向きとなる。スイッチから飛び出すダブル3Dとしては最も頻繁に行われるトリック。

  • 【スイッチダブルミスティ1260】

    後ろ向きでアプローチし、進行方向に上半身を乗り出すようにして飛び出し、そのまま進行方向側に縦に2回転しながら、横に1回転半する。着地は前向き。

フリースタイル ハーフパイプ用語集

エア

ジャンプのこと。ジャンプする様子のこと。

グラブ

エア中にスキーをつかむこと。その技。代表的なグラブは、右手で左足(もしくは左手で右足)のつま先部分を外側から掴むミュートグラブと、右手で右足(もしくは左手で左足)の足裏部分を外側から掴むセーフティグラブがある。

レギュラー

前向きでのアプローチや飛び出しのこと。反対に後ろ向きでのアプローチや飛び出しをスイッチと呼ぶ。通常では、レギュラーの場合はトリック名につけない。

スイッチ

後向きでのアプローチや飛び出しのこと。スイッチで行なうトリックは、トリック名に「スイッチ」を付けて呼ぶ。

レフトサイド/ライトサイド

滑る人を真上から見たときに左側に回ること、または回転している様子。反対の右方向はライトサイド。人によって得意な方向は異なる。

ボトム

ハーフパイプの底のフラットな部分。

R(アール)

ボトムから壁に向かうR部分。トランジションという言い方もある。

ハーフパイプのそり立つような部分。ウォール、バーチカルとも言う。

リップ

エアの飛び出し口となる、壁の頂点の角部分のこと。ちなみにジャンプ台の飛び出し口もリップという。

プラットフォーム

ハーフパイプの上部の平らな部分。選手は、このプラットフォームを歩いてスタート位置に上がることもある。

ボトム落ち

本来、選手はパイプの壁に着地をするが、誤ってボトムの方に着地してしまうことがあり、その行為をこう呼ぶ。衝撃が大きく大きなケガにつながることもある。

フリースタイル ハーフパイプのある主な国内スキー場

競技日程

2/32/42/5 2/6 2/07 2/8 2/9
         
2/10 2/11 2/12 2/13 2/14 2/15 2/16
       
2/17 2/18 2/19 2/20 2/21 2/22 2/23
  男子スキー
ハーフパイプ

予選 22:45~
決勝 翌日2:30~
  女子スキー
ハーフパイプ

予選 23:30~
決勝 翌日2:30~
 

競技日程は日本時間となります。現地の天候などによって変更される場合があります。