[an error occurred while processing this directive]

競技説明

  • スキー アルペン
    • アルペン
    • 回転
    • 大回転
    • スーパー回転
    • 滑降
    • スーパー複合(回転+滑降)
  • スキー クロスカントリー
    • クロスカントリー
  • スキー ジャンプ
    • ジャンプ
  • スキー ノルディック複合
    • ノルディック複合
  • スキー フリースタイル
    • フリースタイル
    • モーグル
    • エアリアル
    • スキークロス
    • ハーフパイプ
    • スロープスタイル
  • スノーボード フリースタイル
    • スノーボード
    • ハーフパイプ
    • アルペン
    • スノーボードクロス
    • スロープスタイル
フリースタイル モーグル

競技説明&ルール

コブあるの急斜面を滑り降り、途中2箇所に設置されたエア台でジャンプを行います。ターン、エア、スピードのそれぞれを採点し、合計点数の高い選手が勝者となります。

予選はあらかじめ決められた順で滑り、決勝は予選通過順位の下位からスタートします。ワールドカップなどでは日本人選手も多く活躍しているおり、スピード感や華やかなエアが人気を呼び、注目度が高い種目です。

見どころ&採点方法

ターン、エア、スピードのそれぞれの得点の合計が、その選手の得点となります。得点はターンが50%、エア、スピードが25%ずつを占め、ターン点は5名のジャッジのうち最高点と最低点を除いた3名の合計が、エア点は2名のジャッジの平均が得点となります。スピード点は、定められた基準タイム対して加点減点が行われます。

採点方法からも分かる通り、ターンやエアの技術に加えスピードと、滑りの総合点で競われるため、各選手がそのすべてにおいて自分を限界まで攻め込んでくる、1本の滑りに懸ける気迫や闘争心が見どころです。

また、モーグルの華であるエアは常に難易度が増しており、難易度の高いエアで果敢に攻めるか、確実性のあるエアでしっかりポイントを取るかなど、レース展開に応じた駆け引きにも注目です。

コース説明

雪上の斜面にコブとエア台が設置され、一般的なコースの長さは235±35m、平均28度前後となります。コブの数などはルール上の決まりはありませんが、大会によってはコース斜度に変化をつけ、難易度の高いコースをつくることもあります。

どんな道具を使うの?

選手が使用するスキーは、たわみや反発、ターン時のコントロール性能に長けた専用の板となります。長さは男子が170cm台、女子は160cm台のものを使うのが主流です。そして、膝を曲げた低い姿勢での滑走がメインなので、短めのポールが用いられます。

また、アルペン競技ほど滑走タイムにシビアではないので、上下が分かれた一般的なスキーウエアを着用します。ただし、ターン中の見栄えがいいように、膝に切り返しが入っているウェアのデザインが多いのが特徴です。

トリック(技)解説&難易度

  • 【スプレッドイーグル】

    両手両足を大きく広げる技。鷲が大きく翼を広げているイメージから名付けられた。

  • 【ツイスター】

    上半身と下半身を逆方向にひねる技。他の技と組み合わせて使う。

  • 【バックスクラッチャー】

    体を後に大きく反らせる技。他のトリックへつなげるトリックでもある。

  • 【コザック】

    両足を左右に大きく広げ、その間に上半身を入れる技。バックスクラッチャーと組み合わされる事が多い。

  • 【ダフィー】

    両足を前後に大きく広げる技。2回連続で行うと、ダブルダフィーとなる。

  • 【アイアンクロス】 

    脚を後に曲げて、左右のスキーをクロスさせる技。このトリックも他の技と組み合わせなどで使用される。

  • 【フロントフリップ/バックフリップ】

    前方への宙返りをフロントフリップ、後方宙返りはバックフリップと呼ばれる。

  • 【サイドフリップ】

    側方に宙返りする技。

  • 【フルツイスト】

    1回の後方宙返りの間に1回捻りを入れるトリック。男子ではベーシックとなるトリック。

  • 【ダブルバックフルツイスト】

    1回の後方宙返りの間に2回捻るトリック。ダブルフルと称される、最高難易度のトリック。

  • 【コークスクリュー】

    横回転でバックスピンを行うトリックで、縦と横の軸が混ざって斜めの軸で回転する3Dエア。コークと称される。横方向に3回転+縦方向に1回転すると「コーク1080」となる。

モーグル用語集

トップセクション

モーグルコースのスタート地点から第1エアまでの斜面の事。

ミドルセクション

モーグルコースの第1エアから第2エアまでの斜面の事。3つのセクションの中で最も長い。

ボトムセクション

モーグルコースの第2エアからゴールまでの斜面の事。

ピッチ

コブとコブの間の間隔の事。大会バーンによってことなるコブの設計が行われる。

グラブ

エアの最中に板をグラブでつかむ事。ハーフパイプやスロープスタイルでも行われるが、モーグルにも普及してきた。

レーン

コース上にある滑走ラインのこと。コブの状況や積雪状況などのコンディションを見極め、自分が滑るレーンを選択する。

第1エア、第2エア

コース中には必ず2つのエア台が設けられている。上を第1エア、下を第2エアと呼ぶ。

モーグルコースのある主な国内スキー場

競技日程

2/32/42/5 2/6 2/07 2/8 2/9
    女子モーグル
予選 23:00~
  女子モーグル
予選 23:00~
決勝 翌日3:00~
2/10 2/11 2/12 2/13 2/14 2/15 2/16
男子モーグル
予選 23:00~
決勝 翌日3:00~
     
2/17 2/18 2/19 2/20 2/21 2/22 2/23
       

競技日程は日本時間となります。現地の天候などによって変更される場合があります。