バインディング基本用語

バインディングはブーツとの相性がもっとも重要。だからブーツを決めてから選ぶのが鉄則です。実際にブーツを装着し、カカト部分がぴったりフィットするものがベスト。ほとんどのモデルにS、M、Lのサイズがあり、パーツの角度、ストラップの長さなどが調節可能。装着感のよさが快適なライディングに繋がります。

スノーボードバインディングの種類

  • ストラップ型

    バインディングのなかでも一番メジャーなのがこのタイプ。ストラップで足首、つま先(または甲)を固定し、取り付け位置や可動域などメーカーごとにさまざまな工夫がされています。種類が豊富で、好きなカラーやデザインが選べる選択肢の広さも魅力です。

    ストラップ型バインディング

    ストラップ型の特徴
    ほかのバインディングに比べて種類が多く、機能性はもとより、好きなカラーやデザインに出会える選択肢の広さが魅力。ストラップで固定しても足が痛くないものが、自分にあったモデルです。
    ストラップ型のメリットデメリット
    いろんな種類がリリースされており、好きなデザインが選べる。汎用性が高いのでで、修理の際、パーツの取り寄せが比較的スムーズ。慣れれば立ったまま着脱できるが、基本的に座って装着するためビギナーは尻が冷えやすい。
    ストラップ型のおすすめシーン
    エアでスタイルを出したければボーンなどがしやすい軟らかめ、カービングなら硬めなど、好みのスタイルを選べばどのシーンでも大活躍。フリースタイル系、テクニカル系など、幅広いモデルがラインナップされています。
  • ステップイン型

    ストラップがなく、踏み込むだけで簡単に装着できる手軽さがウリ。このバインディングを使用する場合、基本的にステップイン用のブーツを選ばなくてはいけません。ハイクアップや室内ゲレンデでの練習など、頻繁にボードを脱ぎ履きする場合はステップインが断然便利です。

    ステップイン型バインディング

    ステップイン型の特徴
    踏み込んで装着、解除レバーで着脱と、ほとんどワンアクションで脱ぎ履きできる簡単さが最大の特徴。ステップインバインディングを使用する場合、ブーツも専用モデルに変更しなければいけません。
    ステップイン型のメリットデメリット
    金属製のパーツを使っているため、重いと言われていますが、近年は軽量化が進んでいます。着脱の簡単さはクセになるほど快適。トゥやヒールが雪面に近く、俊敏な切り替え、足裏で操作する感覚が支持されています。
    ステップイン型のおすすめシーン
    ハイクアップ、室内ゲレンデなど、何度もボードを着脱するときに大変便利。また、ファーストトラックなどリフトを降りてまっさきに滑りだしたい場面で、ステップインはダントツのダッシュ力を発揮します。
  • リアエントリー型

    ハイバックが後方にリクライニングして、そこからブーツを入れる独特な形状。ストラップ型のホールド感、ステップイン型の手軽さを兼ね備えたいいとこ取りの設計です。このタイプを手がけるメーカーはごく一部ですが、「一度使ったら手放せない」という根強いファンが多くいます。

    リアエントリー型バインディング

    リアエントリー型の特徴
    着脱がスムーズでありながら、足を包み込むようながっちりとしたホールド感が人気です。面で足を押さえこむため足が痛くなりにくく、ストラップ型の締め付けが苦手という人は試す価値アリ。
    リアエントリー型のメリットデメリット
    締め具合など最初の調節に手間取りますが、セッティングが決まればあとはハイバックの開閉で着脱できるため同じホールド感が1日中キープできます。他ブランドのブーツも装着できますが、相性があるため確認したほうが安心。
    リアエントリー型のおすすめシーン
    立ったままスムーズに着脱でき、滑り出しがスピーディ。尻が冷たくならないので初心者ボーダーにもおすすめです。パウダーでも履きやすいため、深雪一番乗りにもってこいのバインディングです。
  • レース用

    レースやSBXのほか、アルパインスノーボーダーが使用する高速滑走に特化したバインディングです。ハードタイプのブーツを使用するため、ハイバックがありません。ボードにダイレクトにパワーを伝え、レスポンスがクイックなのが特徴です。

    レース用バインディング

    レース用の特徴
    強度が高く、レース、SBXなど高速かつパワフルな滑りに対応した設計になっています。ハードブーツのみ装着可能で、つま先とカカト部分のコバ(でっぱり部分)をはめ込んで装着します。
    レース用のメリットデメリット
    超高速でパワフルな滑りを求めるなら、レース用のバインディングがぴったり。デメリットを挙げるとすれば、アルパイン系のギアが充実しているコアなショップでなければ入手できない点でしょう。
    レース用のおすすめシーン
    レースやSBXなどアルパイン系が使用するバインディング。パーツの少ないシンプルな形状で、ほかのバインディングよりも軽く、バックカントリーにも活用できます。

スノーボードバインディング用語集

  • アンクルストラップ足首をホールドするストラップ。足回りを固定するもっとも重要な部分で、ストラップの位置や長さの調節も可能。
  • キャップストラップつま先部分をホールドするトゥストラップの正しい名称。最近はトゥストラップという呼び方と混合されている。
  • スタンススノーボードは進行方向の後ろ側に利き足を乗せるのが基本。左足前をレギュラースタンスといい、右足前はグーフィースタンスと呼ぶ。
  • スタンス幅左右のバインディングを取り付ける距離。推奨スタンスがあるが、個々の好みで幅を調節する。
  • ステップインストラップがなく、踏み込むだけで装着できるバインディング。ブーツとの互換性は必ずチェックしたい。
  • ディスクベースプレート内にある丸いプレート。位置をずらしたり回したりすことで、スタンス幅、アングル(つま先の方向づけ)などが調節できる。
  • トゥストラップ足の甲(またはつま先)をホールドするストラップ。つま先部分をホールドするタイプはカカト側へのエッジングがしやすい。
  • トゥパッドつま先部分にあるパッド。ブーツのホールド性を高め、衝撃吸収性などの役割もある。
  • ハイバックふくらはぎをサポートするパーツ。バインディングの硬軟が顕著なのがこの部分。硬めはクイックなレスポンス、軟らかめはじんわりパワー伝達ができる。
  • ヒールカップブーツのカカト部分をホールドするウ字部分。形状が微妙に異なり、ブーツとの相性を見極めるカギ。
  • フォワードリーンハイバックの前傾角度のこと。ハイバックを前に倒すとカカト側のレスポンスがクイックになる。
  • ベースプレートバインディングの台座部分。素材の硬軟によって滑走時のフィーリングが変わる。
  • ラチェットストラップを締め上げるツマミのこと。着脱がスムーズにできるタイプを選ぶとストレスが少ない。