新潟県は米どころとして知られ、日本酒の産地として全国的に有名です。上越新幹線・越後湯沢駅の構内には、お酒のミュージアム「ぽんしゅ館」が併設されており、利き酒コーナーや日本酒の販売などさまざまな施設が揃っています。訪れたら、新潟の日本酒の魅力をよりいっそう知ることができます。

93の酒蔵の銘酒が利き酒できる

「ぽんしゅ館」で一番人気のスポットが利き酒コーナー「越乃室」。越後地方にある93の酒蔵のお酒をすべて利き酒することができます。壁いっぱいに利き酒マシンがズラリと並び、どの日本酒を選んで試そうか悩むほど。利き酒料500円で最大5種類の日本酒を試飲することができます。
利き酒コーナーの目印は、エントランス前にある酔いつぶれた人形たち。ユニークさを交えた演出です。

好みの日本酒をテイスティング

受付で専用コインを5枚購入し、利き酒マシンにおちょこを置いたらコインを投入。ボタンを押すと冷えた地酒が注がれます。それぞれのマシンには、お酒の特徴を説明するカードが添えられ、甘口、辛口、爽やか、濃厚などの情報が載っています。これを参考に好みのお酒を見つけていくといいでしょう。(1杯でコイン2枚以上使用するお酒もあります)
お酒の特徴を説明するカードには、簡単な英語のコメントも載っています。

熱燗でも楽しめる

日本酒は冷やで飲んだり、お燗して温めたり、さまざまな味わい方があります。マシンから注がれる日本酒は冷えた状態ですが、お燗につけて温めて飲むこともできます。おちょこに入った日本酒を静かに湯に浸け、2~3分ほどでちょうど飲み頃に。いろんな日本酒の味わい方を体験してみましょう。

日本酒のいろいろな味わい方

塩と一緒に日本酒を楽しむ飲み方があります。利き酒コーナーには日本各地で作られている塩が用意されています。塩辛いものや甘みのあるものなど塩によって味わいはさまざま。塩との組み合わせを考えながら日本酒を味わうのも楽しいものです。

日本酒販売コーナーもあり

ぽんしゅ館には「駅の酒蔵」というお酒を販売するコーナーがあります。数ある酒蔵のなかからおすすめの銘柄をセレクトし、季節の日本酒が登場するなど訪れるたびに新しいお酒と出会えます。知識豊富なスタッフが好みのお酒をおすすめしてくれます。
越後湯沢駅には「ぽんしゅ館」のほかにも、たくさんの土産店が集まっています。通りごとに店が並び、商店街のように賑わっています。
photo & text : Chiho Kuriyama

施設情報

ぽんしゅ館

所在地
〒949-6100 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢主水2427−1
備考
アクセス:上越新幹線・越後湯沢駅構内。上越新幹線・東京駅から越後湯沢駅まで約80分

施設マップ

周辺エリアの記事一覧

観光関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.