15のスキー場が点在し、抜群の雪でスキー・スノーボードが楽しめる「沼田・かたしな・みなかみエリア」。
首都圏から2時間でアクセスできる気軽さから、日帰りで滑りに行く人も多いだろう。しかし、自宅とスキー場を行き来するだけで冬の旅を終わらせるのはもったいない。
名物グルメも味わって、その土地の食文化にも触れておこう。

味や見栄えは素朴でも、その地域で暮らす人たちにとっては古くから親しんできたローカルフード。それが観光客からも愛されるようになり、ご当地名物となった例は数多い。
また、観光地を訪れる人においしいものを食べてほしいと、アイデアや努力で生まれたグルメもある。

そこでここでは、新旧さまざまな名物を幅広く紹介しよう。

群馬県民のソウルフード「焼きまんじゅう」

沼田・かたしな・みなかみエリアに限らず、群馬県民に幅広く愛されているローカルフードが「焼きまんじゅう」だ。
餡などの中身が入っていない素のまんじゅうに甘じょっぱい味噌ダレを塗りつけて焼いたまんじゅうは、生地がふわふわで香ばしさも楽しめる素朴な味。
県内各所の観光地や高速道路のサービスエリア、地元のスーパーなどで手に入る、知名度の高い名物だ。
沼田市内では、焼きまんじゅうを「味噌まんじゅう」と呼んでおり、街一番の人気を誇る老舗専門店が「東見屋まんじゅう店」だ。
まんじゅうの生地には先祖伝来の米糀が使われており、特製の甘味噌をつけて炭火でさっと焼きあげ、店内で熱々のまま食べられる。持ち帰り用のまんじゅうや、秘伝の甘味噌のタレをボトル詰めしたものも売っている。
「東見屋まんじゅう店」は文政8年(1825年)創業という超老舗。沼田市街にあり、沼田ICから約3kmと立ち寄りやすい場所にある。上越線・沼田駅からも近く、歩いて15分ほどの距離だ。

意外と知られていないローカルフード「みそパン」

焼きまんじゅうが昔からある伝統の名物なら、近代的な名物が「みそパン」だろう。
沼田市発祥の「みそパン」はフランスパンに切れめを入れ、甘い味噌ダレをたっぷり塗ってサンドしたもの。地元民にとっては幼いころから食べてきたソフルフードだが、観光客には意外と知られていない名物だ。

みそパン発祥の店が、沼田市にあるベーカリー「フリアンパン洋菓子店」。石窯で焼いた特製のソフトフランスパンに自家製の味噌ダレを塗ったもので、パンはふわふわ、味噌ダレは甘さとしょっぱさのバランスが絶妙だ。1972年の誕生以来50年近く愛され続け、「みそパンといえばここ」というほど絶大な人気を誇る。パンに味噌を塗るという発想は、古くから焼きまんじゅうが食べられてきた地域だけあって親しみやすい味わいだったのだろう。みそパンの人気は沼田エリアにとどまらず群馬県の各所に広まり、パン屋やスーパーマーケットなどいろんな場所で購入することができる。
みそパンの元祖「フリアンパン洋菓子店」は沼田市内に3店舗。地元の契約農家から新鮮素材を仕入れ、県産の小麦粉や尾瀬の名水を使うなど、原料にとことんこだわっている。フランスパンや食パン、菓子パンなど品揃えも豊富だ。写真は、沼田ICより車で2分の距離にあるフリアン郊外1号店。
「フリアン郊外1号店」は店内にイートインスペースもあり。持ち帰って自宅で食べる際は、電子レンジで2分ほど温めるとふっくらとした食感が味わえる。

無料でなめこ汁を試食できる!?「なめこセンター」

「なめこセンター」はその名の通り、なめこなどのきのこ類を取り扱うお店。沼田ICから約15分と市街地から少し離れた場所にあり、外観はやや年季の入ったドライブインのような印象だが、この店のおいしいきのこを目当てにわざわざ遠回りして立ち寄る人も多い。地元生産者が作った農産物や特産品を取り扱い、なめこに限らず、まいたけ、エリンギ、しめじ、ブナしめじなど多種多様なきのこが売られている。パック詰めされたきのこは量が多く、にもかかわらず価格がリーズナブルでついつい大量に買い込んでしまう。

また、冬季はスキー・スノーボードのレンタルや用品の販売も行なっており、ウィンタースポーツとの関わりも深い。
店を訪れると無料のなめこ汁をふるまってくれる。大ぶりのなめこは食感がよく、とろみも市販のものとはひとあじ違う。みそ汁に使われている自家製の味噌も店内で売られており、そのおいしさに感動して、きのことともに購入する人も多い。ほかにも、山菜や農産物、乾物、手作りのまんじゅうなど、さまざまな特産物が手に入る。

テレビでも紹介された人気品「ライブの山賊焼」

川場村にある道の駅「川場田園プラザ」は、楽しい遊びとおいしい食べ物が充実している人気スポット。
この道の駅にはさまざまな名物グルメがあるが、とくに評判なのが「ミート工房かわば」の「ライブの山賊焼」だ。
ドイツで修行を積んだ職人による自家製のハムやソーセージは、海外の食肉製品コンテストで金賞に輝いたこともある折り紙つきのクオリティ。ドイツから直輸入した秘伝スパイスや地元を使用し、地元のヤマザクラのチップでスモークするなど、素材や製法にとことんこだわった一品だ。

「ライブの山賊焼」は、そんなこだわりのハムやソーセージ、ベーコンなどを盛り合わせたもので、工房で茹でて鉄板で焼いたできたてが味わえる。ボリュームたっぷりで食べ応えがあるのに、リーズナブルなことも好評だ。自宅で楽しめる持ち帰り用のセットもある。テレビなどのメディアに取り上げられたこともある、絶対食べたい人気グルメだ。
道の駅「川場田園プラザ」へのアクセスは沼田ICから車で約10分。「ミート工房」のほか、特産物の販売コーナーや多種多様な飲食店もあり、広い敷地内をたっぷり観光できる。あれこれめぐりながら買い物や食べ歩きを楽しもう。

みなかみエリアの新しい名物!?チーズタルト「ジャック・ザ・タルト・ファンタジー」

2016年にオープンした「ジャック・ザ・タルト・ファンタジー」は、このエリアではまだ新しいタルトの専門店。
地元の蕎麦屋で育った店主が、蕎麦生地をこねる感覚でタルトの生地作りにチャレンジしたところ、これが評判に。海外での滞在経験もある店主が持ち味のセンスを生かし、お洒落でおいしいタルトを次々と生み出している。

一番人気は「チーズタルト」。口のなかで濃厚な特製チーズムースがとろける食感は、やみつきになるおいしさだ。自然素材にこだわり、タルト生地には群馬県産の小麦粉を用い、鹿児島喜界島産のさとうきびを100%で作った「きっすい糖」が使われている。
ほかにも、生チョコレートやブルーベリー、かぼちゃ、抹茶、紅茶など、種類豊富でカラフルなタルトが楽しめる。季節の素材を使ったその時期だけしか味わえないタルトなど、訪れるたびに新しいタルトに出会えるぞ。
タルトごとにキャラクターが設定されており、店の看板になっているのは主人公のジャック・デ・ヴァンデ。これらのキャラクターたちには、みなかみエリアの観光を舞台にしたストーリーもあるのだという。例えば、猫の主人公・ジャック・デ・ヴァンデは、谷川岳が猫の耳に見えることから生まれたキャラクター。チーズタルト販売を担当する魔法使いで、からし色のベレー帽をかぶると魔法を発動するのだとか。
店内にはお洒落なカフェのようなイートインスペースも。お店があるのは、みなかみ温泉の近く。水上ICから車で5分とアクセス抜群だ。

衝撃の見た目!インパクト抜群!かたしなエリアの「はげ盛り」とは?

かたしなエリアで毎年行なわれている「はげ盛り」というキャンペーンがある。
「はげ盛り」とは、この地域の方言で「はげしい盛り」のことで、超大盛りグルメのことだ。スキー場を訪れたスキーヤー・スノーボーダーに、滑った帰りに地元でおいしいものを食べてもらおうと誕生したキャンペーンで、片品村にある飲食店や温泉施設、スキー場のレストランなどがこの「はげ盛り」に参加。和食や洋食、中華料理屋、スイーツまで、さまざまな店が自慢料理の「はげ盛り」メニューを用意している。そのボリュームたるや、通常の大盛りのイメージを越えた超特大サイズなのだ。

そんなメニューを味わえる店舗のひとつが、地元で愛される中華料理店「龍金花」だ。この店の「はげ盛り」メニューは「マージャンメン」。使われている麺の量はなんと3玉。その上に熱々の麻婆豆腐をたっぷり盛った、総重量約2kgも特大料理だ。
麺を茹でたあと、いったん冷やして甘酢で和えてあり、熱すぎないのでどんどん食べられる。ピリ辛味がアクセントの麻婆豆腐は、辛さの要望があれば対応も可能だ。「龍金花」では「はげ盛り」をシェアしていただいいてもOK。お店は片品村の国道120号に面しており、スキー場帰りに立ち寄りやすい場所だ。村内には、ほかにも「はげ盛り」メニューするお店がいくつもあるのでチェックしてみよう。

名物グルメを味えば「沼田・かたしな・みなかみエリア」をもっと楽しくなる!

ここで紹介したように、「沼田・かたしな・みなかみエリア」には古くから愛されてきた郷土料理から、新しく登場したお洒落でおいしい名物までさまざまなグルメがある。
それぞれのエリアのスキー場を訪れた際に、ぜひ味わっていこう。
エリア内にあるスキー場は日帰りしやすい環境だが、泊まりで出かけて初日はたっぷり滑り、翌日は地元グルメを味わう観光にあてるなど、ゆとりある旅を楽しむのおすすめだ。地元の名物を味わえば、「沼田・かたしな・みなかみエリア」のスキー・スノーボードの思い出がより楽しいものになる。
Photo & Text by Chiho Kuriyama

施設情報

東見屋まんじゅう店

所在地
〒378-0044 群馬県沼田市下之町875-7
外部URL
https://toumiya.com/index.html

フリアンみそパン洋菓子店 ベーカリー&カフェ グリーンフォレスト 郊外1号店

所在地
〒378-0056 群馬県沼田市高橋場町2081-2
外部URL
https://friand.co.jp/

なめこセンター

所在地
〒378-0072 群馬県沼田市中発知町1457-7
外部URL
http://www.numata-kankou.jp/shopping/nameko_center/index.html

川場田園プラザ(ミート工房)

所在地
〒378-0111 群馬県利根郡川場村大字萩室385
外部URL
https://www.denenplaza.co.jp/

ジャック・ザ・タルト・ファンタジー

所在地
〒379-1616 群馬県利根郡みなかみ町川上124-1
外部URL
https://www.tartfan.com/

中国料理 龍金花

所在地
〒378-0401 群馬県利根郡片品村大字須賀川33-5
外部URL
https://oze-katashina.info/kanko/2735/

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


観光関連の記事一覧

インプレイ© ImPlay, Inc.