2017年12月、日本初のスキーインアウトヴィレッジをオープンし、星野リゾート トマム内には、なんと最大20店舗以上も飲食スポットが点在している!リゾートホテルでは食事の選択肢が少ない事が多いが、トマムではその時々のシチュエーションにピッタリのレストランを選ぶことができる。今回は厳選した8つのスポットをご紹介!

全てが可愛いオシャレカフェ♡cafe&bar「つきの」

スキーインスキーアウトヴィレッジのホタルストリート内にある、cafe&bar「つきの」では、北海道ならではの素材を活かしたハンバーガーや、ミルクとバターの優しい風味が特徴のバターミルクラテが大人気!(提供内容は時期により異なります。)
店内は、木の素材を活かしたとてもオシャレな空間。ちょっと休憩のつもりが、居心地が良くてついついガールズトークが弾んじゃいそう。

間違いなしの北海道スイーツショップ

ちょっと甘い物が食べたいなぁ〜なんて時にオススメなのが、ホタルストリート内にあるスイーツショップ。ショーケースには様々なスイーツが並び、見ているだけで楽しくなっちゃう!
特にオススメなのは、ハスカップ・コーン・メロンといった北海道にちなんだ商品。テイクアウトして、北海道の大自然の中で頂くのも楽しい♪また、牛柄の2層チーズケーキや濃厚なソフトクリーム、焼き菓子もあるので、お土産探しに寄るのも◎。

エビ・カニをメインに様々なシーフードを味わえる「ボウル&ロールハウス Eni」

プリプリの海老、身が詰まった蟹!その他ウニやイクラ等北海道ならではの食材を使い、ワクワク・ドキドキを詰め込んだ丼が人気のお店。
トマムの雲海をイメージした「雲海エビ天丼」や、ウニ、イクラ、エビなどプリン体素材がたっぷりの海鮮丼「極み☆痛風丼」などユニークなメニューも楽しい♪
シックで落ち着いた店内と思いきや、見上げるたびにワクワクする天井も必見!

寒い日のラーメン最高!「らーめんAFURI」

本州で大人気のラーメン店が北海道初進出!新鮮な国産鶏ガラや香味野菜などの厳選素材を使って丁寧にとった美しいスープに、ほんのり麦の香りを感じる細麺が自慢の逸品。一番人気の柚子塩らーめんは、前途のスープに香り良い柚子果汁を加えて仕上げた物で、まさに箸とレンゲが止まらない。
具材をすべてトッピングし、スープを6種類の中から選ぶ「らーめん 極み」もオススメ!柚子辣湯麺は、酸味と辛みが極上スープと混ざり合ってクセになる美味しさ。他にも、トマム限定の豚骨ラーメンや、炙りコロチャーシュー飯などサイドメニューも人気。

超豪華ディナー「ビュッフェダイニング hal(ハル)」

ホテルアルファトマム内にあるビュッフェダイニングhalでは、蟹と牛肉の鉄板焼き、サーモンといくらの親子手巻き寿司、刺身、その他前菜からデザートまで数十種類のメニューが並ぶ。
家族や仲間でワイワイはもちろん、オシャレなドリンクも用意されているので、女子旅やカップルにもオススメ!

最上階からの絶景と満足朝食♪「プラチナム」

リゾナーレトマムの最上階32階に位置するレストラン「プラチナム」では、朝から白銀世界の絶景と共に美味しい朝食を頂く事ができる。
サラダや前菜、シェフが目の前で丁寧に焼き上げてくれるフレンチトーストなど、和食も洋食も用意されているので、何を食べようか迷っちゃう。沢山遊ぶためにも、朝はしっかりエネルギーチャージ!!

遊び疲れたらここでまったり♡「Books & Café」

星野リゾート リゾナーレトマム宿泊客限定の「Books&Café」には、北海道にちなんだ本やトマムで楽しめるスポーツにちなんだ書籍等、興味深い本が豊富に取り揃えられている。
無料のコーヒーやジュース、時間限定でアルコールもフリーで提供されているので、少し時間が空いた時やちょっと休憩したいときに是非利用してみよう。
※提供場所や提供飲料は時期により異なります。

3月晴れの日限定!「絶景シャンパンバー」

3月の晴れた日限定で出現するシャンパンバーは、雪上車に引かれて、スキーヤー・スノーボーダーで賑わうスキー場内のどこかに現れるというとてもユニークなバー。
スーツを身にまとったバーテンダーが提供してくれるので雰囲気も◎。3月に入ると暖かく過ごせる日も多く、そんな日に、トマムの大自然の中で絶景を眺めながらシャンパンを嗜めるのはココだけ!
photo & text: Natsuko Saito

施設情報

星野リゾート トマム

所在地
〒079-2204 北海道勇払郡占冠村中トマム
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0274s.htm

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


観光関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.