北海道の札幌周辺には、「札幌国際スキー場」や「サッポロテイネ」など個性的なスキー場が点在しています。パウダースノーのゲレンデで思いきり身体を動かした後は、温泉で汗を流してリラックスしませんか?札幌は国内有数の大都市ながら、実は街中や郊外に温泉が数多く湧いているのです。ここでは、札幌近郊にあるスキー場帰りにおすすめの温泉を紹介します。

豊平峡(ほうへいきょう)温泉

「札幌国際スキー場」の帰りに便利な温泉が、豊平峡温泉。札幌市内から札幌国際スキー場まで車にて、国道230号線を通って定山渓温泉経由で約60~70分。豊平峡温泉は定山渓(じょうざんけい)温泉から車で約5分程度の山あいにあるので、札幌国際スキー場から札幌市内へ帰る時の立ち寄りに便利です。
定山渓温泉にある各温泉ホテルでも日帰り入浴の受付をしているところはいくつかありますが、夕方前に受付終了する施設や土日など混雑日には日帰り入浴自体を受付していない施設もあります。その点、豊平峡温泉は日帰り入浴専用の温泉施設で、最終退館が22:30なので安心!21:00(一部20:00)まで食事を楽しめるのも嬉しいです。
豊平峡温泉の一番の魅力は、巨大な露天風呂で源泉かけ流しの温泉を楽しめること。大きな岩が並ぶ露天風呂は開放感いっぱい!雪景色を眺めながら、かなりゆったりリラックスできます。
温泉は源泉かけ流し100%。浴槽や床には湯の華がびっしりとこびりついています。塩分やカルシウムなどが多く含まれている泉質で、湯上がりは肌がツルツルすべすべ!化粧水もいらないくらい、肌がしっとり潤います。露天風呂の湯の温度はやや温めの設定で、内湯はやや熱めの設定。露天風呂で長湯をしながらじんわり身体の芯まで温めたり、内湯で身体を一気に火照らしたり、お好みでどうぞ!
食事はインドカリーが有名で、地元の人だけではなく観光客も温泉ではなくカリー目当てで訪れる人もいるほど。野菜やスパイスがたっぷり溶け込んだカリーと、外がカリッと中がふんわりモチモチなナンは絶品!温泉入浴の前でも後でも、これはぜひ食べていきたい逸品です。豊平峡温泉では、大自然の雰囲気と良質な泉質を楽しみつつ、山奥なのになぜか絶品のインドカリーを味わえます。街中へ帰るのが惜しくなるほど、のんびり過ごせます。

ていね温泉 ほのか

札幌から小樽方面へ向かう途中にある「サッポロテイネ」や「スノークルーズ・オーンズ」で滑った後は、「ていね温泉 ほのか」がおすすめ!
サッポロテイネはJRの手稲駅から、スノークルーズ・オーンズは手稲駅と地下鉄南北線の宮の沢駅から無料送迎バスで行くことができますが、ていね温泉 ほのかも手稲駅や宮の沢駅から無料送迎バスで行くことができます。車利用ではない人も雪山帰りに温泉へ立ち寄れるのが嬉しいです。
ここではさまざまな種類のお風呂と、岩盤浴やボディケアも楽しめます。お風呂はナトリウム-塩化物泉という泉質の温泉で、保温効果が高く湯冷めがしにくいのが特徴。
内湯や露天風呂のほか、真っ白い絹の湯、壺湯、腰かけ湯など、さまざまな湯船を楽しめます。
岩盤浴は室温やの違いで5タイプも!身体を芯から温め血行もよくなります。
全身の疲れをスッキリ回復してリラックスしたいという人はボディケアやエステもいかが?
お風呂や岩盤浴の後はお休み処でゆったりと。コミックが約8500冊もある漫画処もありますよ。温泉できれいサッパリしつつ、思い思いの過ごし方ができるのが嬉しいです。しかも、24時間営業なのでそのまま朝まで過ごすことも可能。ゆったり浸かって、そのままここで寝入ってしまうかもしれませんね。
※注:この施設は、入墨やタトゥー(タトゥーシール含む)をしている人や泥酔者は入館できません。入館後に浴場などでタトゥーなどがあることがわかった場合でも、即退館となります。ご注意下さい。

札幌北広島クラッセホテル

札幌市内中心部や新千歳空港から車にて約40分で行くことができる「ダイナスティスキーリゾート」で滑った後は、「札幌北広島クラッセホテル」の温泉がおすすめ!ダイナスティスキーリゾートからは車にて約20分で行けます。スキー場までバスで行く人は、送迎バスや路線バスを2回乗り継いで温泉まで行くことも可能ですが、バスの本数が限られているうえ乗り継ぎも多いので、タクシーで温泉へ行くほうが無難。帰りは札幌北広島クラッセホテルからJR北広島駅まで無料送迎バスが出ているのでご安心を。
ここがおすすめの理由は、温泉リゾート気分を満喫できること。リゾートホテルでの温泉入浴を楽しめるのはもちろん、スノーラフティングや雪上での四輪バギー運転、スノーチューブや馬そりなど、スノーアクティビティで遊ぶこともできるんです!
子ども連れの人や遊び足りないと思っている人は、温泉入浴の前に雪遊びもしてみてはいかが?
ここの温泉は、地下約1,500mから湧き出す黄褐色の天然温泉。植物由来の有機物質を含んだモール泉で、肌への刺激が少なくて化粧水に浸かっているかのごとく湯ざわりが柔らかいのが特徴。湯上りは肌が保湿されてしっとり潤いますよ。
露天風呂で雪景色を眺めながらゆったり過ごすことができるのはもちろん、内湯からも大きな窓越しに大自然の風景を眺めながら入浴を楽しめます。
温泉のほかにも、乾式サウナや北投石とブラックシリカ鉱石を配した「岩盤浴ヘルシードーム」もあります。座りながら効能を楽しめる、一風変わった岩盤浴は、大浴場の中にあるので追加料金がかからず利用できるのも嬉しいです。
日帰り入浴は22:00(受付終了 21:30)までやっているので、ちょっと遅めの到着でも大丈夫。気軽に温泉リゾートを楽しめます。

すすきの天然温泉 湯(とう)香(か)郷(きょう)

札幌市内の街中に近い「藻岩山スキー場」や「さっぽろばんけいスキー場」を利用する人や、札幌市内の繁華街近くに宿泊する人は、すすきの界隈にある「すすきの天然温泉 湯香郷」がおすすめ。街のど真ん中、繁華街やネオン街がすぐ目の前というロケーションなのですが、地下約800mから湧く天然温泉を楽しめるのです!
高級感がある施設で、脱衣場が広く浴場もかなりゆったりとした造り。街中にあるにも関わらず、賑やかさや混雑感を感じず落ち着いてゆっくり過ごせる、大人の雰囲気を感じる日帰り入浴施設です。
温泉は弱食塩泉で、湯ざわりがやわらかく、疲れた身体を包み込むような湯。身体がポカポカして湯冷めしにくい泉質です。
内湯と露天風呂で天然温泉を楽しめるのほか、季節ごとに変わるイベント湯やサウナも楽しめます。露天風呂では上を見上げると夜空が広がり、繁華街のど真ん中にいることを忘れてしまいそう。
ボディケアやリラクゼーションメニューが多いのもここの特徴。全身ボディケアのほか、フットケアやタイ古式セラピー、ボディエステなども楽しめます。明日に備え、疲れは今日のうちに解消してリフレッシュしましょう!
無料で利用できる休憩ラウンジも広々していて席数も多く、湯上がりのクールダウンに最適!ドリンクや軽食もあります。街中にあるので、近隣のスキー場利用者以外でも、遠方のスキー場を利用して札幌市内の街中に宿泊するというのであれば、ぜひこちらへ!落ち着いたひと時を過ごせます。
※注:この施設は、入墨やタトゥー(タトゥーシール含む)をしている人や泥酔者は入館できません。入館後に浴場などでタトゥーなどがあることがわかった場合でも、即退館となります。ご注意下さい。
text: Nobuhiro Kawashima

施設情報

豊平峡温泉

所在地
〒061-2301 札幌市南区定山渓608-2
外部URL
http://www.hoheikyo.co.jp/
備考
Tel:011-598-2410
営業時間:入浴利用時間 10:00~22:30(最終受付 21:45)
定休日:なし

ていね温泉 ほのか

所在地
〒006-0012 北海道札幌市手稲区富丘2条3丁目2-1
外部URL
https://yudokoro-honoka.jp/teine/
備考
Tel:011-683-4126
営業時間:24時間営業
定休日:なし

札幌北広島クラッセホテル

所在地
〒061-1101 北広島市中の沢316-1
外部URL
http://kitahiroshima.classe-hotel.com/
備考
Tel:011-373-3800
営業時間:日帰り入浴 10:00 ~ 22:00 (受付終了 21:30)
定休日:なし

すすきの天然温泉 湯香郷

所在地
〒064-8533 札幌市中央区南7条西3丁目 ジャスマックプラザ 2F~4F
外部URL
https://www.toukakyo.jp/
備考
Tel:011-513-8107
営業時間:入浴利用時間 10:00~翌1:00(最終受付 24:00)
定休日:なし

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


観光関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.