歴史ある野沢温泉の外湯

スキー・スノーボードに並び、野沢温泉のお楽しみは温泉街の外湯(共同浴場)めぐり。開湯700年以上の歴史をもち、多くの源泉が自噴している村内には13の外湯があり、江戸時代から村人たちの共有財産とされてきた。現在も「湯仲間」という制度で大切に守り継がれている外湯は、村人たちの生活と深く結びついているとともに、観光客にも無料で開放されているので、ぜひ利用したい。

外湯を利用する際の注意点

野沢温泉の外湯は時間内であれば誰でも自由に入浴することができるが、各外湯は近隣住民からなる湯仲間によって掃除や管理、光熱費の負担、建物の保全などが行われているので、観光客である我々は地元の人たちが気持ちよく使えるよう配慮すべきことをまず頭に入れておきたい。公共浴場では当然のことだが、入浴前には体を洗う、上がる際にはしっかりと体を拭くといった基本的なマナーはきちんと守ろう。
また、野沢温泉では42~90度の源泉が自然湧出で注がれているため、とにかく湯が熱い。外湯によっては先客がいないとやけどをするほどの熱さの場合もあるが、地元の人たちはむやみに水を入れるのを嫌うので要注意。湯もみ板を使用するなり、どうしても熱い場合には水を注ぎ、入れるようになったらすぐに水を止めることを忘れないようにしよう。
外湯の利用時間は6:00〜23:00(冬季)、利用料金は無料だが、各外湯には賽銭箱が置かれているので、ちょっぴり気持ちだけでも置いていけば、維持管理に役立てられるだろう。また、各外湯には駐車場はないのであしからず。では、野沢温泉の外湯をいくつか紹介しよう。

大湯

温泉街の中心にある大湯は野沢温泉のシンボルともいえ、江戸時代の趣を現在に伝える美しい湯屋建築が目を引く。泉質は単純硫黄泉。胃腸病・リウマチ・婦人病・中風に効果的。外湯では唯一足湯も併設している。

河原湯

大湯からほど近い場所に位置し、昔は渓流に沿った凹地河原にあったところから名付けられた。皮膚病に効き、温度は高くて朝湯に良く、夏場に人気の温泉。泉質は含石膏-食塩・硫黄泉。

中尾の湯

共同浴場の中で、一番大きい木造湯屋建築の外湯。源泉は野沢の中心的な泉源地である麻釜で、そこから引湯されている。泉質は、含石膏-食塩・硫黄泉。皮膚病・リュウマチ・婦人病・鉛・水銀中毒によく効くと言われている。

新田の湯

幕末に開拓されたところで、西ノ宮神社の裏手にある外湯。泉質は、含芒硝-石膏・硫黄泉で、源泉の麻釜と同じく痔核、糖尿病、リウマチ、などに効果的。

横落の湯

横落信号機下の地下にある湯。麻釜から引湯しているので、効能は麻釜にほぼ同じ。皮膚病には特によく効くと言われている。泉質は、含石膏-食塩・硫黄泉。
野沢を訪れた際には、風情ある街並みと歴史溢れる外湯を、ゆっくりと嗜んでほしい。
text : Kensuke Itahara

施設情報

野沢温泉 外湯 大湯

所在地
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9328

野沢温泉 外湯 河原湯

所在地
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷湯沢9493

野沢温泉 外湯 中尾の湯

所在地
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷6661

野沢温泉 外湯 新田の湯

所在地
〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村豊郷4396-1

野沢温泉 外湯 横落の湯

所在地
〒389-2502 長野県下高井郡 野沢温泉村豊郷9784

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


観光関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.