10のスキー場が点在する「HAKUBA VALLEY(ハクババレー)」は、国内はもとより世界からも注目されるビッグスノーリゾート。エリア内の全スキー場で利用できる共通リフト券もあり、連泊すれば日替わりであちこちのスキー場を体験できる。また、スキー場間はシャトルバスで結ばれており、1カ所に拠点を構えてそれぞれのスキー場にアクセスできる快適さも魅力のひとつだ。10スキー場を結ぶシャトルバスのほか、各スキー場が運行するシャトルバスもあり、これらを利用してエリア内をスムーズに移動することができる。

共通リフトがあればHAKUBA VALLEYシャトルバスが無料に!?

HAKUBA VALLEYシャトルバスは、爺ガ岳スキー場、鹿島槍スキー場、白馬さのさかスキー場、エイブル白馬五竜、Hakuba47ウインタースポーツパーク、白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場、白馬乗鞍温泉スキー場、白馬コルチナスキー場の10スキー場を結ぶバス。途中で温泉地や別荘地、宿泊施設がエリアや駅なども経由する。拠点となるのが白馬八方バスターミナルだ。3つのルートを通るシャトルバスが、ここから各方面のスキー場を行き来する。なお、HAKUBA VALLEYシャトルバスは、スキー場利用日に限り、HAKUBA VALLEY共通リフト券の提示で無料乗車が可能になる。

3つのルートを通るシャトルバスのうち、「おおまち号」は、エリア南部の爺ガ岳スキー場から大町温泉郷や鹿島槍スキー場、白馬さのさかスキー場などを経由して白馬八方バスターミナルをつなぐ。「こなゆき号」は、白馬八方バスターミナルとエリア北部の栂池高原スキー場、白馬乗鞍温泉スキー場、白馬コルチナスキー場を結ぶシャトルバスだ。そして、「五竜~八方~栂池行号」は、その間のルートを重複しながら運行するシャトルバスで、エイブル白馬五竜のエスカルプラザから、Hakuba47ウインタースポーツパーク、白馬八方尾根スキー場を通って、途中で白馬八方バスターミナルを経由し、さらに白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場をつなぐ。途中で、別荘地や宿泊施設のある集落や、白馬駅などを経由する便利なルートとあって、バスの本数が多い。

スキー場運行のシャトルバスもチェック

スキー場が運行するシャトルバスも実に多彩だ。なかでも、白馬八方尾根スキー場、白馬岩岳スノーフィールド、栂池高原スキー場の3スキー場をつなぐ無料シャトルバスはルートが豊富。まず、白馬八方バスターミナルから、白馬村の駐車場やホテルなど各ポイントを経由しながら白馬八方尾根スキー場に向かい、白馬八方バスターミナルに戻ってくる循環バスが2ルートある。そして、白馬八方尾根スキー場の名木山ゲレンデや咲花ゲレンデ、八方ゴンドラから岩岳ゴンドラをむすぶルートは、起点が経由地が異なるものが6ルート。起点や経由地は村内の主要宿泊施設なので、最寄りの宿からスムーズにスキー場に移動できる。白馬八方尾根スキー場の白馬ベースキャンプや咲花ゲレンデ、八方ゴンドラから栂池ゴンドラをむすぶルートも2つある。なお、この無料シャトルバスは、スキー場利用者に限り利用することができる。ほかにもスキー場(または観光協会)が運行しているシャトルバスがあるので、目当てのスキー場のホームページなどで情報をチェックしてみよう。

アフタースノーに便利なナイトシャトルバス

HAKUBA VALLEYには多種多様な飲食店があるので、アフタースノーは村内に繰り出して夜のリゾートを楽しみたい。そんなときに便利なのが、各エリアで夜間に運行しているナイトシャトルバスだ。白馬村で運行している「ナイトシャトルバス元気号」は、レッドライン、ブルーライン、グリーンラインの3ラインがあり、スキー場や駅、ホテルなどから、村内の飲食店や居酒屋、パブのほか、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、おみやげ店まであらゆる施設にアクセスできる。バス利用だから飲食でお酒も楽しめる便利なバスだ。

HAKUBA VALLEY北部の小谷村を拠点にするなら「小谷ナイトバス」が便利。白馬八方バスターミナルからJR南小谷駅を結ぶバスで、途中で栂池高原ゴンドラ乗り場、白馬乗鞍、白馬コルチナを経由する。また、エリア南部の大町市を拠点にするなら、大町温泉郷と大町市街地を結ぶ無料ナイトシャトルバスがある。これらのバスを利用して夜もHAKUBA VALLEYをたっぷり満喫しよう。
text_chiho kuriyama

施設情報

白馬八方バスターミナル

所在地
長野県北安曇郡白馬村大字北城5734-1
外部URL
https://www.hakubavalley.com/files/common/19-20HV_shuttlebus.pdf

深山 成吉思汗

所在地
長野県北安曇郡白馬村北城3020-694
外部URL
https://www.lamb.full-marks.com/
備考
炭火七輪の上に南部鉄器ジンギスカン鍋を置き、その上でフレッシュな生ラムを焼いてお召し上がりいただきます。
本州では一般的なタレに漬け込んだジンギスカンとは異なる、素材そのものを楽しんでもらうジンギスカンのスタイルになります。焼肉業界で培った肉の目利きを存分に発揮し、究極のジンギスカンを追求しています。

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


観光関連の記事一覧

インプレイ© ImPlay, Inc.