スキー場に出没しがちな9つの生体

スキー場は個性とエネルギーが交差する社会の縮図。そして、人間多様性を育むホットスポットでもあります。
今回はスキー場に出没しがちな「いるわこんなヤツ」を特集。出没率が非常に高く、個性が光る定番キャラクター上位9系統をピックアップ。
形態や出没エリアまでをも網羅した、永久保存版の生体図鑑です。
友達や恋人などの身近な人々、そしてみなさん自身は何キャラに当てはまりますか?
軽い気持ちでご覧ください。

生体1. チワワ系女子

▼形態
目をウルウルさせながら助けを求める女子

▼生体
ウルウル効果を高めるつけまつ毛を装着

▼出没エリア
各所にいるがレストランのスイーツコーナーはとくに出没率が高い

生体2. コスプレ系男子

▼形態
きぐるみやコスプレに身を包んで滑走。団体でいることも

▼生体
防寒性を考え中身は意外と厚着。本気コスプレイヤーは寒さより仕上がりを重視

▼出没エリア
クリスマスや年末年始などのイベントで目撃情報多数

生体3. 痛板男子

▼形態
アニメやゲームのキャラクターをスキーやスノーボードにプリントして偏愛

▼生体
痛板につぎ込む資金は惜しまない。意外と滑りがうまかったりする

▼出没エリア
各地にそこそこ生息。しかし、オフ会では驚くほどの大群が集結

生体4. 自撮り系男子

▼形態
自分の滑りの撮影に1日の大半を費やす。愛用品は自撮り棒

▼生体
撮影映像を何度も見返したり人に見せたりSNSにもアップ

▼出没エリア
安全に滑れる中斜面。スノーパークも目撃例多し

生体5. 劇場系女子

▼形態
止まれないときや転んだときに絶叫する女子

▼生体
非常にゆっくり滑り、突然転ぶ。それが彼女にとっては大事件

▼出没エリア
林間コースや緩斜面。うっかり来てしまった急斜面

生体6. ナイトライダー系男子

▼形態
滑りよりも夜遊びがメインのスキーヤー&スノーボーダー

▼生体
飲み会コールのポーズが完璧。コールのレパートリーも多い

▼出没エリア
ゲレンデ近くのバーや居酒屋、カラオケボックス

生体7. 子鹿系女子

▼形態
生まれたての子鹿のように足をブルブルさせて滑る初心者

▼生体
震えながら超低速で滑り、何もないところで突然転倒したり急カーブしたりする

▼出没エリア
斜度10度未満のビギナーコース

生体8. リフト脇系男子

▼形態
とにかく目立とうとリフト脇ばかり滑る

▼生体
思うほど滑走レベルは高くないが本人は満足している

▼出没エリア
コースのリフト寄り。急斜面にはあまりいない

生体9. うんちく系男子

▼形態
1つの質問に10を答えて相手を混乱。聞いてないことまで説明しだす

▼生体
そこそこスタイリッシュだが滑りは今ひとつ。褒めるとさらにハッスル

▼出没エリア
初心者コースで超ビギナーと行動

まとめ

「うわ!これわたしかも・・・」とか「いるわこんなヤツ」など、結構当てはまりませんか?

次回スキー場を訪れた際に探してみてくださいね。ぜひ、9系統コンプリートにチャレンジしてみてください!
text:SURF&SNOW編集部
illustration:マンマ

スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.