群馬県のかたしなエリアは、マイカーなら首都圏から2時間ほどで行けるアクセス抜群のスノーエリア。
このエリアの5つのスキー場まで、高速バスを利用して楽々&快適にアクセスできる方法をご存知だろうか?
それが新宿から片品村まで直通の高速バス「かたしなスノーエクスプレス号」だ。

この高速バスを利用すれば、新宿から片品村の中心部までアクセスすることができ、そこから先はエリア内の5つのスキー場に向かう無料送迎バスを使ってアクセスすることができる。
マイカーと違って、運転することなく楽にスキー場まで移動できるのだ。そんな便利な高速バスの情報をチェックして、さっそく利用してみよう。

5つのスキー場をつなぐ便利な高速バス

「かたしなスノーエクスプレス号」は、12月中旬から3月下旬まで毎日運行する。
新宿南口にある高速バスターミナル「バスタ新宿」から乗車し、関越道を利用して、途中のSAで休憩を挟みながら約3時間40分かけて「道の駅尾瀬かたしな」へと向かう。

この道の駅は、2018年の夏にオープンした新しい施設だ。国道120号沿いにあり、片品村役場のすぐ隣という村の中心地に位置している。

道の駅からは、オグナほたかスキー場、かたしな高原スキー場、ホワイトワールド尾瀬岩鞍、スノーパーク尾瀬戸倉、丸沼高原スキー場に向かう無料送迎バスが出ており、それに乗り換えれば目的のスキー場に到着だ。

各スキー場への無料送迎バスは必ず予約を!

注意したいのが、各スキー場への無料送迎バスは完全予約制であること。
「かたしなスノーエクスプレス号」は関越交通が運行し、無料送迎バスは各スキー場が運行するため、それぞれ予約が必要なのだ。

関越交通ホームページ上の特設サイトより乗車券と同時に無料送迎バスの予約が可能だ。往路・復路ともにスキー場を選択できるが、スキー場への直行便となるため、途中での乗降ができないので注意が必要。
3日前までに予約をしないと、スキー場までの無料送迎バスは運行されないので、忘れずに必ず申し込みを済ませておこう。

日帰りはもちろん泊まりでも便利

運行期間中、「かたしなスノーエクスプレス号」はバスタ新宿と道の駅尾瀬かたしなを1日1往復する。
朝早く新宿を出発したら、午前中の内にスキー場に到着し、夕方まで滑ったら、また道の駅に戻って高速バスで新宿に戻れる。
日帰り利用に便利だが、現地に泊まって利用してもいい。片品村内の宿泊施設に泊まると、かたしなエリア5スキー場のリフト1日券が割引料金になる特典もあるぞ。
また、各スキー場のリフト券がセットになったお得なプランもあるので、詳細は各スキー場まで問い合わせよう。この冬は、楽々アクセスできる「かたしなスノーエクスプレス号」を利用して、日帰り・泊まりで、かたしなエリアのスキー場に出かけよう!
■かたしなスノーエクスプレス案内センター
TEL:027-212-8022
Photo & Text by Chiho Kuriyama

施設情報

バスタ新宿

所在地
〒151-0051 東京都渋谷区 千駄ヶ谷5丁目24 55
外部URL
http://shinjuku-busterminal.co.jp/

道の駅 尾瀬かたしな

所在地
〒378-0415 群馬県利根郡片品村大字鎌田3967番地1
外部URL
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/14172

丸沼高原スキー場

所在地
〒378-0497 群馬県利根郡片品村東小川4658-58
外部URL
https://www.marunuma.jp/winter/

オグナほたかスキー場

所在地
〒378-0408 群馬県利根郡片品村花咲字武尊山
外部URL
http://ognahotaka.jp/

かたしな高原スキー場

所在地
〒378-0413 群馬県利根郡片品村越本2990
外部URL
https://katashinakogen.co.jp/winter/

ホワイトワールド尾瀬岩鞍

所在地
〒378-0412 群馬県利根郡片品村土出2609
外部URL
http://www.oze-iwakura.co.jp/ski/

スノーパーク尾瀬戸倉

所在地
〒378-0411 群馬県利根郡片品村戸倉329
外部URL
http://www.ozetokura.co.jp/snowpark/

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.