たんばらスキーパークは首都圏から車で約2時間とアクセスの良さが魅力。
ゲレンデは初級〜中級コースが中心のレイアウトで、初心者でも安心して滑れるコースはもちろん、スキーならボーゲンができる初級者や子供であれば約2.5kmのロングランが可能と、気軽に行ける日帰りスキー場として絶大な人気を誇っている。
とくにファミリー層からの支持は高く、「初めての雪遊び&滑走デビューは、たんばら!」と評判。
その理由はコースだけでなく、雪質の素晴らしさやキッズパークの充実度、おいしい食事などなど、 スタッフの対応も含め、スキー場全体がファミリーにとっての魅力に溢れているからだ。
子供の最高の笑顔を見たい、素敵な家族の思い出をたくさん残したいなら、ファミリーに「やさしい」スキー場、たんばらスキーパークへ行ってみよう!

[1]レンタルもスクールも充実。だから初めてでも安心!

レンタルは豊富なキッズサイズとスムーズに受付できるシステム

初めて雪上デビューする子供のスキーやスノーボード、そしてウエアなど、すべて揃えるのは意外とたいへん。
でも、たんばらなら大人用だけでなく子供用のレンタルも充実。ウエアは好きなデザインやカラーを自由に選ぶことができる。ちなみに子供用ウエアのサイズは「90」から用意。

from えみママ

かわいいウエアばかりで、どれにするか迷っちゃいましたが、最後はムスメが選んだウエアにしました。自分で選ばせることで、やる気もかなり違ってくると思います(笑)

スキーは67cm、スキーブーツは16cmからと、かなり小さいサイズから揃えているので「まだウチの子には早いかな?」と思っていたとしても気軽に試すことができる。スノーボードは88cmから、スノーボードブーツは17cmから用意している。
レンタルを借りるのに、スキー場に到着してから申込書を記入するのはちょっと面倒くさいと感じる人も多い。たんばらでは事前にホームページからレンタルの申し込みができて、スキー場に着いたら、スマホに届いたQRコードを専用の端末にかざすだけでOKなので、とても簡単。レンタル同様にスクールの申し込みも事前にできるので、ぜひ活用しよう!

一緒に教わり、一緒に楽しめるユニークなスクールレッスン

子供に初めてスキーをさせる場合に、スクールを利用するのが最善の方法。たんばらのスキースクールはキッズレッスンの評判がとても高く、安心して子供を預けられる。それでも「子供のことが心配」、「子供に教えてあげたいけど教え方がよくわからない」というファミリーには「親子クラス」というユニークなレッスンメニューも用意。
このクラスは先生が子供に直接教えるというよりは、親が子供のレッスンをして、先生は親と子供の両方にアドバイスをしてくれる。
子供は親と一緒にいることで安心し、親は教え方を学びながら、子供の上達を目の前で実感できるのだ。しかも通常キッズレッスンだと2時間5000円のところ4500円の設定で、料金がちょっとお得なのもうれしいポイント。もちろんレッスン中もスマホなどで撮影OK。親子一緒にレッスンを楽しもう!

from わたるパパ

僕が子供のころは「勝手に滑ってなさい」って感じのスパルタ式だったので、自分の子供をどう教えていいのかわからなくて、ちょっと不安でした(笑)。でも、こうやって教え方がわかると自分でも楽しいし、子供を安全に教えることができて、楽しいと上達も早くなると思います。

たんばらのスノーボードスクール「JAPAN SNOWBOARD ACADEMY TAMBARA校」が行なっているキッズ・ジュニアレッスンは、シーズン中の受講者数が国内トップクラスを誇るほど大人気。
通常のレッスンはレベル別、年齢ごとにクラスを編成していて、もちろん初めてでもOK。他にBURTON「LTRボード」を使った少人数制のレッスンも好評だ。

[2]ファミリーにやさしいコースと雪質も最高!

初めてのリフト乗車もやさしくサポート

子供を実際にゲレンデデビューさせる時に、最初のリフト乗車に少し不安に感じる親もいるかもしれない。
でもファミリーにやさしいたんばらのスタッフは、リフト乗車時もしっかりと対応してくれるので安心だ。念のため、乗る前にひと言「お手伝いをお願いします!」とスタッフに声を掛けてもらえると万全だ。

平均斜度たったの5度でコースだからゲレンデデビューも安心

初心者やシーズンインの足慣らしの1本は、第1リフト沿いの「ファミリーコース」へ。
コース全体がほぼストレートに伸びる見通しのよい全長750mの緩斜面。斜度は平均5度で最大でも10度と、スピードが出にくく、たぶん初めてでも怖さを感じることのない、その名の通りファミリーにイチ押しのコースだ。
子供ひとりでもスキーの上にただ立っていられたら、なんとなく滑れちゃうほど緩い斜面。雪質もいいので、親子でのんびりと気持ちよく滑れるはずだ。
滑りながらでもスマホで動画を撮りやすいくらいの斜度だが、混雑時は周囲の安全を必ず確認しよう!

from わたるパパ

ファミリーコースはスキーデビューに、本当におすすめのコース。子供に「ひとりで立ってごらん」と言ってみたら、後ろに倒れそうになっていたので「手を膝の上に置いて立ってみようか」とアドバイスしたらバッチリ。曲がることができなくてもスピードはそれほど出ないので、楽しそうでした!

初心者キッズと一緒でも、山頂からのロングラン!さらふわの粉雪体感!

子供がボーゲンで滑れるようになったら、さらに第2高速クワッドリフトを使ってスキー場の山頂を目指そう。リフトの速度が速くなって快適で、乗車中の眺望も最高!
リフトを降りたら、右方向に向かってウッディコースへ。ウッディコースは名前のように林間コースになっていて初級者でも最長2550mのロングランが楽しめる。
トップの標高は1550mとなり雪質はさらに良くなり、滑りやすくなっている。
前半は少し斜度があるので、最初は適時、途中で止まって、子供の様子を見ながら滑っていこう。
コース中盤からは緩斜面となり、より雰囲気のある林間コースとなる。休憩がてら、ちょっとスキーを脱いでコースのすぐ脇のところに積もっている雪の上を歩いたり、寝転がってみたりしてみよう。
※その際は脱いだスキーやスノーボードが滑走者の邪魔になったり、流れていったりしないように注意しよう
滑るだけでなく、「ふわ雪」と呼ばれる、たんばら自慢の水分が少なくてサラサラの、やさしい、極上の雪を全身で体感してみてほしい。
そして「ふわ雪」を手に取って高く舞い上げれば…、お決まりの「ふわ雪シャワー」(笑)

from えみママ

雪が本当にサラッサラでビックリ。もう子供と一緒に大喜びで遊んじゃいました(笑)。あと、森の中ってとても静かなんだなって気付いて、そしたら心の奥まで癒やされた気分になりました。

子供に見せたい絶景。下部のワイドなバーンは練習にも最適

ロングコースを堪能して、さらに自信がついてきたら、今度はクワッドリフトを降りて左方向へ向かい、センターコースにチャレンジ。たんばらのメインゲレンデでもあるセンターコースのトップからは、眼下にスキー場全体や玉原湖などが広がり、視線を少し上げれば浅間山など富士山までもが見渡せる素晴らしい眺望が魅力のコースだ。この感動の景色を、ぜひ子供にも見せてあげてほしい。
コース前半の斜度が少しきつめ(最大22度)なので、初心者には厳しいが、コース後半の第5リフト沿いはワイドな緩斜面で、第5リフトを利用するのもおすすめだ。スピードコントロールに自信が出てきたら、ゲレンデトップからトライしてみよう!

[3]雪遊びだけのキッズも大歓迎!楽しい森の仲間とやさしい設備で大満足

滑れない子供も楽しく遊べる「たんばランド」!

まだスキーやスノーボードを楽しめない子供でも、ソリ遊びや雪遊びなど、雪の上で遊ぶ楽しさを「たんばランド」で味わうことができる。場所はスキー場のベース、リゾートセンターのすぐそばなので、移動もラクラク。
利用料金は大人も子供1日1200円(3歳未満は無料。午後券は900円)で、約60mのスノーエスカレーターや場内に用意してあるソリは使いたい放題だ。そして親子一緒に楽しめるチュービングは大人気!

from えみママ

チュービング、めちゃめちゃ楽しい、おすすめ。子供から「次はソリやる」と言われた時に、本当は私ひとりでもチュービングをしたかった(笑)。でも大人ひとりでやっていると、ちょっと周りの目が気になるから、子供と一緒に楽しんでください(笑)。子供と一緒のほうがスピードも出るので、より楽しいですよ!

楽しい森の仲間!たんばりんと遊ぼう!

週末やイベント開催時には、たんばらスキーパークのある玉原高原のブナの森に住んでいるという妖精「たんばりん」がたんばランドに遊びに来ることもある。ちなみに、たんばりんは楽しいことが大好きで、もちろんスキーやスノーボードも大好き!
たんばりんと一緒にスノーエスカレーターに乗っているだけでも、楽しくてワクワクしちゃう。
もしかすると、たんばりんと一緒にソリで遊べることもあるかもしれない!?
子供たちと遊ぶのが大好きな、たんばりんに家族みんなで会いに行こう!

たんばランドのすぐ近くにレストランや屋内キッズコーナー完備!

たんばランドのすぐ横のリゾートセンターで疲れたときや、気分転換したいときの休憩もばっちり!レストラン「オン&オフ」には子供たちに人気のメニューを用意している。
リゾートセンター内は、他にもファミリーにおすすめの施設が充実。暖かな室内で子供たちが遊べる「キッズコーナー」にはいくつかの遊具が置いてあり、ブーツを脱いで自由に遊ぶことができる。ボルダリング遊びも楽しめる。もちろん無料だ。
床にはクッション性のあるマットが敷かれているので、元気いっぱい遊んでも安心。

from わたるパパ

寒いときや雪が降って、吹雪いていたりすると子供を外でずっと遊ばせておくこともできないので、室内にこういった遊ぶスペースがあると暖も取れるし、ファミリーにはとても助かります。

お土産&小物類も充実の売店と、甘いクレープで帰りもにっこり

スーベニアショップ(売店)も広くて、品揃えが充実。お土産を買って帰るだけでなく、ちょっと気分転換したい時に立ち寄ってみたり、手袋やゴーグルなども取り揃えているので、もし忘れてきてしまってもゲレンデに出る前にチェックできるので利用しよう。
そして子供たちだけでなくママたちにも大人気なのが「スイーツ&スナックショップ」のクレープ。休憩や帰る前に、美味しいクレープで、ひとときの幸せな時間を過ごしてほしい。
甘いクレープや飲み物は、子供たちの疲れた身体に新たな元気を吹き込んで、素敵な笑顔を見せてくれるはずだ。
Photo & Text by Tomohiro WATANABE

たんばらスキーパーク

首都圏から車で約2時間で、北海道並みのパウダースノーが楽しめると評判のたんばらスキーパーク。雪の質と量に自信があり、5月のゴールデンウイークまでのロングラン営業も魅力。快適なリゾートセンターにレンタルやスクールも充実。ゲレンデは初中級向けコースが約8割を占め、子供たちが安心して楽しめる、ファミリーにやさしいスキー場だ。

施設情報

たんばらスキーパーク

所在地
〒378-0071 群馬県沼田市玉原高原
外部URL
https://www.tambara.co.jp/winter/

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.