泊まりで行くスキー&スノーボードの魅力って何だろう?それぞれのスタイルやペースに合わせてのんびり過ごしたり、翌朝早く起きて、朝一のパウダースノーを満喫したり。

ホテルや旅館でも、旅先ならではの食材を使った美味しいグルメを味わうこともできるし、温泉でゆったり寛ぐこともできる。

今回は女子旅、学生、ファミリーの3つのキーワードで、「誰と一緒に行くか」「どんな楽しみ方をするか」別に、関東から行けるスノーリゾートを3つ選定した。

1. 女子旅で行きたい!リッチに楽しむ「水上高原スキーリゾート」

水上高原ホテル200
女子旅におすすめしたいのは、水上高原スキーリゾート。美しい雪景色と温泉を同時に楽しめる、国内有数の温泉地として知られる、群馬県みなかみ町にある。谷川岳や武尊山などの名山、利根川の源流域である奥利根湖などに囲まれた、国内でも随一の自然豊かで風光明媚なフィールドが自慢だ。

大注目なのが、18~24歳の女性のリフト券が無料になる「アラウンド20キャンペーン」。シーズン中は毎日無料になるため、女子旅には最有力候補になる。
また、プチ贅沢やリラクゼーション体験ができる、「水上高原ホテル200(トゥーハンドレッド)」がゲレンデ直結徒歩0分の好立地にある点も見逃せない。詳しく見ていこう。

ゲレンデグルメで20種のデザートバイキング!

水上高原スキーリゾート
水上高原スキーリゾートのゲレンデは、初級者から上級者まで楽しめる全12コースと、バラエティ豊か。スキー・スノボはもちろんのこと、本州唯一の本格的な「犬ぞり体験」ほか、「スノーモービル」「スノーラフティング」など、多彩なスノーアクティビティも楽しめる。
ランチ&デザートバイキング「マグノリア」
注目は、日帰りスキーセンター内にある、ランチ&デザートバイキング「マグノリア」。20種類のデザートやチョコレートファウンテンを、好きなだけバイキングで楽しめる。食事も、熱々のチーズフォンデュや、定番のカレーやスパゲティ・からあげなど、みんなが楽しめるメニューが用意されている。

なお、2019-2020シーズンの「マグノリア」の営業日は12月27日~1月5日、1月11日~3月29日の土日祝となっている。

プチ贅沢♪ 暖炉があるお洒落な「水上高原ホテル200」

暖炉のあるロビー(水上高原ホテル200)
水上高原スキーリゾート直結で、楽々移動できる「水上高原ホテル200(トゥーハンドレッド)」。足を踏み入れると、ロビーには暖炉に炎が揺らめくなど、ラグジュアリーでモダンな雰囲気に、気分が上がる。
客室 スーペリアツイン(水上高原ホテル200)
客室も、海外ホテルを想起するようなお洒落さが目を引く。全ての客室の大きな窓から雪景色が堪能できるほか、快適な眠りを約束してくれるシモンズ製のベッド(※一部客室を除く)、空気清浄機など、女子には嬉しい設備が整っている。

少し早めに滑り終えて、贅沢気分を満喫できる客室で、温かいドリンクを飲みながら、雪景色を眺めて過ごすのもおすすめだ。

最高のリラクゼーション!とろとろの美肌の湯

群馬県みなかみ町と言えば、絶対に外せないのが温泉だ。「水上高原ホテル200」の温泉は、みなかみ18湯の中でも群を抜く泉質と評判の「上の原温泉」。

アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)で、pH値が高いため、いわゆる “美肌の湯” に分類される。お湯はとろとろ感があり、優しい肌触りで、よく温まる。皮膚のクレンジング効果が高く、肌がつるつるになっていくのを実感できる人も多いはずだ。

ホテル棟の大浴場と、宿泊者専用の別棟・露天風呂「凛楽」の2つの設備があり、どちらも雪景色や、素晴らしい山並みを楽しむには申し分ない。気分によって、内湯か、露天風呂か、選ぶといいだろう。

グルメも満喫!水上高原ならではの創作イタリアン

せっかくの女子旅、贅沢にグルメも楽しみたい。「水上高原ホテル200」の夕食は、デザート充実の和洋中バイキングや、創作イタリアンなどから選べる。

特におすすめしたいのが、「伊の技法」「和の感性」「仏の芸術性」が交錯する、水上高原ならではの創作イタリアン。味はもろろん、見た目の美しさも魅力的な、こだわりの一皿が並ぶ。

旅先では、その土地ならではの食材を味わえると嬉しいもの。「水上高原ホテル200」は、群馬県の野菜・果物など地元食材をふんだんに使った料理を提供する「ぐんま地産地消推進店」に認定されているほどに、地産地消にこだわっている。

素材本来の味を楽しんでほしいとの思いから、土作りからこだわった有機野菜など、体に優しい食材にも注目。ぜひ味わってみてほしい。
水上高原スキーリゾート https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0126s.htm

2. 学生の特権!平日がお得な「軽井沢スノーパーク/プレジデントリゾート軽井沢」

軽井沢スノーパーク公式&直結ホテル
大学生が仲間たちと一緒に、思い出づくりのお泊りスキーにおすすめなのは、スキー場「軽井沢スノーパーク」を含む、プレミアムなリゾート施設「プレジデントリゾート軽井沢」だ。

国内のリゾート地・別荘地の代表格である軽井沢は、お洒落なカフェやベーカリー、ショッピングモール等が並ぶ観光スポットのイメージが強いが、実は安定した低気温を活かし、本州で最も早い時期にスキー場がオープンするエリアの一つだ。

ビギナーに嬉しいコース構成のスキー場は、リフト券が非常にリーズナブル。平日に宿泊すれば、ハイシーズンの半額前後で豪華なホテルを楽しめてしまうケースもあり、学生は要チェックだ。

スキー・スノボデビューにぴったり!リーズナブルに楽しめる「軽井沢スノーパーク」

広々として開放感のあるゲレンデ
「軽井沢スノーパーク」は、これからスキーやスノーボードを始めよう、という若者には、特におすすめだ。全体の約8割が、初級・中級向けのコース構成になっている。いきなりハードなゲレンデに放り出されて四苦八苦、などという心配がなく、ビギナーでも安心して楽しめる。リピーター率も高いという。

スノーボードを始めたい、うまくなりたい人が特に注目したいのが、スノーボード専門スクール「スクールオブスノーボード」だ。
ソルトレイク五輪スノーボードハーフパイプ日本代表の橋本 通代さんが監修しており、子供から大人までを対象に、クオリティの高いレッスンを提供している。

しかも、1日リフト券は通常3,700円。宿泊すれば「プラチナSNOWクーポン」がプレゼントされ2,200円と、あらゆる割引券の中で最安値となる。板やウェアのレンタルも割引になり、これだけ設備が整っているリゾート施設のスキー場としては、群を抜いてリーズナブルに楽しめてしまう。

スキー&スノボ以外も楽しもう!日本最大級「ジェットチュービング」は見逃せない

スピード、スケール、スリルが抜群!ジェットチュービング
楽しみはスキーやスノーボードだけではない。中でも「軽井沢スノーパーク」の名物で、行ったら絶対に遊んでほしいのが、日本最大級の規模を誇る「ジェットチュービング」だ。

通常のスノーチュービングは、単調なコースを滑り降りるだけのものが多いが、「軽井沢スノーパーク」の「ジェットチュービング」はひと味違う。右に左にバンクを滑り降り、最後には連続ジャンプもあるスリリングさが特長なのだ。

また、行きや帰りには、せっかく軽井沢へ行くのだから、周辺の観光を組み込んでもいい。たとえば、軽井沢駅南口には、軽井沢プリンスショッピングプラザがあり、世界的なブランドから、日用品、お洒落なカフェ&フード、ボウリング場まで、バラエティ豊かに揃っている。

晴天率90%!無料送迎バスも

「軽井沢スノーパーク」がある軽井沢エリアは、上信越の豪雪地帯とは異なり、冬でも晴天率90%を誇る。いつ行ってもほとんど青空に会えるゲレンデで、仲間とワイワイ楽しむには、最高の環境と言える。

抜群のアクセスの良さも魅力で、東京駅から軽井沢駅は、北陸新幹線でわずか約1時間。軽井沢駅からは、予約制の無料送迎バスが出ており、約40分。乗り換えを含めても、トータルで2時間もかからない近さだ。

交通費を安く済ませたい場合は、新幹線よりも安い高速バスがおすすめ。渋谷駅(マークシティ)から軽井沢駅までの運賃は、片道わずか3,100円で済んでしまう。

お洒落なリゾートホテルは平日が断然お得!

客室102部屋/宿泊者特別割引もあり
「軽井沢スノーパーク」唯一の公式ホテル「プレジデントリゾートホテル軽井沢」は、スキー場と同じエリアにあり、徒歩で移動できる。

軽井沢らしいお洒落なリゾートホテルなので、学生にはちょっと敷居が高いように感じるかもしれないが、平日は断然お得で、年末年始や連休などのハイシーズンと比較すると、半額以下になるケースもある。

冬休みやテスト明け期間を利用すれば、平日にも遊びに行けてしまうのが学生の特権。ぜひ友人や仲間を誘って、ちょっと贅沢な軽井沢スキー旅行の計画を立ててみよう。

夕食は60種類のバイキング♪ 天然温泉の露天風呂にも注目

大人気の本格ローストビーフ!
「プレジデントリゾートホテル軽井沢」の夕食は、お腹いっぱい、好きなものを好きなだけ食べられるバイキング形式。バラエティ豊かで、ライブキッチンでその場で切り分けてくれるローストビーフや、高原野菜など地元食材を使用したこだわりメニュー、パティシエが腕をふるったスイーツの数々など、なんと60種ものラインナップ。

さらには、天然温泉があるのも注目のポイント。浅間山が目の前にドーンと迫る「相生の湯」には、露天風呂もあり、雪景色や、夜には星空を眺めながらの入浴もできる。リゾートホテルらしく設備も整っており、熱気浴のサウナや、ミストサウナ、ジャグジーも楽しめる。

3. ファミリーにやさしい。忘れられない家族の思い出なら!「タングラムスキーサーカス」

タングラムスキーサーカスの全景
子ども連れのファミリーが泊まりで行くなら「タングラムスキーサーカス」をおすすめしたい。長野県の北部、斑尾山の北北西斜面に位置し、良質な天然雪に恵まれるスノーリゾートだ。北信五岳や、野尻湖の雄大な景色を眺められる多彩なコースが揃っている。

特筆すべきは、子連れにとっての抜群の利便性の高さで、“滑る・遊ぶ・泊まる” の機能がひとつに集約されている。ホテルを出れば、すぐ目の前にゲレンデとキッズパークがある。

夜の雪原に出かけて遊ぶ大冒険が人気の「夜の探偵団」など、子ども向けアクティビティも豊富。ハイシーズンには、子どもにふかふかの新雪を体験させてあげられる可能性が高い点も、ポイントが高い。詳しく見ていこう。

ゲレンデからウォークイン!「ホテルタングラム」

客室 わくわくわしつ(ホテルタングラム)
子どもを連れてのスノーレジャーでは、まずなんと言っても、ストレスなく快適に過ごせる環境が大切だ。大人目線ではほんの少しの距離のようでも、子どもにとってはスキー靴を履いての移動は大変だし、雪遊びをしていても、寒くて10分で休憩したいと言い出すかもしれない。

「ホテルタングラム」は、ゲレンデから歩いて直接出入りでき、暖かい室内で休憩するのも、ランチを食べるのも、思いのまま。連泊なら、客室まで戻って子どもにお昼寝をさせることも楽にできてしまう。

客室もファミリー向けルームや、3世代で利用できるルームなど、バラエティに富んでいて、希望の部屋を選ぶことができる。中でもおすすめなのが、ミキハウス子育て総研「ウェルカムベビーのお宿」に認定されている「わくわくわしつ」だ。

子どもがワクワクしてしまうようなカラフルなデザインの室内は、靴を脱いでくつろげる畳敷き。宿泊者限定の貸出おもちゃもあり、子どもがのびのびと遊べる。

小さな子が落ちても安心な低いベッドや、家具や柱に角がない安全への配慮、離乳食調理キットや子ども用アメニティの常備など、子連れファミリーにはいたれりつくせりなのだ。

その他、「ホテルタングラム」内には、レストランやリラクゼーション施設、冬でも楽しめる、ジャグジーを備えた全天候型の室内プールまである。

色々なソリで自由に遊べる「キッズパーク」

スキーやスノーボードだけでなく、親子向け・子ども向けアクティビティが充実しているのも、タングラムスキーサーカスの嬉しいポイント。

「ホテルタングラム」を出て、すぐ左手の平坦なエリアには、キッズパークがある。ネットで囲われていて安全に配慮されているのはもちろん、雪遊びが初めての幼児でも、家族みんなで楽しく遊べると評判だ。

通常のソリのほか、ハンドルがついた様々な形状のソリ系遊具がたくさんあり、パーク入園者ならレンタル無料で、好きなだけ遊べる。約50mのスノーエスカレーター(動く歩道)があるので、子どもだけでも元気に遊べるのも、パパ・ママにとってはありがたい。ボーラーカルーセルも子どもたちに人気だ。

家族みんなで楽しめるスノーラフティングや、子どもに大人気「夜の探偵団」も

スノーラフティング
スノーモビルに引っ張られ、ラフティングボートに乗って専用エリアの雪上を疾走する「スノーラフティング」は、スリル満点の人気アクティビティ。子どもだけでなく、大人でもついはしゃいでしまう楽しさなので、家族みんなで楽しむのにおすすめ。
子どもに大人気!「夜の探偵団」
その他、インストラクターと子どもだけで夜の雪原に出かける「夜の探偵団」も、ホテルタングラムに宿泊するなら、絶対におさえておきたいアクテビティ。アルミホイルとロウソクで手作りしたランタンを持って、森の中の道なき道を進んだり、動物の足跡を追ったり、雪で灯籠づくりをしたり、暗闇でソリ遊びをしたり……子どもにとってはまさに大冒険。

2019-2020シーズンの「夜の探偵団」は、ナイター営業日の19 : 15~20 : 30に実施される。年長以上の子どもが対象で、当日13 : 00~17 : 00にホテルタングラム1階 ボルダリング受付カウンターで申し込みができる。詳細はホームページをチェックしよう。

滑らなくても楽しめる!「野尻湖テラス」からの雪山の絶景

「野尻湖テラス」からの絶景!
標高1,100mから美しい眺望を楽しめる「野尻湖テラス」も、タングラムスキーサーカスおすすめのスポットだ。

「ホテルタングラム」を出てすぐ右手の、野尻湖テラス観光リフト(第5クワッドリフト)に乗って、片道10分ほどの空中散歩。往復をフード付きリフトで移動できるため、暖かな格好をして、スノーブーツ(レンタル有)さえ履いていれば、スキー板などの滑走用具は必要ない。

展望デッキからは野尻湖や北信五岳(妙高山、黒姫山、戸隠連峰、飯綱山)の素晴らしい雪景色が見られる。せり出した足場の上で記念撮影できる撮影台もあるので、ぜひ絶景をカメラにおさめたい。

寒くなってしまったら、野尻湖ラウンジへ。大きな窓から野尻湖を見下ろしながら、コーヒー、信州サイダー、地元産甘酒、ホットチョコ等などを楽しめるスポットだ。スキーやスノーボードをしない方も、ぜひ訪れてみてほしい。
タングラムスキーサーカス https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0016s.htm

この冬は泊まりでスノーレジャーへ!

スキーやスノーボードは、滑ることはもちろん楽しいけれど、それと同時に、澄み切って凍てつく空気、雪化粧がより美しく見せる絶景、ふかふかのパウダースノーなど、気持ちの良い大自然を、五感でめいっぱい味わえるのが魅力だ。

リッチなホテルで優雅に過ごしたり、豪華バイキングをお腹いっぱい食べたり、温泉で心身を癒やしたり、様々な雪上ならではのアクティビティにチャレンジしたり。

泊まりでのスノーレジャーは、一面の銀世界での特別な体験を、よりいっそう豊かなものにしてくれるはず。日帰りで集中して滑るのももちろん楽しいけれど、今年の冬はぜひ、泊まりで滑りに行ってみてほしい。
Text:寄金 佳一

施設情報

水上高原スキーリゾート/水上高原ホテル200

所在地
〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原6152-1
外部URL
https://www.minakami-ski.jp/index.php

軽井沢スノーパーク/プレジデントリゾート軽井沢

所在地
〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町大字北軽井沢2032-16
外部URL
https://presidentresort.jp/snowpark/

タングラムスキーサーカス/ホテルタングラム

所在地
〒389-1302 長野県上水内郡信濃町古海3575-8
外部URL
https://www.tangram.jp/ski/

施設マップ


周辺エリアの記事一覧

上信越道完全復旧!!クルマの運転がラクで、美味しいモノも食べたい! 女友達と日帰りで気軽に行ける「パラダ」がいいね♪

アフタースキー / グルメ / スキーウェア / アクセスがいい / 女子旅 / 長野県 

上信越道完全復旧!!安心安全に子供とスキーへ行くなら、サクッ(佐久)と気軽に楽しめるパラダへGO!

温泉 / スクール・レッスン / キッズ・ファミリー / ビギナー・初心者 / スノーアクティビティ / 長野県 

【GoToトラベル対象施設】 泊まりで行きたい! ファミリーにおすすめの ホテル併設スノーリゾート4選

キッズ・ファミリー / みなかみ / 白馬 / 斑尾 / 軽井沢 / 群馬県 / 長野県 

新しい旅の形にぴったり。オリックスレンタカーでスノーリゾートに行くためのお得なプランとは?

キッズ・ファミリー / ビギナー・初心者 / 交通・アクセス / 福島県 / 長野県 / 岐阜県 / 新潟県 / 滋賀県 / 兵庫県 

ゲレンデの広さと極上の雪質、そして眺望も抜群。 滑って、食べて、泊まって尾瀬岩鞍“クオリティ”を満喫!

パウダースノー / アフタースキー / 絶景 / 片品 / 女子旅 / 群馬県 


スキー&スノーボード関連の記事一覧

インプレイ© ImPlay, Inc.