大学で偶然見かけたポスターがきっかけとなり、スキースクールでインストラクターとして働くことになったユキとケント。それは二人にとって、とてもキラキラした素敵な冬になったよう。スクールの先輩からのアドバイス、お客さんとの触れ合いは、ユキとケントを大きく成長させました!

憧れのインストラクターになるまでを、ユキとケントのストーリーで解説!

公益社団法人日本プロスキー教師協会(以下SIA)及び公認スキー学校では、上達志向のレッスンだけでなく、初心者やキッズの指導にも力を注いでいます。初めてスキーをする人にとって、良き指導者との出会いは、その後のスキー人生の宝となります。また、最初から正しいマナーを身につけられるのもメリット。SIAの公認スキー学校では、できない人の気持ちに寄り添うレッスンを展開しています。
一般的に新人インストラクターが担当するのは初心者や初級者のクラスが多くなります。勘違いされやすいのですが、「初心者レッスンは、経験が浅いインストラクターで十分」なのではありません。雪上での移動範囲が少なく、また滑走スピードも低いことから、インストラクターが目を配りやすく、さらに初心者レッスンにはスキー指導のすべてが詰まっているため、指導経験を積むにはとても重要なのです。
スキーを初めてするキッズにとっては、長いスキーも固いブーツも、すべてが面倒なもの。でも雪の上を自由に滑るには、それらの道具が欠かせないことを、レッスンを通じて感じてもらう必要があります。新人インストラクターが陥りやすいのは、「滑ることを教えたいがあまり、説明が難しくなってしまったり、多くのことを短時間に詰め込みすぎたりすること」。滑れる人にとっては簡単なことでも、初心者やキッズにとっては未知の世界です。どんな言葉がわかりやすいのか? さらにどんなペースでレッスンを進めるのが良いのか? 先輩インストラクターのレッスンから多くを学びたいものです。
第1話でも紹介したように、スキーインストラクターのオフシーズンの仕事はさまざま。スキーとはまったく関連のない仕事をしている人もいますし、夏でもスキー関係の仕事に就いている人もいます。「夏はどんな仕事をしているの?」 こんな質問をされることも少なくないでしょう。インストラクターはサービス業でもありますから、お客さんとの会話も仕事のうち。技術を教えるだけでなく、オフシーズンの活動や経験から豊富な話題を提供できるインストラクターは、お客さんを飽きさせないはずです!
自分では分かっていても、それを人に正しく伝えるとなると、そう簡単ではありません。いくら完璧な手本を見せたとしても、その運動がどういう意味を持ち、なぜ必要なのか、またそれをするにはどうすればいいのか、などを言葉で説明できなくてはレッスンは成り立ちません。自分が練習しているときでも「なぜこういう運動になったのか?」「この動きを分解して考えたらどうなるのか」そういったことを意識しているインストラクターとそうではないインストラクターでは、レッスンの質に大きな差が生じます。SIAはプロの団体なので、「人に教えるためには、まず自分が正しく理解する」ことを大切にしています。

「SIAのインストラクターが頼りにしている一冊とは?」

原則的にSIAの公認スキー学校でレッスン活動を行うには、同協会への認定会員登録が必要となります。そして、SIAのインストラクターがレッスンのヒントにしたり、滑りの研究に使っているのが「SIA公式スキー&スノーボードメソッド」です。これは、SIAの教育部が総力を結集して作った教則本で、ティーチングブックとしての役割はもとより、スキー技術をゼロから学びたい人にとっても最適の一冊と言えます。もちろん教師資格の検定でも教科書として使用されていて、公認スキースクールのレッスンもこの内容をベースに行われています。SIAのオフィシャルサイトでも購入することができます。
※2020年秋、改定版発売予定
スキーは大自然を相手にするスポーツ。ゲレンデをただ滑るだけではなく、素晴らしい風景や雪山の雰囲気を楽しめるのも醍醐味ですね。リフトに乗ったときなど、目の前に広がる山の名前やスキー場の歴史などについて聞かれたときに困らないよう、多くの知識を身につけていきましょう。
※SIA教師検定の学科試験では、気象や山の知識、さらにスキーに関連する力学なども出題されます

「ISIA(国際スキー教師連盟)の加盟団体であるSIAならではの取り組み」

SIAフェスティバルでの「スキー教師のための英会話講座」の1コマ。
SIAフェスティバルのゲストとして、ドイツデモチームメンバーが来日した際の講習会の様子。
SIAは国内唯一のISIA加盟団体であり、かつまた近年は多くの外国人スキーヤーが来日し、公認スキースクールに入校することも多いため、インストラクター個々の英会話スキルを向上させる取り組みを行っています。また、毎シーズン末に行われるSIAフェスティバルでは、海外の著名デモンストレーターを講師に招いた講習会も開かれるなど、海外との交流が盛んです。

「デモ選(SIAデモンストレーター選考会)って何?」

SIAデモンストレーターとは、SIAを代表するに値する人格、技量を備えたプロ教師で、毎年行われる「SIAデモンストレーター選考会」において選出されます。デモンストレーターに認定された人は、会員への技術指導や伝達、さらには教師検定の講師やジャッジを務めることになり、またメディアへの露出も増えることから、憧れの存在となっています。本年度は6名がインタースキー(世界スキー指導者会議)日本代表メンバーとして開催地にブルガリアに赴くなど、まさに世界的な活動が現実となるスキー教師の頂点です。
2017年、志賀高原で行われた「SIAデモンストレーター選考会」の様子。
大学で偶然見かけたポスターがきっかけとなり、踏み出したスキーインストラクターへの道。良き仲間に恵まれて過ごした雪山での日々は、二人に明るい未来を示してくれたようです。シーズンが終わって、二人はそれぞれ違う道に進みましたが、スキーインストラクターとして頑張った経験が、大きな糧となりました。何事にもチャレンジすることが大切だったり、一つひとつ丁寧に取り組むことが何よりの財産になったり……。
今回のストーリーを通じて、スキーインストラクターという仕事のやりがい、そしてSIAの取り組みについて知っていただけたと思います。スキーが大好きなあなたにとって、この記事が何かのきっかけになりますように。

ぐるなび© Gurunavi, Inc.