待ちに待ったスキー旅行! ファミリーの中に初めてスキーやスノーボードにトライするキッズがいる場合、雪とのファーストコンタクトをどう設定してあげるかは大きな課題。いつもの公園とは全然違う感触は、ちょっとだけコワいけど、少しだけ勇気を出して雪と友達になってしまえば、それがスキーヤー&スノーボーダーへの第一歩ですよね。でも、「子供にスキーを教えるのって難しいんだよなあ」「混雑したゲレンデで安全に練習させるにはどうすればいいのかな?」……。そんな悩みを持つお父さんお母さんは少なくないはず。そこで、チェックしたいのが日本唯一のプロスノースポーツ教師集団「SIA(公益社団法人日本プロスキー教師協会)」のレッスンプログラム。まず楽しく、時には冒険心をくすぐりながら、そして何より安全に雪と遊ぶ面白さを教えてくれます。シーズン本番を前に、絶対知っておきたいSIAのキッズプログラムについて見ていきましょう!

勇気、挑戦、ちょっぴりドキドキ。初めての雪は、キッズにとってかけがえない体験なんです

見渡す限りの銀世界。お洒落なウェアで颯爽と滑ってくるスキーヤーやスノーボーダーたち。ゲレンデはキッズにとって未知の世界であると同時に、好奇心やチャレンジ精神を満たしてくれる場所でもあります。初めてスキーを履いた時は、思うように動けないかもしれませんが、その非日常感がキッズのハートをつかむといってもいいでしょう。もちろん最初は大人がついてしっかりと面倒をみてあげるべきですが、やっぱりお父さんお母さんも滑りたい! 子供に付きっ切りではあまりに大変ですよね。それに初めてスキーやスノーボードをするキッズにとっては、良き指導者との出会いが何より大切なんです。そこで頼りになるのがSIAの公認スキースクール。経験豊富なプロの先生が無理なく安全に上達をサポートしてくれるんです。また、お父さんお母さんが指導した場合、キッズに甘えが出てしまい、かえって注意力が散漫になってしまったり、集中力がもたなかったりと限界があるものです。キッズにとってかけがえない機会となる「雪とのファーストコンタクト」、その指南役はプロの先生たちにかないません。

SIA公認スキー学校のキッズレッスンって、どんなもの?

スキー(スノーボード)スクールでのキッズレッスンは大きく分けて2タイプ。主にレベルや年齢をもとにグループ分けして行う一般レッスンと、先生を独占して自分たちだけで習うことのできるプライベートレッスンです(呼び方はスクールによって異なる場合があります)。

●一般レッスン
主に技術レベルや年齢をもとにグループ分けして行うレッスンです。比較的リーズナブルですが、時間が決められていたり知らない人同士が一緒になるので、人見知りのキッズには向いていないかもしれません。

●プライベートレッスン
先生(コーチ)を独占して自分たちだけで習うことのできるレッスンです。やや割高になりますが、先生との距離感が近く、練習ペースも子供の個性に合わせてくれるのでより密度の濃いレッスンが期待できます。

もちろん、SIAのスクールであれば、どちらを受講しても、楽しく安全なレッスンを展開してくれます。そしてSIAのスクールの多くは、キッズ用のレッスンを開設していて、キッズパークを有効利用したり、遊具を使った練習をしたり、まさに「いつの間にか滑れるようになっちゃった!」という嬉しい感動を与えてくれます。そして先生がオーケーと判断したら初リフト! スキー場の条件によって異なりますが、小学校低学年のキッズであれば、午前中しっかり練習して午後はリフトに挑戦! なんてことも不可能ではありません!

「My SKi Book(マイ・スキーブック)」は、スキーデビューのためのバイブル

SIAでは「My Ski Book」というキッズ用のレッスン小冊子を制作、全国のスクールで活用しています。その中身は、

●スキー初めてだけど、大丈夫かな? ●レッスンは楽しいの? ●持っていくものや着ていくものは?
●楽しく滑る安全ルール ●お子様の初スキーへの助言

など。この中の「お子様の初スキー~」で書かれている内容を紹介しましょう。
「初めてのスキーデビュー。ご両親もお子様もいろいろ不安が多いと思います。危なくないの? リフトには乗れる? スキー(雪)を好きになってくれるかしら? 必要な持ち物は? 考え始めたら、どんどん気になります。スキーはスピードを伴うスポーツ。楽しく滑るにはきちんとスピードをコントロールできること、山の安全ルールを理解することが必要です。ご両親が指導するとどうしてもお子様が甘えてしまったり、言うことを聞いてくれなかったりする場合もあります。そのため、ぜひスキースクールでのレッスン受講をお勧めします。SIAのスクールには日本プロスキー教師協会の認定を受けた教師が揃っています。安全で楽しく、お客様に合ったレンスンを展開できるプロ集団です。お子様のレッスンに関してはSIA公認校すべてに展開されているMy Ski Book(スキー上達手帳)を使用したキッズプログラムがあります。これから何を習い、何を目指していくのかが明確に提示され、安全への意識も育てていく内容になっています。お子様の目線に合わせた安全で楽しいレッスンで、スキーが好きになること間違いなしです!」
SIAが作成した「楽しく滑るための安全ルール」。動物のイラストを使ったわかりやすい説明が特徴。ビギナーのうちからマナーを気にかけるキッズは、上達だって早くなります!

上手になったら、実力試し! SIAの検定について紹介しましょう

SIAでは国際スキー技術検定というものを行っています。この検定は、世界共通の基準(ISIAグローバルスタンダード)に基づいていて、それはSIAが国内唯一の「ISIA(国際スキー教師連盟)」加盟団体である点に関係しています。そしてこのジュニア版が「ジュニア国際スキー技術検定」です。中学生以下のジュニアスキーヤーを対象としたもので、ランクはゴールド、シルバー、ブロンズ、レッド、イエロー、グリーンの6種類。ターン全体のスムーズさやスピードコントロール、ボディコントロールなどが着眼点となるのは大人の検定と同じですが、ターン中にパラレルがシュテム状になったりすることは、あまり問題視されません。むしろスタートからゴールまで安定したリズムでターンを継続することがポイントです。検定日などはとくに定められておらず、検定資格をもつ教師さえいれば随時実施できるのも特色です。また修学旅行やスキー林間学校などの行事に取り入れる小中学校も増えているそうです。SIAのオフィシャルホームページに掲載されている要項を参考にして、各ランクの内容を見てみましょう。

スクール育ちのジュニア上級者がどんどん誕生しています!

毎年4月に開かれるSIA最大の行事「SIAフェスティバル」では、「ジュニアスキー技術コンテスト」が開催され、腕自慢のキッズたちが大集合! 上位入賞者には全国レベルの強者も。多くの参加者はスクールでのレッスンを経て上達してきたそうですよ。この大会を通じてご家族ぐるみで友達になったりするキッズもいて、会場全体にスキーを愛する空気があふれているステキな大会です。来年は北海道の「マウントレースイスキー場」にて開催を予定。参加クラスは年齢別に細かく分かれていますから、今からしっかり練習すれば上位だって狙えるかも。いやいやウチの子なんてまだまだ……な~んて言ってるお父さんお母さん、キッズの吸収力は大人では理解できないほど。そして、その可能性と伸びしろを引き出してくれるのがSIAのスキースクールなんです!
全国のSIA公認スクールはこちら! http://www.sia-japan.or.jp/school_map

スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.