札幌周辺には、パウダースノーや雪遊びを楽しめるスキー場がいくつもあります。電車とバスを乗り継いて行くことができる場所も数多くあります。とはいえ、スキー場へのアクセス情報は街中に案内表示が少なく、バス乗り場がどこにあるのかわかりにくいかもしれません。そこで、ここでは、札幌の市街地から電車やバスで手軽に行くことができるスキー場への詳しい行き方を紹介します。これを見れば、スキー場まで車を運転しなくても行けますよ。

札幌国際スキー場

札幌国際スキー場は、札幌近郊のスキー場の中でも営業期間が長く、広大なゲレンデでパウダースノーを楽しめるのが特徴。初級者から上級者に対応した7コースのほか、ソリなどを楽しめるスノーパークがあります。今シーズンからゲレンデ山麓にスノーエスカレーターが新設され、初めてのスキーやソリ遊びにオススメ。スノーボーダーはジャンプ台があるボードパークで、モーグルを楽しむ人はダウンヒルコースで思う存分楽しめます。

札幌国際スキー場へのアクセス

札幌国際スキー場までは、JR札幌駅や札幌市営地下鉄・南北線の真駒内駅から直通バスを利用するのが便利。JR札幌駅での乗車場所は、札幌駅の南口にある札幌駅前バスターミナルの17番乗り場。バスターミナルは、ビックカメラやUNIQLOなどが入る商業施設「ESTA(エスタ)」の1階にあります。
ただ、地上から向かうとバスターミナルの入口がかなりわかりにくいので、地下から行くのが無難です。
駅前のいずれかの場所から地下街に入り、ESTAを目指して進みましょう。ESTAの地下入口部分にバスターミナルの各乗り場へ直結している階段があります。階段は乗り場ごとに分かれて複数あるので、13~18番乗り場へ続く階段を上がると迷うことなく17番乗り場へ到着できます。
このバスは、便によって札幌市内の一部のホテルなどにも立ち寄るので、該当するホテルに宿泊している人はホテルから乗ることも可能です。なお、札幌駅出発時に定員に達した場合は乗れなくなるので要注意。予約優先なので、利用する際は事前に予約したほうがベスト。
○バス運行期間
スキー場営業期間毎日運行
○スキー場までの所要時間
札幌駅前から約1時間30分、真駒内駅から約1時間
○予約有無
予約優先(定員になると乗れなくなるので要注意)
※運行期間など変更になっている場合もあります。詳しい運行期間や時間、料金などは公式サイトで最新の情報をご確認ください。

札幌藻岩山スキー場

藻岩山スキー場はスノーボード全面禁止のスキー場。市街地至近なので、観光客が帰る日の午前中などにひと滑りすることも可能。初心者から上級者まで楽しめる10コースあります。ナイター営業もしているので、札幌の夜景を眺めながら滑ることも可能!街中まではタクシーを利用しても30分程度で帰れるので、バスの時間を気にせず思う存分滑ってみては?

札幌藻岩山スキー場へのアクセス

札幌藻岩山スキー場へは、札幌市営地下鉄・南北線の終着駅、真駒内駅から「じょうてつバス」という路線バスを利用します。バスの乗車時間は約15分。真駒内駅までは、地下鉄・南北線で札幌駅から約18分、すすきの駅から約15分で行くことができます。真駒内駅のバス乗り場は複数あるうえ、スキー場行きバスは季節運行の臨時バスなので駅構内に案内表示があまりなく、初めて訪れる人は戸惑うかもしれません。
迷わない行き方は、地下鉄の改札「北出口」と書いてあるところを通過します。
北出口の改札を出たら、目の前の扉から屋外へ。改札付近にはバス乗り場の案内がいくつか出ていますが、それらは別の路線の案内。札幌藻岩山スキー場へ行くバスの案内表示は出ていないので、案内表示は一切無視して目の前から屋外へ出ましょう。
屋外へ出たら、目の前にある横断歩道を渡り、時計塔が見える方向へ直進。
横断歩道を渡って1、2分歩くとバス乗り場へ到着します。
この乗り場にはバス停が複数ありますが、札幌藻岩山スキー場へ向かうバスは17番と表示があるバス停へ。
○バス運行期間
12月下旬頃~2月末までの毎日と、3月上旬と中旬の土日に運行
○スキー場までの所要時間
真駒内駅から約15分
○予約有無
予約不要
※運行期間など変更になっている場合もあります。詳しい運行期間や時間、料金などは公式サイトで最新の情報をご確認ください。

さっぽろばんけいスキー場

さっぽろばんけいスキー場は、夜22時まで営業していて街中からの所要時間も短いので、札幌市内へ宿泊している人にとても利用しやすいスキー場。レンタルコーナーが充実しているので、手ぶらで行ってもOK!初心者やファミリーが楽しめる緩やかなコースや中級者向けコース、国際大会の舞台にもなる上級者向けコースまで全17コースあります。ソリやスノーチューブなどが楽しめるスノーキッズパークでは、子ども連れはもちろん、雪山デビューの観光客にもおすすめ!

さっぽろばんけいスキー場へのアクセス

さっぽろばんけいスキー場へ行くには、札幌市営地下鉄・東西線の円山公園駅から出ている「ばんけいバス」を利用するのが便利。駅からスキー場までバスの乗車時間は13分です。円山公園駅までは、札幌市街地の大通公園やさっぽろテレビ塔などが最寄りの大通駅から乗車して約6分。札幌駅やすすきの駅から乗車する場合は、ともに札幌市営地下鉄・南北線で1駅乗車して大通駅で東西線に乗り換えです。大通駅は繁華街のすすきのなども徒歩圏なので、宿泊先のホテルの場所次第では歩いて大通駅まで行くことも可能です。
円山公園駅で下車したら、バスターミナルの案内表示に従って地下通路を歩いて進みます。改札口から1、2分歩いたのち階段もしくはエスカレーターで上へあがるとバスの待合室に出ます。
ここからは各方面へ向かう路線バスが発着しているため行先表示がさまざまありますが、ばんけいスキー場へ向かうバスは4番ホーム。写真のようなバス停があります。
なお、4番ホームからは行先が異なるバスも多数発着しているので要注意。特にスキージャンプ競技場へ向かうバスなど、ジャンプ競技用のスキー板を持った人たちに釣られて別のバスに乗ってしまわないように。「ばんけいバス」は緑色で車体に大きく「ban.K」と書いてあるので目印に。
○バス運行期間
通年運行
○スキー場までの所要時間
円山公園駅から約13分
○予約有無
予約不要
※運行期間など変更になっている場合もあります。詳しい運行期間や時間、料金などは公式サイトで最新の情報をご確認ください。

サッポロテイネ

サッポロテイネは、1972年に開催された札幌オリンピックの舞台となった場所。オリンピアゾーンは聖火台が設置されてボブスレーやリュージュなどの会場として、ハイランドゾーンはスキーアルペン競技などの会場として利用されました。それぞれのコースに初級から上級までさまざまなゲレンデがあり、双方のゲレンデはゴンドラで行き来できるので、趣の違う2つのゾーンを楽しんでみましょう!

サッポロテイネへのアクセス

サッポロテイネへは、JR手稲駅から「JR北海道バス」のテイネハイランド行に乗車して約16分で行くことができます。JR手稲駅までは、JR札幌駅から快速列車で約9分、JR新千歳空港駅からは直通の快速列車で45~50分位で行くことができるので、バスの乗り継ぎがよければ短時間で行くことができます。
JR手稲駅の改札は地上2階。改札を出たら駅待合室の脇を通り過ぎ直進し、駅構内の扉の外に出たら南口と北口に分かれるので、右手の南口へ向かいます。
南口にはいくつか地上へ下りる階段がありますが、テイネハイランド行のバス乗り場は、右手にある「南口3」という階段へ。
下りたら目の前、3番乗り場がテイネハイランド行のバスがやってくる場所です。南口のバス乗り場は1番~3番まであるのでお間違えないように。サッポロテイネにはJR北海道バスのバス停が3カ所あります。JR手稲駅側から「聖火台スキー場前」、「テイネオリンピア前」、終点の「テイネハイランド」です。
■「聖火台スキー場」バス停
ファミリー向けの恐竜キッズパークを利用するならこちらで。このバス停周辺にはキッズパークでのレンタル品(ソリなど)以外のレンタル品はないのでご注意を。スキーやウェアーなどのレンタル用品が必要な場合は、次の停留所で下車すると便利です。
■「テイネオリンピア前」バス停
2018~2019年シーズンに「オリンピアスキーセンター」が新設。ここはレンタルショップやレストランなど施設が充実しています。オリンピアゾーンを中心に利用するならこちらで。初心者やナイタースキーを楽しみたい人にベストです。
■「テイネハイランド」バス停
バス停は、レンタルショップやレストランなど施設が整ったハイランドスキーセンターの前。ハイランドゾーンを拠点に利用するならこちらで。スキーを本格的に楽しみたい人はこちらがベストです!なお、ナイター営業はしていないのでご注意を。
○バス運行期間
12月上旬~3月下旬の毎日運行
○スキー場までの所要時間
手稲駅南口から聖火台スキー場まで約13分、テイネオリンピアまで約16分、テイネハイランドまで約28分
○予約有無
予約不要
※運行期間など変更になっている場合もあります。詳しい運行期間や時間、料金などは公式サイトで最新の情報をご確認ください。

SNOW CRUISE ONZE

SNOW CRUISE ONZEは、眼下に海を眺めながら滑ることができる絶景スキー場。初心者向けの緩やかなコースから、急斜面のコブ付バーンなど上級者向けコースまであります。ナイターでは海沿いに遠くまで続く街明かりの夜景が最高!札幌や小樽からアクセスしやすいので、札幌観光や小樽観光とともに訪れてみてはいかが?

SNOW CRUISE ONZEへのアクセス

SNOW CRUISE ONZEへ行くには、札幌市営地下鉄・東西線の終点、宮の沢駅から出ている無料送迎バスを利用するのが便利。このバスは途中JR手稲駅なども経由するので、札幌のほか小樽や新千歳空港などからJRで行き来する人にも便利です。
札幌市内に宿泊するならホテルの最寄駅次第で、大通駅から地下鉄で宮の沢駅に向かいバスに乗るか、札幌駅からJRで手稲駅へ向かいバスに乗るか、という行き方になります。手稲駅の乗り場は、この前に紹介をしたサッポロテイネのバス乗り場の近く、南口ミスタードーナツ付近です。
ここでは、宮の沢駅の乗り場を詳しく紹介します。宮の沢駅は、札幌市街地の大通公園やさっぽろテレビ塔などが最寄りの大通駅から乗車して約15分で行くことができます。
宮の沢駅で下車したら、5番出口を目指しましょう。改札を出て左、ほどなくして右手に曲がりエスカレーターを上がると、少し長い地下通路を歩きます。しばらく進むと右側に5番出口があるので、ここで地上へ出ます。一つ注意があります。5番出口より先には路線バスが発着するバスターミナルがあるため、駅改札付近や地下通路などの案内表示には、バス乗り場は5番出口ではない場所が記載されています。SNOW CRUISE ONZEへ向かう無料送迎バスはバスターミナルとは異なる場所から発着するので、地下通路などに特段案内表示は出ていません。バスターミナルの案内表示は無視して、5番出口を出ましょう。
5番出口から地上に出たら、右にぐるりと回るように歩道を直進。上の写真では、出口を出たらまっすぐ先のほうに青いバスが見える方向へ進んでいきます。そのまま2、3分歩いていき、右手にあるスーパー「SEIYU」の入口前を通り過ぎ、道路向かいに「空知信用金庫」の看板があるところが乗降場所です。
バス停などはなく、道路向かいにある「空知信用金庫」の看板が唯一の目印。土地勘のない人や漢字が読めない外国の人などは少々戸惑うかもしれないので、ここで紹介している写真も参考にして行ってみてください!
宮の沢駅を出たバスは、途中JRの手稲駅、星置駅、銭函駅を経由してスキー場へ向かいます。JR利用の場合は快速列車を含む全列車が停まる手稲駅からが便利。小樽方面から訪れる場合は手稲駅よりも銭函駅を利用するほうが近くて便利です。ただ、一部列車は通過するのでご注意を。
○バス運行期間
11月下旬~3月下旬の毎日運行(スキー場営業期間)
○スキー場までの所要時間
宮の沢駅から約45分、手稲駅から約30分、星置駅から約19分、銭函駅から約10分
○予約有無
予約不要(満席の場合は次のバスかほかの公共交通機関を利用)
※運行期間など変更になっている場合もあります。詳しい運行期間や時間、料金などは公式サイトで最新の情報をご確認ください。

ダイナスティスキーリゾート

ダイナスティスキーリゾートは、初心者~中級者まで楽しめるファミリーゲレンデがあるスキー場。広々としたゲレンデで滑りやすく、開放感があります。子どもが雪遊びを楽しめるゾーンもあり、家族連れに嬉しい施設です。スノーモービルに牽引されたラフティングボートに乗って雪上でのスリルと爽快感を楽しむスノークルージングも楽しめます。

ダイナスティスキーリゾートへのアクセス

ダイナスティスキーリゾートへ行くには、アウトレットモールの「三井アウトレットパーク 札幌北広島」から発着している無料送迎バスを利用します。乗車時間は約10分です。無料送迎バスに乗るため三井アウトレットパーク 札幌北広島へ行くには、JR札幌駅やJR北広島駅、札幌市営地下鉄・東豊(とうほう)線の福住駅、同じく地下鉄東西線の大谷地駅など各地から路線バスを利用します。このほか、新千歳空港から札幌市街地を結ぶ空港連絡バスの一部が停車。空港からの所要時間は約30分、日中は概ね15分ごとに停車するので、空港からの行き帰りに利用するにも便利です。
札幌駅からは、駅南口にある東急デパートの南玄関口にあるバス乗り場から乗車。約50分かかりますが、道路の混雑状況で遅れる場合もあります。バス本数が多いのは、福住駅や大谷地駅発着。それぞれバス乗車時間は25~30分です。本数は少ないもののアクセスする時間が短く、ダイナスティスキーリゾートへ向かう無料送迎バスへの接続がよいのは、北広島駅発着のバスです。
北広島駅は札幌駅と新千歳空港駅の間にあり、快速列車も停車。下車をして改札を出たら西出口1番の階段を下りて中央バス乗り場へ行き、バスに乗車したら約20分で三井アウトレットパーク 札幌北広島です。
三井アウトレットパーク 札幌北広島で下車したら左手に進み、タクシー乗り場方面へ。タクシー乗り場を通り過ぎた先に、ダイナスティスキーリゾートへ向かう送迎バス乗り場があります。
送迎バスはマイクロバスタイプ。観光バスも多数発着するので間違えないように。
○バス運行期間
12月下旬~3月上旬の毎日運行
○スキー場までの所要時間
三井アウトレットパーク 札幌北広島から約10分
○予約有無
予約不要
※運行期間など変更になっている場合もあります。詳しい運行期間や時間、料金などは公式サイトで最新の情報をご確認ください。
photo & text: Nobuhiro Kawashima

施設情報

札幌国際スキー場

所在地
〒061-2301 北海道札幌市南区定山渓937番地先
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0602s.htm

札幌藻岩山スキー場

所在地
〒005-0040 北海道札幌市南区藻岩山下1991
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0612s.htm

さっぽろばんけいスキー場

所在地
〒064-0945 北海道札幌市中央区盤渓410
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0246s.htm

サッポロテイネ

所在地
〒006-0029 北海道札幌市手稲区手稲本町593-3
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0065s.htm

SNOW CRUISE ONZE

所在地
〒047-0265 北海道小樽市春香町357
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0174s.htm

ダイナスティスキーリゾート

所在地
〒061-1267 北海道北広島市仁別82-4
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0662s.htm

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.