せっかくスノーリゾートに出かけたのなら、スキー・スノーボードだけでなく、冬ならではの美しい景観でリゾート感を味わいたいし、おいしいランチやカフェも時間をかけてたっぷり楽しみたい。ついでにみんなでわいわいとショッピングもできたらいいな。なんて欲張りな旅も、女同士なら気兼ねなくどんどん叶えていける。そこでここでは女性にうれしいポイントに着目して、あれもこれも楽しめる、6つのおすすめスキー場をピックアップ。スノーリゾートで体験できることを、あますことなく楽しみつくそう!

地元グルメやショッピングも満喫できる富良野スキー場[北海道]

サラサラのドライパウダーが魅力の北海道のなかでも、内陸に位置する富良野スキー場の雪質は世界でもトップスクラス。ゴンドラで一気にピークまで上がれる「北野峰ゾーン」と、101人乗りのロープウエイが架かる「富良野ゾーン」の2エリアに23本ものコースが延び、広大なウインターリゾートを形成している。山頂からの眺めは、雄大な十勝岳連保と富良野盆地が一望できる絶好のフォトスポット。最長滑走距離4,000mのゲレンデは、初級者からエキスパートまでバリエーション豊かな滑りを満喫できる。また、スキー場から富良野市街地が近く、交通便も良いのでアフタースキーの楽しみも多い。
2エリアそれぞれにホテルがあり、館内のレストランでランチも可能。「新富良野プリンスホテル」内のレストラン ラベンダーの人気はスープカレー。鶏肉をメインに、根菜や彩り野菜を添えて楽しむ味も見た目もよい一品だ。ケーキやドリンクも豊富なので、ティータイムの休憩にもぴったり。ホテルは富良野温泉「紫彩の湯」も完備し、なめらかな肌ざわり湯が、心身の疲れを優しく癒してくれる。また、ホテル隣接の「ニングルテラス」は、森にログハウスが連なるショッピングエリア。散策しながらカフェやクラフト教室、各種工房などをめぐることができる。日が暮れるとショッピングエリアにライトが灯り、幻想的な雰囲気に包まれる。

マウントジーンズ那須ならアフタースノーにショッピングも!?[栃木県]

首都圏から車で約2時間、電車なら東北新幹線・那須塩原駅から予約制の無料シャトルバスでアクセスできるマウントジーンズ那須。日帰りで滑りに行ける身近な存在ながら、ゴンドラを利用して全長2,000mのロングコースを味わえるなど、滑りごたえ十分の規模だ。緩急に富んだ全7本のコースレイアウトに加え、人工降雪機による安定したコンディションのなかで快適に滑りを楽しめる。那須高原の広大な自然が眼下に広がるロケーションが素晴らしく、標高1,410mのコンドラ山頂に設置された展望台からの眺めはとくに爽快。青空の下に輝く雪山が広がる眺望は、インスタ映えを狙って多くの人が訪れる人気のフォトスポットとなっている。
スキー・スノーボードの合間に休憩をはさむのが女子旅ならではのお楽しみ。その点、マウントジーンズ那須は、「31アイスクリーム」や「マリオンクレープ」などのスイーツが充実していて満足度が高い。ベースロッジの化粧室にはドライヤーが完備されており、身だしなみが整えられることもうれしい配慮だ。また、ゴンドラ山頂のフィールドを利用して、ファットバイクツアーやスノーシューツアーといった、滑り以外の冬のアクティビティも体験できる。スキー場から車で15分の那須湯本エリアには日帰り温泉施設がいくつも点在し、「那須ガーデンアウトレット」に立ち寄ってショピングも楽しめるなど、滑った後の楽しみも豊富だ。

上質なリゾートで過ごせる苗場スキー場[新潟県]

山麓にホテルが並び、ラグジュアリーな雰囲気に包まれた苗場スキー場。隣接するかぐらスキー場と、日本一の規模を誇る全長5481mのドラゴンドラで繋がり、日本最大級のスノーリゾート「Mt.Naeba」を形成している。比較的軽めの雪に恵まれ、人工造雪機も併用して安定したコンディションで滑りを楽しむことができる。ホテル前には圧雪されたワイドバーンが広がり、山麓に向かってゆったりと滑り込める。また、レディースアパレルブランドROXY(ロキシー)とコラボした「ROXY SNOW PARK(ロキシースノーパーク)」もあり、ROXYカラーに統一されたアイテムやベンチ、看板がインスタ映えするスポットとして人気だ。1月初旬~4月初旬の毎週火・木曜は、苗場エリア1日券が3500円になる「レディースデー」を実施。女子旅にうれしいサービスも見逃せない。
スキー場とホテルを合わせて約30店舗のレストランがあり、ラーメンやピザ、ケバブといった手軽なものから、焼肉、寿司、ブッフェ、居酒屋、中国料理などのゴージャスな食事まで幅広く楽しめる。バーやラウンジもあり、ゲレンデを眺めながらティータイムやオリジナルカクテルを楽しめる「カクテルラウンジシャトレーヌ」がおすすめ。女子同士やカップルでワンランク上の時間を過ごすことができる。また、山麓の苗場プリンスホテルは、宿泊者限定の「苗場の湯」、日帰り利用もできる露天風呂「火打の湯」の2つの温泉施設を完備。マッサージ・指圧ができる「リラックスケア」では、スキー・スノーボードの疲れを癒すことができる。12月下旬~3月下旬は毎週土曜に中心に「ゲレンデ打上花火」を開催。イベントが充実していることも苗場スキー場の魅力だろう。

絶景テラスや有名ベーカリーがある白馬岩岳スノーフィールド[長野県]

白馬岩岳スノーリゾートは、ピークからコースがあらゆる方向に延び、雄大なパノラマが堪能できる「白馬の隠れ家」的なスキー場。北アルプスに向かって滑走する爽快なコースを筆頭に、非圧雪の自然地形コースやスノーパークなど、バラエティーに富んだコースが全26本。初~上級コースがバランスよく揃い、1日では滑り切れないほどのワイドなスノーリゾートだ。ゴンドラやリフトの優先乗車や、複数のラウンジ利用、荷物や用具を預けておけるスキーバレー&クロークサービスなど、ラグジュアリーサービスをパッケージ化した国内唯一のVIPプログラム「HAKUBA S-CLASS」も用意されている。 
山頂の「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(白馬マウンテン ハーバー)」は、絶景とともに軽食が楽しめる人気スポット。ニューヨーク発の人気ベーカリー「THE CITY BAKERY(ザ シティ ベーカリー)」もオープンし、味も見た目も抜群のプレッツェルクロワッサンサンドが好評だ。コーヒーやホットチョコなどの温かなドリンクも楽しめ、凛とした冬の空気の中で味わうとおいしさは格別。スキー・スノーボードをせずに、この絶景だけを目的に訪れることもできる。ほかにも、バギークルーズやスノーシューツアー、早朝キャットツアーなど、滑ること以外の冬のアクティビティも多数。山麓には、歴史ある神社や築数百年の古民家を改装したレストランがあり、夜は風情ある街並みがライトアップされた非日常体験ができる。

川場スキー場の魅力は便利な施設や豊富なランチ![群馬県]

首都圏から車で2時間と日帰り利用が便利な川場スキー場。標高が比較的高く、ベースは1,290m、トップが1,870m。このため乾燥したサラサラのパウダースノーが味わえる。快晴の日には山頂から富士山まで見渡せるロケーションの良さも魅力的だ。山頂から延びる3,300mのロングコースはゆったりとクルージングが楽しめて気分爽快。スノーパークを果敢に攻めたり、雪壁を使ってサーフィンのように遊んだり、アクティブな女子も楽しめるバリエーション豊富なコースが全10本。初・中級コースが8割を占め、滑りのデビューにぴったりの「ファーストステップゲレンデ」もある。シーズン中は毎日、朝イチの斜面を滑り込める「ファーストトラック」を実施中。
立体駐車場「カワバシティ」がゲレンデに直結しているので、雪や泥で足元が汚れることなくコースインできることも女子にはうれしい限り。「カワバシティ」にはシャワー付きの更衣室から、レストラン、ショップ、レンタルなどの必要な施設がすべて集まり、滑り出しまでの準備がいたってスムーズだ。レストランの種類が多く、本場の味が堪能できるインドカレーや石窯で焼き上げた本格ピザ、川場村にある牧場直営のジェラートなど、ランチタイプがわくわくするような品揃え。品数豊富な有名スポーツショップもあるので、買い物だって楽しめる。なお、雪道運転に自信がなければ、山麓の道の駅に車を停めて、毎日運行している無料シャトルバスでアクセスできるので安心。道の駅は日帰り温泉施設も完備している。

ぜひ体験したい竜王スキーパークの絶景展望台とラグジュアリーなカフェ[長野県]

竜王スキーパークは良質な雪が積もる北志賀エリアに位置。スキー場は3エリアで構成され、初・中級者でも極上パウダーが楽しめるスカイランドエリア、地形が豊富でワイドコースをのびのびと滑れるバレーエリア、その2エリアをつなぐヘルメット着用が必須の上級者コース「木落コース」からなる縦長のレイアウトだ。最上部のスカイランドエリアはピークが標高1,930mもあり、11月下旬~5月6日のロングシーズン滑走可能。春先など山麓のコンディションが悪いときでも、山頂部の雪質は別世界だ。また、スノーパークのアイテムは、初心者がステップアップしていけるように設定されており、パークデビューを目指す女子でもトライしやすい。
女子にうれしいスポットが「SORA terrace」と「SORA terrace cafe」。標高1,770mに設置された絶景展望台の景色を眺めながら、併設のカフェで食事やドリンクが楽しめるのでランチや休憩にぴったり。雲海や冬の美しい山並みがパノラマに広がる景色は圧巻ものだ。そんな絶景を、ソファや暖炉のあるラグジュアリーな空間で楽しめるのが心地いい。カフェメニューは雲海にちなんだオリジナルメニューが多数あり、「雲海パイ包みスープ」、「スカイソーダ」、「雲海マシュマロ」など、写真映えするメニューが人気。山麓には日帰り温泉施設「三ケ月の湯」があるほか、竜王バスインフォメーションセンター内に有名スポーツショップを完備。

施設情報

富良野スキー場

所在地
北海道富良野市中御料
外部URL
https://www.princehotels.co.jp/ski/furano/

マウントジーンズ那須

所在地
栃木県那須郡那須町大字大島
外部URL
https://www.mtjeans.com/

苗場スキー場

所在地
新潟県南魚沼郡湯沢町三国
外部URL
https://www.princehotels.co.jp/ski/naeba/

白馬岩岳スノーフィールド

所在地
長野県北安曇郡白馬村岩岳
外部URL
https://iwatake-mountain-resort.com/

川場スキー場

所在地
群馬県利根郡川場村川場高原
外部URL
https://www.kawaba.co.jp/

竜王スキーパーク

所在地
長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700
外部URL
https://www.ryuoo.com

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


スキー&スノーボード関連の記事一覧

インプレイ© ImPlay, Inc.