ゲレンデは子供たちの笑顔でいっぱい。 湯沢中里スノーリゾートで家族の楽しい思い出作りを!

人気スキー場が集中する湯沢エリアにおいて、特にファミリー層からの支持がとても高く、ゲレンデにいる子供たちは、みんな笑顔になれるという湯沢中里スノーリゾート。今回は古田ファミリー(お母さん、娘[10歳])と娘の友達、そして竹内ファミリー(お父さん、お母さん、息子[5歳])の計6人で湯沢中里で思いっきり楽しんできた様子の写真とお母さんのコメントを交えながら、湯沢中里スノーリゾートがファミリーに人気が高い理由とポイントをレポートしよう!

ファミリーに人気のポイント・その1/コースが安心&おもしろい!

湯沢中里スノーリゾートでファミリーに人気のコースと言えば、まず中里スキーセンター前の第2ロマンスリフトでアクセスするジョイフルコースだ。

コース幅がとても広くて見通しのいい緩斜面なので子供でも安心、というのが人気のいちばんの理由だろう。家族みんなで楽しく滑ることができる。楽しいと子供の上達も早い。いつの間にか置いていかれた、ってことがないように、お父さんやお母さんもがんばろう(笑)!
もうひとつの人気コースは、マウンテンテラス前の第3ロマンスリフトでアクセスし、リフト沿いを滑る第3ロマンスゲレンデだ。こちらも幅が広くて、長い距離を滑れるが、コース上部の林にある「森の探検コース」というプチ・ツリーランコースを楽しむファミリーも多い。開放感いっぱいのゲレンデも楽しいが、林の中を滑るおもしろさ、魅力を誰でも気軽に体験することができる。
森の探検コースは第5ゲレンデ沿いの林の中にもコースが設定されている。どのコースも斜度は緩やかなので、気軽にトライしてみよう。

from 古田ママから「ひと言」

ゲレンデは広くて斜度もちょうど良く、とても滑りやすいです。森の探検コースを滑って、木々の美しさとか自然の魅力をさらに感じることができました。コースの出口では、ちょっとうまくなったような気にもなれました(笑)

ゲレンデ内に設けられたファミリー向けのアトラクションも人気。まずはファミリーコース下部の「なんちゃってアスレチック」。コース入り口のゲートにある鐘を鳴らしてスタートだ!
コース上に設けられた、いろいろな仕掛けや障害物などをクリアしながら滑っていく。誰でも気軽にチャレンジできるので、みんなでがんばって、全クリを目指そう!
ジョイフルコース下部には「なんちゃってモーグル」がある。リズムの取りやすいコブと最後はポコじゃんが楽しめるようにレイアウト。最後までいかにリズムよく、しかも転ばないで滑れるかチャレンジだ!

ファミリーに人気のポイント・その2/キッズ専門スクールの実力!

スクールの専用エリアが使えて、好印象のスタッフによるキッズ専門の独特で楽しいレッスンが大人気のママミキーキッズスノースクール。「湯沢中里で、このスクールに子供を入れたいし、子供もまた習いたいと言っている!」という熱烈なファミリーもいて、週末は予約で定員が埋まってしまうこともある。
レッスンでは雪の上で楽しく、安全に滑ることはもちろん、挑戦する意欲や達成感、自分でやるという気持ち(自立心)などを引き出すようなプログラムを実践しているという。一緒に受講しているお友達に負けないぞと、顔を引き締めてがんばっている子供もいた。
専用エリアではスノーエスカレーターがあってレッスンの効率も抜群。独特の練習アイテムも使って、身体を使ってしっかりコントロールしながら曲がることを自然に覚えていく。

from 竹内ママから「ひと言」

私たちと一緒に滑ると、すぐふざけたり、甘えたり。でも不安ながらもレッスンに参加してくれたら一生懸命に話を聞いていたり、がんばって滑ってくれるのが見られてうれしかったです!

コースは半日のハーフと全日のワンデーがあり、ワンデーはランチも付いている。一緒に滑った友達との食事はまた格別のおいしさだ!
また今季から中里スキー学校では、小学4年生以上のスノーボード初心者を対象とした無料の「スマイルレッスン」を開催している。ブーツの履き方やビンディングに装着する時のポイント、ゲレンデでのマナー、そしてケガをしにくい転び方や片足で移動する方法などの基本動作を教えてくれる。時間は9時からスタートして、約20〜30分だ。受付は先着順で10名まで受講可能。もちろん大人でもOK!

from 竹内ママから「ひと言」

今、息子はスキーをしているけど、スノーボードをやりたいと言った時のために、どう教えればいいかと思って受けてみました(笑)。というのは冗談ですが、いい機会なので受けてみたら、私の考え方ややり方は間違いだらけ(汗)。でもこれで少し自信がつきました!

●ママミキーキッズスキースクール https://mama-miki-ski.com/
●中里スキー学校 http://www.sportsprize.net

ファミリーに人気のポイント・その3/キッズパークが楽しい!

遊具は置いていないが、ソリ遊び、雪遊びができる「雪遊びパーク」はワイドで適度な斜度、そして利用が無料とあって大人気。混雑する週末などでも、ゆったり遊ぶことができる。雪遊びデビューに最適だ!
雪遊びパークではちょっとモノ足りない、いろんな雪遊びを楽しみたいなら、大人も子供も入場料1000円の「スマイルキッズパーク」へ。エリア内にあるスノーエスカレーターを無料で使えるので登りは楽ちん。ソリやスノーレーサーなどの遊具も使いたい放題だ。チュービングも大人気で、スキーやスノーボード初心者のための練習ゾーンもある。
大人も子供に負けないくらい、楽しく遊んじゃいましょう!

from 古田ママから「ひと言」

リフトに乗れない子供も、ここだったら1日楽しく遊べちゃいますね。普通のソリ以外にもかっこいいソリもあるし、チュービングは今まで見てるだけでしたが、やってみると楽しいですね(笑)。マウンテンテラスやブルートレインなど、休めるところが近いのもグッドです!

スマイルキッズパーク

営業時間/10時~16時
料金(1日入場券)/1000円(リフト1日券とは別料金)

ファミリーに人気のポイント・その4/スキーセンターの充実度!

湯沢中里スノーリゾートは上越線の越後中里駅直結のスキー場。その駅からの玄関口にもなっている(3階で駅と連絡)中里スキーセンターは、もちろんすべての来場者にとって非常に便利な施設だが、ファミリーにも1階から4階まで、どの階もとても充実しているので要チェックだ。
まず1階には売店とレンタルコーナーがあり、レンタルコーナーは今季リニューアルし「NAKAZATO MT.TERMINAL」としてオープン。最新ギアやウエアのレンタルを用意している。キッズ向けのレンタルはスキーだけでなく、スノボも充実。
同じフロアにショップと売店があり、お土産やジュースにお菓子などを購入することができ、さらに雪遊びグッズからゴーグルや小物・アクセサリー類、そしてスノーブーツと品揃えが充実。
2階はレストラン「シェルブール」。ゲレンデを一望できるレストランで窓際の席は人気なので、早めのランチがおすすめだ。今季から発売されている「ステーキプレート」は、ボリューム満点の牛肉のステーキにガーリックチップの香りでさらに食欲増進。スープまで付いてくる。限定30食とあって、週末は完売続出。食べたい人はこちらもお早めに。
3階では人気ブランドVOLCOMが国内で唯一、スキー場内にショップ「VOLCOM STORE」を出店。人気アパレル商品などがアウトレット価格で購入できる。ファミリーに好評なのは併設の「Stone Cafe」だ。熱々なホットサンドやロコモコ、タコライスといったメニューを用意し、お母さんたちに大好評。山盛りのフライドポテトなども子供たちのハートをしっかりキャッチ。ランチタイムだけでなく休憩時や、電車の待ち時間に利用するのもおすすめだ。
そして注目はセンターの4階。ここには大浴場「スパベルク」とボールプールのある「スマイルキッズルーム」があって、どちらも利用が無料。スキー場に直結の施設(宿泊施設以外)にお風呂があって、しかも誰でも無料で利用できるという条件を揃えているのは日本で、いや世界中でも湯沢中里くらいだろう!
スマイルキッズルームは、絵本やおもちゃが置いてあり、小さな子供が楽しく遊べるスペース。でも室内とはいえ広さも十分に確保。子供が雪遊びにちょっと飽きてきた時の気分転換や天候が悪かったり気温が低い時にも利用する人が多い。ボールプールではおおはしゃぎのキッズたちで、いつも賑やか。

from 竹内ママから「ひと言」

子供は元気で、汗をかくだけでなく、雪遊び中にウエアの中に雪が入ってしまうこともあるから、無料の大浴場があるのは助かります。うちの息子はお風呂に入った後にボールプールを見つけてしまい、楽しく遊んでくれたのはいいのですが、また汗をかいてしまった…(笑)

大浴場スパベルク

営業時間/13時〜18時(ナイター営業日は20時まで)
※入場は終了30分前まで

スマイルキッズルーム

営業時間/8時~18時(ナイター営業日は20時まで)

中里スキーセンター

営業時間/6時〜19時(ナイター営業日は21時まで)
※クローズ中は、越後中里駅との連絡通路の利用不可

ファミリーに人気のポイント・その5/アクティビティも魅力!

週末や祝日は中里スキーセンター横に「ジェットトレインパーク」が登場する。スノーモービルに連結されたトレインボートが、ドライバーの運転テクニックによって左右にドリフトを繰り返す、スリル満点のアクティビティで、これがファミリーに大人気。料金(1回分)は大人が500円、小学生以下の子供は300円。まだ滑れない子供でも楽しめるし、あまり乗りたくないって言ってた大人でも、スタートすると、つい歓声をあげてハマってしまうおもしろさだ。

from 古田ママから「ひと言」

最初ちょっと怖くて、できれば乗りたくないって思ったりもしたけど、大人の対応をしてみました(笑)。でも乗ってみたら、想像してたよりかなりおもしろくて、ずっと楽しくて、子供よりも大きな声をあげていたような気も(笑)

その横のスペースには10歳以上(体重は60kgまで)を対象とした「ミニモービル」のエリアがあり、ここで雪上のバイク・スノーモービルに乗ることができる。料金は500円。

ファミリーに人気のポイント・その6/いろいろなことが無料!

湯沢中里スノーリゾートのゲレンデは横にワイドなレイアウト。そしてゲレンデ中央の下部には、950台収容可能の駐車場と国鉄時代(現在のJR東日本)に使われていたホンモノの電車の車両(ブルートレイン)があり、客車内を無料休憩スペースとして開放。湯沢中里のシンボル的存在だ。置かれている車両は全部で15両。うち約半分の8両を全日無料で開放し、混雑や予約状況によっては他の車両を利用できる場合もある。
車内は当時の雰囲気が残っていて、4人掛けのシートタイプ以外にもお座敷タイプの車両があり、ゆっくりと暖を取りながら休憩することができる。

from 竹内ママから「ひと言」

駐車場に平行してブルートレイン休憩所があって、その奥に雪遊びパークやスマイルキッズパークと、小さい子供がいてもすぐに移動できて、すぐに遊べて、すぐに休むこともできる。家族連れには最高です。しかも週末であっても駐車場だけでなく、ブルートレインと雪遊びパークまで無料というのは衝撃的でした!

ブルートレイン以外にも無料の休憩所を5カ所に用意。越後湯沢駅までのシャトルバス(片道約20分)も無料だ。なお未就学児は大人と一緒ならリフトが無料。そして今季は18歳と19歳もリフト料金が無料になっている。

湯沢中里スノーリゾート

関越道・湯沢インターから約10分、上越線・越後中里駅に直結とアクセス抜群のスキー場。ゲレンデは横にワイドでファミリー向きの緩斜面中心だが、スノーパークや非圧雪コースにツリーランコースなども用意されている。

photo & text : Tomohiro Watanabe
衣装協力/Roxy&Quiksliver(ボードライダーズジャパン)

施設情報

湯沢中里スノーリゾート

所在地
〒949-6103 新潟県南魚沼郡湯沢町土樽5044−1
外部URL
http://www.yuzawa-nakazato.com/winter/
備考
関越道・湯沢インターから約10分、上越線・越後中里駅に直結とアクセス抜群のスキー場。ゲレンデは横にワイドでファミリー向きの緩斜面中心だが、スノーパークや非圧雪コースにツリーランコースなども用意されている。

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.