東京から車で約2時間半、内陸部特有のサラサラの雪質と温泉の泉質が自慢の草津温泉。ゲレンデデビューに最適なしゃくなげコースに加えて、今季は冬季通行止めの国道を利用した全長2,000mのR292コースも新登場。滑りだけでなくスノーシューも楽しめる。そんな草津温泉スキー場に向かったのは、雪と温泉を満喫したい欲張り女子ふたり。初めてのスキー場で、楽しめることができたかな?

スキー場に到着。レンタルが充実しているので手ぶらでもOK!

用具を借りるなら天狗山ロッヂ内のレンタルコーナーへ。できるだけ荷物を少なくしたいならWEB予約限定の「手ぶらでスキー(ボード)セット」がおすすめ。レンタルスキーorボード、ウエア、グローブ、ゴーグル、帽子にリフト1日券まで付いて、大人8,000円、ジュニア6,000円とお得。
レンタル品は自分で選ぶことができるので、お気に入りのウエアが着られるのが嬉しい。おしゃれなウエアがいっぱいだから選ぶのに迷いそう。ギアはしっかりとメンテナンスされているので安心して滑れる。

準備ができたら、いざ、ゲレンデへ!のんびり滑れるしゃくなげコースで足慣らし

ゲレンデに出たら、天狗山ペアリフトもしくは天狗山高速クワッドリフトから、しゃくなげ高速クワッドリフトを乗り継いでゲレンデ上部へ。下へ降りるコースは緩斜面なので、初級者でも安心してリフトに乗ろう。
しゃくなげコースは草津温泉イチのロングコース。カラマツ林の間を滑るので雰囲気はとってもロマンチック。しかも平均斜度8度の超緩斜面なので初めてでも安心。軽く準備運動して滑り始めよう!

新コースは国道!?青葉山 と おなり山ゲレンデをつなぐ新コース登場

新コースの名前はR292コース。その名の通り冬季通行止めの国道292号線を滑るコースだ。カラマツとシラカバの森の間を通るコースで、最大斜度が8度しかない。車が通る心配はないので、の〜んびり滑ってみよう。

青葉山ゲレンデをスタートしてR292経由で おなり山ゲレンデから天狗山ゲレンデに抜けると、最長でなんと4,300m。体力に自信のある人は挑戦だ!

お腹が空いたら天狗山メインレストランへ行こう! 絶品グルメが勢ぞろい

天狗山メインレストランは、和食・洋食・中華の豊富なメニューが自慢。何を食べるか迷った時は、焼きたてピザが食べられる「天狗喫茶」がおすすめ。看板メニューは、地元の名産品、舞茸が入った「まいたけmixピザ」。
ピザは注文を受けてから焼くので、焼きたてのアツアツ。ボリュームたっぷりなので、女の子ならシェアしてちょうどいいくらい。だけど、お腹がぺこぺこだっから、ぺろっと食べてしまえるかも。
レストランの人気メニューが「塩だれかつ丼」。最初に塩だれがかかったカツを食べて、次に出汁をかけて食べることで二通りの味が楽しめる。どんな味かは食べてからのお楽しみ。
ラーメンはゲレ食の定番メニューだが、街の人気ラーメン店にも負けないメニューが「本格鶏白湯ラーメン」。こってり濃厚なパイタンスープがクセになるかも。

草津温泉の街を眺めながらケーキセットでひと休み

天狗山ゲレンデのいちばん高いところにあるのが「天狗山展望喫茶」。午後のコーヒーブレイクに最適。草津の天然水を使い、店長が一杯ずつハンドドリップで落とした、こだわりのコーヒーが味わえる。頑張った自分のご褒美に、ケーキセットもいいかも!

今日の泊まりは「ホテルヴィレッジ」。スキー場から無料送迎バスに乗って行こう

草津温泉の人気の宿といえば「ホテルヴィレッジ」。スキー場の全面滑走期間中なら、ホテルからスキー場への無料送迎バスがあり、およそ30分ごとに運行しているので便利(時間帯により1時間に1往復の場合あり)。

チェックインを済ませたら、部屋で浴衣に着替えてほっと一息

今回の部屋はウイング館の和洋室タイプ。温泉大浴場も近いのですぐ行ける。ゆったりとした造りの部屋なので、とても居心地がいい。久しぶりのボードで疲れた体を、ゆっくり休めよう。

自慢の温泉は源泉が何と3つも。3種類の温泉を楽しもう!

疲れた体を癒すのに最適なのが温泉。「ホテルヴィレッジ」には、湯畑、万代鉱、わたの湯の3つの源泉から引湯。なかでも温泉大浴場は、草津の象徴ともいうべき湯畑の源泉に浸かることができる。
ホテル内には湯畑源泉の露天風呂もある。湯船に体を沈めて降り積もった雪を眺めていると、冷たいそよ風が顔をそっと撫でるように通り過ぎる。身も心も癒される至福の時。

夕食は50種類ものメニューが味わえるビュッフェスタイル

夕食はビュッフェスタイル。カニやお寿司などの海鮮料理、肉料理が食べ放題。地元近郊の新鮮野菜を使った料理は、和食、洋食、中華とバリエーションが豊富。もちろんデザートも、お腹いっぱい食べられる。

リゾートを満喫!屋内プールやボウリングも楽しめる

リゾートの欠かせないのがプール。温泉ドーム「テルメテルメ」には温水プールを完備。水泳エリア、遊泳エリア、ジャクジーなどがあり、リゾート気分を満喫できる。
ホテル内には各種施設が揃い、ボウリング場まである。滑り足りなくて元気が余っていれば、ボウリングで遊んでみよう。リゾートでは思い切り楽しまないと損!

スキー場の楽しみ方は滑るだけじゃない。2日目はスノーシューにもトライ

雪の中にどんどん入っていける便利なアイテムがスノーシュー。スキー場内には初めてでも楽しめる2本のコースを用意。もちろんレンタルもある。2名から受講できるスクールもあるので気軽に挑戦してみよう。

スノーシューで歩き疲れたら、焼きたてパンでエネルギーチャージ

スノーシューコースのゴール地点にちょうどあるのが「おなりロッヂ」。ここは焼きたてパンが有名で、地元の人も買いに来るほどの人気店。おすすめはココでしか買えないベイクドチーズカレーパン。
焼きたてホカホカのパンをほお張れば、疲れた体はようやくホット一息。スノーシューで歩いた時に撮った動物の足跡などの写真を見返しながら話をするのも楽しい。

群馬県のお菓子、キャラクターグッズが大集合

帰る前に立ち寄りたいのが天狗山レストハウス内のお土産コーナー。群馬県のお菓子、キャラグッズなどを豊富に取り揃えている。なかでも群馬県の公式マスコットキャラクター「ぐんまちゃん」は大人気だ!
草津温泉のご当地キャラクターで観光大使でもある「ゆもみちゃん」グッズも忘れずにチェック。写真は女子におすすめの、ゆもみちゃんコラーゲンボディタオル(932円)。

帰る前にもうひとっ風呂!草津温泉の使用済みリフト券で20%OFFになる、おすすめ日帰り温泉

「大滝乃湯」は、大浴場、露天風呂の他、草津でも貴重な煮川源泉を使用した男女別の合わせ湯を備えているのが特徴。貸切温泉、有料貸席、食事所、ラウンジカフェ、お土産処などの施設もある。入浴料大人900円、子供400円。
江戸から明治にかけて湯畑にあった共同湯のひとつを再建したのが「御座之湯」。木造にこだわって、杉板の屋根、漆喰の壁が特徴。ふたつの浴室それぞれに、湯畑と万代の二種類の源泉を使用している。入浴料大人600円、子供300円。
男女合わせて500㎡のとてつもない広さが特徴の「西の河原露天風呂」。周囲は森に囲まれており、自然と一体となった唯一無二の開放感は、温泉好きなら一度は味わいたい。入浴料大人600円、子供300円。

楽しかった女子旅も終わり。印象的だったのはファミリーにとってもやさしいこと

草津温泉スキー場の特徴のひとつが、充実したファミリー向けサービス。例えば、天狗山メインレストランのファミリー優先席、託児所・授乳室が併設されたファミリー無料休憩所、子供ひとり入場で大人の付き添いひとり無料のキッズパーク、1時間単位で利用できる託児所、セットレンタル利用で子供用ヘルメットのレンタル無料などなど。ファミリーに嬉しいサービスがいっぱい。

遊具がたくさんあり快適に雪遊びができるキッズパーク

ゲレンデデビュー前のキッズの雪遊びにちょうどいいのがキッズパーク。歩いて登ることから解放してくれるスノーエスカレーターが常設され、ふわふわ遊具もある。パーク内のソリは自由に使って大丈夫。雪遊びだけでなく滑りの練習もできる。

草津温泉スキー場のまとめ。ビギナーやファミリーにやさしく、温泉街にはお楽しみがいっぱい!

初めてでも恐怖感がなく滑れる斜度の緩いコースがたくさんあるのが草津温泉スキー場のおすすめポイント。初級者だってロングコースにチャレンジでき、恵まれた自然環境により気持ちよく滑りを楽しむことができる。
滑り以外のお楽しみが多いのも草津温泉のいいところ。温泉街をぶらぶら歩くだけでも楽しいし、湯もみ体験も可能。温泉街の中心には草津温泉のシンボルで源泉のひとつの湯畑や足湯もある。滑らなくても一日楽しめる。
Text by Akira TSUJINO

草津温泉スキー場

天下の名湯と謳われた草津温泉の郊外にあるスキー場。温泉街からは無料シャトルバスが運行しているので便利。ゲレンデは、緩斜面から急斜面までバリエーション豊富。特に斜度の緩いロングコースがあることから、初級者、ファミリーから人気が高い。安全なコースでスノーシュー体験ができることも特徴だ。スキー場を快適に過ごせる施設も充実している。忘れてはならないのが温泉。温泉街では複数の施設で温泉に入れるのがいい。温泉以外にもさまざまなお楽しみが待っている。

施設情報

草津温泉スキー場

所在地
群馬県吾妻郡草津町大字草津字白根国有林158林班
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0038s.htm

ホテルヴィレッジ

所在地
群馬県吾妻郡草津町大字草津618番地
外部URL
http://0932.jp/

大滝乃湯

所在地
群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13
外部URL
http://ohtakinoyu.com/

御座之湯

所在地
群馬県吾妻郡草津町大字草津421
外部URL
http://gozanoyu.com/

西の河原露天風呂

所在地
群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3
外部URL
http://sainokawara.com/

施設マップ


周辺エリアの記事一覧


スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.