若い頃、まだ独身時代にスキーにハマっていたパパ・ママ。結婚してしばらく滑ることから離れていたけれど、そろそろ子供が滑れる年齢になったなら、今度はファミリーでスキー場に遊びにこう。はじめてのファミリースキーは、子供が寒いのを嫌がったりスキーを怖がったり、いろいろな心配事が思い浮かぶかもしれない。でも子供は、好奇心が旺盛で楽しいことが大好きだ。ファミリースキーを成功させる秘訣は、子供が楽しく遊べて快適に過ごせること。魅力たっぷりの「伊那スキーリゾート」なら、その望みを叶えてくれる!

伊那スキーリゾートはアクセス抜群!

子供を連れて出かけるなら、車の移動はなるべく少なくスムーズに済ませたい。伊那スキーリゾートは、名古屋から120分、八王子からなら150分というアクセスしやすい好立地。中央道の伊那ICから15分、駒ヶ根ICから15分ほどの距離にあり、小黒川PAにスマートICが開通したことで、高速道路を降りてからたったの8分で到着できるようになった。途中に曲がりくねった山道もなく、雪道運転に自信のないパパ・ママも安心だ。さらには、土日・祝日はJR伊那市駅から予約不要の無料シャトルバスも出ており、電車利用でも移動がらくらくできるようになっている。

用具はまるごとレンタルしちゃおう

はじめてスキーを体験する子供たちが、今後も滑りを続けるかどうか心配ならば、いきなり用具を買い揃えずにすべてレンタルで済ませてしまおう。レンタルコーナーは、スキー・スノーボード、ウエアのほか、小物もすべて借りられるので手ぶらで行って大丈夫。特に子供用のレンタル用具は品揃えが豊富で、子供の体型に合わせた最適な用具を用意してくれる。
グローブ、ゴーグル、帽子は大人用と子供用のどちらもレンタルできる。こういった小物もすべて借りられるのはとってもありがたいのだ。
レンタル窓口前のベンチで身支度を整える。準備がすまないうちに「早く滑ろうよ!」と、子供たちのワクワク感が高まっていく。
滑る準備ができたら楽しいスキーのスタート! 普段とは違った見慣れぬパパのスキーウェア姿に「パパ、カッコイイ!」と子供のテンションがますますアップする。

「0円楽ちんレッスン」で子供のスキーデビューをスムーズに!

親は久しぶりのスキーなうえ、子供たちにとっては今回がはじめてのゲレンデデビュー。子供にどうやって滑りを教えたらいいか迷ってしまうパパ・ママも多いだろう。そんなときの心強い味方が、毎週末、1日3回開催している初心者対象の「0円楽ちんレッスン」だ。講師がブーツの履き方、スキーやスノーボードの装着方法、安全な転び方・起き上がり方など、滑りを覚える前の超基本からじっくり、丁寧に教えてくれる。子供はもちろん、パパ・ママも参加可能で、予約不要で受けられるもの嬉しい。レッスン場所はゲレンデ下の平坦な場所やキッズパークの緩斜面を利用するので、子供が怖がらずに楽しく滑りを学んでいける。
スキーを履いて歩いたり、斜面を登ったり。子供同士でわいわい楽しく過ごすうちに自然と滑れるようになる。レッスン時間は30~40分ほど。その間、パパ・ママはコースを滑って足慣らしをしてみては?

晴天率約90%! 眺望抜群のコースで滑れる

伊那スキーリゾートは、ほぼ晴れの日が続く晴天率90%を誇るスキー場。気候が安定して過ごしやすく、雪が降ってウエアが濡れたり寒い思いをたりしないで済むから、子供たちがごきげんで滑ってくれる。コースからの眺めも素晴らしく、山間に横たわる伊那谷と、里山を流れる天竜川を一望することができる。すっきり晴れた日は南アルプスまできれいに見えて、気持ちよくすいすい滑りを楽しめる。
メインバーンのドリームコースは平均斜度10度という緩やかな1枚バーン。幅が広くてのんびり滑れ、全長700mと長さもあるので子供が上達しても十分の滑り応えだ。
今シーズンから新型のスノーマシンを導入。細やかで良質な雪を広範囲に降らせ、コースを最高のコンディションに保ってくれる。
4人乗りの高速リフトであっという間にコースに。スキー場での移動もとっても楽ちんなのだ。

子供がのんびり滑れる理想的なコース

コース2本のコンパクトレイアウトになっており、子供を連れてあちこち移動する必要がなく、迷子になりにくい理想的な環境。コース全体が滑りやすい緩やかな斜面で構成されており、まだ滑りなれない子供でも気負わずのんびり滑りを楽しめる。コース幅が広くて見通しがよいので、周囲に気を配りながら子供を見守れることもポイントだろう。
まだ小さくて脚力のない弟は、パパのサポートを受けながら滑ることに。「楽ちんレッスン」で教えてもらったことを思い出しながら、スキーを三角に開く練習だ。
スピードが出過ぎない緩やかな斜面で、怖がらすにゆっくり滑りを学んでいける。
「楽ちんレッスン」で滑りを覚えたお姉ちゃんは、ママとゆっくりコースを滑走。ママにターンのコツを教えてもらいながら、どんどん滑りが上達していく。
スキーの操作に慣れてきたら、今度はパパのサポートなしで滑ることにチャレンジ。下でパパが受け止めてくれるので安心だ。
みんなで滑れるようになると、子供は嬉しくなって「もう一回やると」と積極的に次のステップに進むように。子供の吸収力はとても高く、上達のスピードが驚くほど早いのだ。

手作りのおいしい料理で楽しいランチ

レストランがあるのはベースのセンターハウス内。手作りにこだわった、真心のこもったおいしい料理がたくさん揃っている。今季の一押しは、新登場の「ローストビーフ丼」。自家製のローストビーフはほんのり赤みの残った絶妙の仕上がりで、薄くスライスされた肉がたっぷりとごはんに乗った絶品だ。子供に大人気の「お子様ランチ」や、ご当地グルメを取り入れたメニューなどもあり、小腹がすいたときにも便利なサイドメニューもいろいろ取り揃えている。
伊那地方のご当地グルメ「ソースかつ丼」や、長野名物である山賊焼きをトッピングしたカレーなど、地域色豊かなメニューが勢揃い。味はもちろん食べ応えも十分!
レストランは700席を用意する広々スペースとなっており、コースが見える大きな窓が開放的。
おいしい料理でお腹を満たして、午後も元気よく外に飛び出すぞ。

おいしいスイーツも楽しめる!

土日・祝日になると、レストラン内のクレープショップ「Sunny's」がオープン。目の前で手際よく生地を焼き、バナナやイチゴ、ブルーベリー、あずきなど、甘くておいしいスイーツと生クリームをたっぷりトッピング。タピオカのドリンクやジェラートなど、いろんなスイーツを楽しむことができる。
人気のクレープは「イチゴチョコクリーム」。ふわふわの雪のような新食感のアイスに、イチゴの果実とミルクをトッピングした「いちごミルク」も大好評だ。食後のデザート、休憩時や帰りがてらのおやつなど、クレープショップは小腹を満たすのにぴったり。

家族で楽しめる「キッズパーク」

スキー場のお楽しみは滑ることだけにとどまらない。せっかく家族で雪山を訪れたのなら、子供と一緒に冬ならではの遊びを体験していこう。キッズパークは、ソリで遊んだり滑りの練習ができる楽しいエリア。ソリのほかに、スノーストライダーやスノーレーサーなど珍しいアイテムで遊ぶこともできる。「楽ちんベルト」と呼ばれる、動く歩道が設置されているので斜面の上りもらくらく。「ソリエリア」と「スキー練習エリア」が分かれているので、安全面への配慮も万全だ。
子供はみんなソリが大好き。転げ回って雪まみれになりながら、はじけるような笑顔で自然と触れ合う。
スノーストライダーは大人気のアクティビティ。小さな子供でも上手に乗りこなせるぞ。
「楽ちんベルト」はビニールアーチに覆われており、冷たい風から子供を守ってくれるうえ、トンネルを抜けるような楽しさも味わえる。利用料金は550円。
トランポリンも設置されており、スキー以外の遊びも体験できる。たっぷり遊ぶなら、ソリ、スノーレーサー、スノーストライダーのレンタルやトランポリンの利用がすべてセットになった「遊び放題PASS」(800円 ※楽ちんベルト利用料は別途必要)がおすすめ。伊那スキーリゾートには、子供を飽きさせない楽しいアクティビティがたくさん待っているのだ。

平日もナイター営業!

伊那スキーリゾートはナイターまで営業。平日も営業しており、仕事終わりに滑りに訪れたってOKだ。今シーズンは毎日ナイター営業前にコースを完全圧雪。日暮れから整備したてのまっさらなバーンを気持ちよく滑走できる。
夜のコースは日中とはうって変わって、山麓に夜景が広がるロマンチックな風景に。街から近い伊那スキーリゾートならではの絶景だ。ナイター営業時間は平日18:00~21:00、休日17:40~21:30。
たっぷり滑って遊び、家族みんなが笑顔になれる伊那スキーリゾート。子供たちから「また来たいね!」なんて言葉が出たら、はじめてのファミリースキーは大成功だ!
photo & text : Chiho Kuriyama

施設情報

中央道 伊那スキーリゾート

所在地
〒399-4431 長野県伊那市西春近3390
外部URL
https://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0334s.htm
備考
名古屋から2時間!八王子から2時間30分!駐車場はいつでも無料!2017年9月に開通した小黒川スマートインターからもたったの8分!山道なしで楽ちんアクセスが自慢の長野県のファミリースキー場。

施設マップ

周辺エリアの記事一覧

スキー&スノーボード関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.