しばらくレンタルで滑っていたけど、もっと上手くなるために自分の道具を揃えようかな。と思っている方へ必見。いきなりお店に行く前に、これを読んで、予備知識をつけ、親切・丁寧なショップスタッフに道具を選んでもらうのもいいですよね。ここでは、SURF&SNOWがオススメするスノーボードブランドを、アイテム別にご紹介いたします。

head Snowboards [ヘッドスノーボード]

headのオリジナル形状DCTのパフォーマンスを、さらに引き上げるLYTを採用。DCTはダブルキャンバーのフレックスとトーションを引き出す形状で、LYTは次世代の軽量素材と軽量コンセプト。ダブルキャンバーの安定感に柔らかいフレックスとトーションを備え、かつノーズとテールが格段に軽量化され、誰でも扱いやすい仕様になっている。
柔らかく、軽い! が、このボードの特徴で、自信のない女性でもラクに扱えるのが魅力。軽さは、単に軽いのではなく、ノーズとテールの両端を軽量化し、ライディング中に感じる軽量感が重視されている。柔らかさもフレックスだけでなく、"ネジレ"も得られるよう設計しているので、とてもターンがしやすい仕様になっている。

OGASAKA SNOWBOARDS [オガサカスノーボード]

OGASAKAの中で最も扱いやすく自由度の高いモデルがTF(The Free)です。昨季までは「CT-Moderato」という名称でしたが、20-21年度より改名し新たにTFシリーズとして展開。CTシリーズが「カービング向けオールラウンドボードシリーズ」(キャンバー形状)に対し、TFシリーズは「遊び向けオールラウンドボードシリーズ」(フリーキャンバー形状)になります。フリーキャンバーは低速時でも扱いやすく、ゲレンデ・コブ・湿雪・地形・パウダーと幅広く楽しめます。これからスノーボードを楽しみたいという方に強くおすすめしたいモデルです。
20-21年度より販売を開始した完全NEWモデル「TF-C」(The Free-Custom)。TFの少し硬いカスタムモデルです。芯材を厚くし、フレックスバランスを調整、高速域でもボードのバタつきが軽減された仕様になっています。また、ノーズとテールを台形状にしてスウィングウェイトを軽量化。フリーキャンバー特有の扱いやすさとこれらが融合し、滑り出しが軽いにも関わらず、ターン時に足元のエッジがグリップする贅沢なボードに仕上がっています。普段ハンマーヘッド形状のボードをメインで乗っている方も、十分に楽しめる自由度の高いボードです。

インプレイ© ImPlay, Inc.