しばらくレンタルで滑っていたけど、もっと上手くなるために自分の道具を揃えようかな。と思っている方へ必見。いきなりお店に行く前に、これを読んで、予備知識をつけ、親切・丁寧なショップスタッフに道具を選んでもらうのもいいですよね。ここでは、SURF&SNOWがオススメするスノーボードブランドを、アイテム別にご紹介いたします。

HEAD SNOWBOARDS [ヘッドスノーボード]

head独自のDCT形状を採用し、ビギナーがスノーボードの魅力にどっぷりハマるためにコンセプトされたボードとなる。楽しいと感じるには素早い上達が必要不可欠であり、上達を最短距離で導く「DAYMAKER LYT」。扱いやすいフレックス、硬い雪質でもしっかりとグリップするボードはターンの安定性が高い。大小様々なターンを刻み、思い通りに滑れた時の快感をデイメーカーと一緒に味わって欲しい。
初めてのスノーボードから初中級者のレベルアップをサポートするシャインは、操作性が高いのが特徴。行きたい方向に行くための動作をすればしっかりと板がついてくるよう設計し、柔らかめに調整されている。細かい性能を知らなくても、上手くなりたい初中級者が手にとって間違いないボードだ。脚力の少ない女子が扱いやすく、ターンとカービングターンを練習するのに最適となっている。

OGASAKA SNOWBOARDS [オガサカスノーボード]

カービングに定評がある「OGASAKA SNOWBOARDS」が満を持して送り出す究極のオールラウンドボード。ラウンドノーズ、ラウンドテール、ディレクショナル、キャンバーのオーソドックスなフリースタイルボードだが、しっかりとエッジが雪面をグリップし安定感と操作性を兼ね備えているのが最大の特徴だ。初級者からプロフェッショナルユーザーまで、幅広い層の欲求を満たしてくれる贅沢なボードである。
ほどよい速さのテンポを意味するModerato。CTよりもマイルドなオールラウンドボードが「CT-M」だ。CTをベースとして、フレックスの調整とフリーキャンバ形状を採用しているのが最大の特徴である。キャンバー形状に比べ反発力は若干劣るものの、方向転換しやすく、低速時でも扱いやすい。また、CTよりも浮力があるためゲレンデからパウダーまでオールマイティーに楽しめるのが「CT-M」の長所とも言える。

ぐるなび© Gurunavi, Inc.