すでに欧米ではスノースポーツ中のヘルメット着用率は非常に高く、最近は日本でもその重要性と必要性を感じてヘルメットを着用してライディングを楽しむ人が増加傾向にある。そんなスノースポーツを安全に楽しむためのマストアイテムとなりつつあるヘルメットだが、従来のフォームタイプのモデルよりも、頭部損傷の予防に効果の高い新技術・WaveCel®を搭載したヘルメットが、さる1月14日にAnonからリリースされたことは、ご存知だろうか。そもそもWaveCel®とは何なのか。また、WaveCel®搭載ヘルメットのどこが優れているのか。それらを紐解いていこう。

WaveCel®って何?

WaveCel®は、アメリカ国立衛生研究所から開発を支援された初のヘルメットテクノロジーで、UV活性化接着剤(紫外線に反応する接着剤)を使用したデュアルデンシティ(二重密度)ポリマー材を緻密な計算のもと繋ぎ合わせ、伸縮可能な多孔性のセル構造をしている。上の写真のような波状の幾何学模様をしたWaveCel®をヘルメットの内側に備え付けることで、ユーザーの頭に届く衝撃の吸収・緩和を助けてくれるのだ。すでにサイクリング用としてWaveCel®搭載ヘルメットは発売されており、サイクリング中の事故で生じる脳震とうや脳障害の発生を防止する効果は、従来のフォームタイプのヘルメットに比べると最大で5倍もあると実証されている。なぜ、それほどまでに頭部損傷の予防に繋がるのか? それは、直線的にかかる衝撃から頭部を守るだけでなく、WaveCel®搭載ヘルメットは「斜め方向」「ねじれ」「回転」といった衝撃からも頭部を保護してくれるからだ。不規則な起伏の連続であるゲレンデでの転倒、ジャンプ中にスピントリックを失敗しての転倒など、スノーボードやスキーにおいても雪面に対して直線的な衝撃だけで留まるケースは少ないだろう。そこで、スノースポーツにおける安全性を最優先事項と考えるAnonは、この革新的なテクノロジーをヘルメットに導入することを決定したのである。多角的かつ複合的な衝撃から頭を守るヘルメットを目指して……。では、実際にWaveCel®がどのように機能し、頭部を守るのかについて説明していこう。

WaveCel®の核となる3つの働きがコレだ!

まずステップ1として、衝撃が加わるとセルが曲がり、最初の力を軽減してくれる。写真ではグニャリと曲がっているが、実際にWaveCel®に触れると、ゲル状のような柔軟な素材ではなく、薄いプラスチックのような素材をしている。つまり、ある程度は強度のある素材が曲がるほどの激しい衝撃から頭部を守ってくれるというわけだ。
次にステップ2として、セルは強い衝撃を受けると自動車のバンパーのように潰れ、その強い力を緩和してくれる。このおかげで垂直方向からの衝撃に対しても優れた吸収力を発揮してくれるのだ。
そして、最後にセルがヘルメットの内部で滑ることにより、衝突で生じた力を頭部から離れる方向へと遠ざけてくれる。この3つが瞬時かつ相互的に作用するおかげで、WaveCel®搭載ヘルメットは垂直方向に加えて、斜め方向からの衝撃、さらには回転やねじれのある衝撃に対しても高い吸収力・緩和力を発揮するのだ。

今季、WaveCel®搭載のスノースポーツ用ヘルメットが存在するのはAnonだけ!

最高のパウダーを堪能していたがコントロールを失って立ち木に衝突した……。いつも繰り出していたお気に入りのトリックだったがテイクオフで失敗して回転が足りずにクラッシュした……。そういった瞬間は突如として訪れるものだ。だが、アナタの頭はひとつだけしかない。もしも頭部に大きな損傷を負ってしまっては、大好きなスノーボードやスキーを続けることは難しくなるだろう。だからこそ、現在はスノースポーツをより安全に楽しむためにもヘルメットの着用が推奨されているのだ。ちなみに、今季、スノースポーツ用のWaveCel®搭載ヘルメットは、AnonからリリースされたMERAK WaveCel®とLOGAN WaveCel®の2モデルのみ。ぜひチェックしてもらいたい。
革新的なWaveCel®による保護機能とトップの耐久性と軽いかぶり心地のボトムのインモールド構造を組み合わせたデュアルハイブリッド構造が特徴のMERAK WaveCel®。19個のアクティブベントを備えていて通気性は抜群。また、BOA 360°フィットシステムによって簡単かつクイックな微調節も可能だ。さらにマグネチックヘルメット ストラップバックルは片手で、しかもグローブをしたままでも着脱できるスグレモノ。
3Dセルによる保護機能を備えた注入成型構造のLOGAN WaveCel®。ライトウェイトなシェル、EPSとWaveCel®のライナーを採用し、薄く流れるようなフォルムが特徴だ。BOA 360°フィットシステム、マグネチックヘルメット ストラップバックルなどのおかげで、このうえない快適性とフィット感を提供してくれる。
text by HaruAki

Anon

1977年に創業者のジェイク・バートンがスノーボードの製造からスタートした「Burton」。スノーボード界において不動の地位を築き上げたBurtonは、2001年に「Anon(アノン)」ブランドを起ち上げ、画期的なゴーグルをリリース。現在ではゴーグルだけでなくヘルメットブランドとしても注目を集めている。あらゆる冬の天候に適した視界や快適性を、最先端のスタイリッシュなルックスで、すべてのライダーたちのニーズを満たすプロダクトを提供している。

インプレイ© ImPlay, Inc.