サイドスリップや木の葉落としをマスターしたら、いよいよターンの練習に移ります。曲がるコツは行きたい方向に顔と胸を向けること。スノーボードでは、つま先側をフロントサイド、カカト側をバックサイドと呼び、それぞれのターンをフロントサイドターン、バックサイドターンと呼びます。
まずは、つま先側のエッジからターンしていくバックサイドターンから挑戦してみましょう。練習場所は、スピードが出過ぎない緩やかな斜面がおすすめです。

トゥからヒール方向にターンする

つま先側のエッジでサイドスリップしながら斜めに進みます。両手は横に広げておきましょう。
顔と胸を斜面の下に向けると、ボードのトップが斜面の下に向いてターンがはじまります。
ボードのトップを下に向けながら体重移動して、カカト側のエッジに乗り換えていきます。
そのまま斜めに進み、エッジを調節してゆっくり減速しながら止まります。

足を蹴り出さない

曲がろうとして足を蹴り出すと、上体が進む方向と逆にねじれてしまいます。そうなると体の動きが窮屈になり、次の動作に移りにくくなります。進みたい方向に顔や胸を向けるとボードが自然についてくるイメージでターンしてみましょう。

後傾にならない

体に力が入って前側の足を突っ張ったり、スピードが怖くて体が遅れていると後傾になりがちです。後傾になるとターンのきっかけがつかめず、そのままスピードが出過ぎることがあります。リラックスして滑れる、スピードが出にくい緩斜面を選んで練習してみましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.