スノーボードの基本の滑りはサイドスリップ。ボードを横にして、エッジをずらしながら滑る方法です。まずはカカト側のエッジをつかったサイドスリップから練習してみましょう。

サイドスリップの姿勢

カカト側のエッジでサイドスリップをするときは、体の向きは斜面の下側。両手を広げると、バランスがとりやすくなります。斜面が緩すぎると進みにくいため、ある程度斜度があるところが練習に適しています。

カカトのエッジでサイドスリップ

カカト側のエッジを立てて体を斜面の下に向けます。つま先を下げてエッジの角度をゆるめたら、そのまま下に滑ります。つま先を上げてブレーキをかけながら減速し、止まるときは両手を前に出してバランスをとります。

止まるときの手の動き

停止するときはヒザを曲げ、両手を前に突き出します。こうすると体の軸が安定し、足を突っ張ったり上体がのけぞるのを防げます。

NGな例

足首の動きを気にして下を向くとバランスが悪く、周囲の状況も把握できなくなります。視線は常に進行方向にむけておくこと。
後傾になるとボードの操作がしにくく、スピードも早く感じます。体の重心がボードの真ん中になるようイメージしましょう。

サポートしてもらう

最初は傾斜で立ち上がるだけでも体力を使います。サポートしてくれる人がいれば手伝ってもらいましょう。サイドスリップがうまくできないときは、手を持って体を支えてもらうとバランスがとりやすくなります。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.