足首の曲げ伸ばしでエッジの角度を調整しながら、ボードをずらしてみましょう。まずはボードを横にして座ります。そのまま、つま先やカカトを上下させるイメージでエッジの角度を調整し、真下に進んでみましょう。練習場所は、やや斜度のある斜面がおすすめです。

カカトのエッジをずらして滑る

斜面の下側を向いて座り、そのまま後ろに手をつきます。つま先をゆっくり下げてカカトのエッジをゆるめ、手で雪面を押しながらボードをずらします。そのまま真下に進んでいきましょう。

つま先のエッジをずらして滑る

つま先のエッジも同じようにずらしてみましょう。今度は斜面の上側を向いて座り、ヒザをあげます。エッジの角度をゆるめ、手で雪面を押しながらボードをずらします。そのまま下に向かって滑っていきましょう。

両足にかける力は均等に

片足に力が偏ると写真のようにトップやテールが斜面の下に傾きます。傾いた方にボードが進んでしまい、思うように進めません。両足に均等に力をかけ、真下に進むようにしましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.