滑走時は、ボードのエッジの角度を変えてスピードを調整します。そのポイントは足首の動き。足首を曲げたり伸ばしたりすることで、エッジの角度を調整できるようになります。

足首の曲げ伸ばしの練習

まずは足首を曲げ伸ばしする感覚をつかみましょう。立ったままではバランスを崩しやすいので、座って練習してみます。やや傾斜のついた場所で下側を向いて座り、つま先を上げ下げするイメージで足首を動かしてみましょう。

つま先を上げるとブレーキがかかる

つま先を上げるとカカト側のエッジが雪に食いこみブレーキがかかった状態に。つま先を下げるとエッジがゆるんでブレーキの効きが弱まります。
つま先側のエッジの角度を調整するときも、足首を曲げたり伸ばしたりします。カカトを上下させるイメージで、エッジを立てたりゆるめたりします。

ブーツの中で足の動きを意識

エッジを雪に押し付けるのは間違ったイメージです。足首を曲げ伸ばしすると、自然にエッジの角度が変わるとイメージしたほうが、動きやすくなります。ブーツの中で自分の足が動いていることを意識しながら感覚をつかんでいきましょう。

photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.