リフト下や初心者練習エリアで滑る練習を済ませ、ある程度滑れるようになったらリフトに乗ってコースで滑ります。はじめてリフトを利用するときは、乗り場や降り場で転倒するケースがよくあります。リフトに乗り降りする流れをイメージしてから、実際に利用をおすすめします。

リフトに乗る前にイメージトレーニング

実際に乗る前に、乗り降りの流れをイメージしておきましょう。リフトに乗るときは、後ろ側の足のバインディングを外してハイバックを倒しておきます。乗車するときはボードをまっすぐにし、後ろを向いてリフトが来るのを目で確かめます。

乗り場では係員の指示に従う

リフトに乗車するには、乗り場の列に並び、係員の指示に従って乗り場の目印まで進みます。
乗車位置では後ろからリフトを確認し、ボードは縦方向にしておきます。

リフトではセーフティーバーを下げる

リフトが来たらタイミングよく座ります。ボードを横にするとエッジが引っかかるため、まっすぐにしておきます。

降車場でまっすぐ滑り降りる

降り場が近づいたらセーフティーバーを上げ、ボードのトップを持ち上げておきます。
降車位置の目印がくるまでリフトに座り、目印がきたら立ち上がります。
降り口が傾斜になっていたら、そのまま真っ直ぐ滑り降ります。後からくる人の邪魔にならないよう、リフトを降りたら速やかにその場から離れましょう。

リフト降り場で止まると危険

リフト下り場のすぐ下で立ち止まったり、座りこんだりするのは危険です。次々と滑り降りてくる人が転倒や衝突し、玉突き事故のような状態になることも。人の流れを妨げぬよう、リフトを降りたらすぐその場から離れること。

バインディングは離れた場所で装着

リフト下り場から離れた場所に移動し、それからバインディングを装着します。下り場のすぐ下などでは装着しないこと。バインディングを装着するエリアが設置されていれば、その場所まで移動しましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.