はじめて傾斜で滑るときは、最初は片足だけ履いた状態で練習します。ゆるやかな斜面でトップを下に向け、そのままゆっくり滑ります。スピードの出にくい緩斜面で、滑り降りたら平地でスピードがおちて自然に止まるような地形が最適です。練習するときは、人通りの少ないゲレンデ下の緩斜面などを選びましょう
トップを斜面の下に向けて腕を前に伸ばし、視線を進行方向に向けた状態で後ろの足を軽く蹴ります。
ボードの上に乗せてそのまままっすぐ滑ります。
速度が落ちたら後ろの足を雪に着けて停止します。

始動と停止のポイント

最初は後ろの足を軽く蹴る程度にし、スピードが出ないように。進みはじめたらゆっくりその足をボードに乗せます。進んでいる間は両手を広げてバランスをとります。足をついて停止するときは、ヒザを曲げて衝撃を吸収しましょう。

後傾にならないように

前側の足を突っ張ったり、腰が引けたりすると後傾しやすくなります。後傾ではスピードが出やすく、ボードをうまくコントロールできません。体の力を抜いて滑れるような、怖さを感じない緩やかな斜度から滑る練習をはじめてみましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.