滑りの練習をするときや、リフト乗り場付近などで、ちょっとした傾斜を上ることがあります。片足にボードを履いた状態で傾斜を上がる方法を覚えましょう。ボードの向きや足運びなど、コツさえ覚えればスムーズに斜面を上れるようになります。

ボードは斜面に対して横にする

傾斜を上るときは、斜面に対してボードを横にします。つま先側のエッジを雪面に食い込ませると、横滑りするのを防げます。そして、ボードを履いていない足は斜面の上側にくるように。この状態で斜面を登っていきます。

登り方

斜面を登るときは、ボードを履いていない足を前に踏み出してボードを引き寄せるのを繰り返します。足を踏み出すときは、ボードはつま先側のエッジを立てて横滑りしないようにしておくこと。
足を踏み出します。ボードはエッジを雪に噛ませて安定させておきます。
踏み出した足に体重を移動させたら、ボードを横にしたまま持ち上げます。
そのままボードごと足を引き寄せます。この動作を繰り返して一歩ずつ斜面を登っていきましょう。

エッジを使えていないNG例

足を踏み出す時の足場となるのが、ボードのエッジ。このようにエッジが立っていない状態ではボードが滑って、うまく登れません。つま先を立ててエッジを雪面に噛ませるよう意識しましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.