転倒した後、うまく起き上がれない人がいます。手間取るうちに体力を消耗し、疲れてしまうかも。起き上がるコツをつかめば、立ち上がるまでの動作をスムーズに行えます。

胸側からの立ち上がり方

転んだ上体から起き上がるときは、ボードの上に体を移動させると立ち上がりやすくなります。胸側に転んだら、まずヒザをついて体を安定させてから上体をボードにつか付けていきます。
手をヒザに寄せながら、お尻が板の上にくるように重心を移動させます。
そのまままっすぐ上体を持ち上げるようにして立ち上がってみましょう。

お尻側からの立ち上がりかた

お尻側から立ち上がるときは、まずボードに体を近づけます。ボードのつま先側を右手で掴み、それから体重移動して立ち上がります。
後ろの手(左手)で体重を支えながら、重心が板の上に乗るように体を起こします。
そのまままっすぐ上体を持ち上げるようにして立ち上がってみましょう。

板は斜面に対して横にする

トップやテールが斜面の下に傾いていると、ボードに体重を掛けたときに滑り出してしまいます。立ち上がるときは、必ずボードを斜面に対して横にします。

起き上がれない状態

斜面の下に体があると起き上がれません。ボードをズラシしたり、反転させたりして、体が斜面の上になるよう調整します。そしてボードを斜面に対して横にしてから、立ち上がる体勢に入ります。

板を返して方向転換

座ったまま簡単にボードの方向を変える方法を紹介します。この方法は、転んで起き上がるときだけでなく、斜面で方向転換するときにも役立ちます。まずはつま先側からカカト側に方向転換する方法。
うつ伏せの上体から手で踏ん張り、ボードを回したい方向に回転させます。
ある程度、ボードが回ったらその勢いで反転させてしまいましょう。
カカト側からつま先側にもボードを反転させてみましょう。
回りたい方向に腕を回し、上体をヒネリます。
その反動を利用してボードを反転させます。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.