スキー場は気温が低く、日中でも気温がマイナスになることが珍しくありません。曇りや雪の日、強風が吹く悪天候となればさらに冷え込みます。そんな環境でも体を守ってくれるのがスノーボードウエアです。専用ウエアは雪上で使うことを考慮し、街着など普段使いの防寒具よりも防水性が優れて、多彩な機能を搭載しています。

スノーボードウエアの特徴

スキー場では、スノーボードウエアを身につけましょう。防水性や撥水性が高く、保温性も優れています。丈夫な素材が使われ、動きを妨げないカッティングが採用するなどアクティブシーンで使うことを想定した作りになっています。雪上利用に特化したウエアだからこそ、スキー場で快適に過ごすことができるのです。

スノーボードウエアの防水性

ウエアの素材は水滴が染み込まないほど防水性が優れています。生地外側からの水はブロックし、衣類内の蒸れは解消するなど、雪上でアクティブに過ごすことを考慮したさまざまな機能を搭載しています。

ベンチレーション機能

ベンチレーションとは、ウエアの両脇や内モモなどに付いたファスナーを開放し、衣類内の熱や湿気を放出する機能のこと。気温が高い日や滑って体が熱くなっても、ウエアを着たまま衣類内の温度を調整できる便利な機能です。

ジャケットのパウダーガード

ジャケットの裾が二層構造になっている、内側部分がパウダーガードです。転んだときやパウダースノーを滑ったときに、裾から雪が入り込むのを防ぎます。
パンツにもパウダーガードが付いているものがあります。なかには、ジャケットのパウダーガードとジョイントして、さらに雪の侵入を防ぐモデルもあります。
ジャケットの袖口にパウダーカフと呼ばれる機能が付いていることも。袖口から侵入するのを防いでくれます。

パスケースの位置をチェック

スノーボードウエアにはさまざまな収納ポケットが備わっています。ジャケットの裾や腕の部分にリフト券入れが付いていることも。この機能があれば、別途、パスケース不要でとても便利です。
大容量ポケットがあれば持ち運ぶ荷物はすべてこの中に。スマートホンや携帯音楽プレーヤーなど、アイテムごとのポケットを装備するなど、多彩な収納性を備えています。

ウエアのサイジング

ウエアは体にぴったりしたものより、ややゆとりのあるサイズが理想的です。ジャケットは後ろから見て、お尻が出ない丈を選びましょう。見た目もよく、窮屈さがなくて動きやすくなります。
パンツの丈はブーツが隠れるぐらいがベスト。ブーツが丸見えになるようなパンツは、丈が短すぎます。

レンタルするならボードとセットがお得

ウエアのほかに、必要なのがスノーボードとブーツのセット。これらはスキー場のレンタルコーナーで借りられます。単品のレンタルと、ウエアと用具がセットになったお得なレンタル料金も用意されています。

好きな組み合わせが選べるレンタルウエアもある

レンタルコーナーのウエアは、女性や男性、子供に合わせたサイズやデザインが揃っています。ジャケットとパンツのデザインやサイズが自由に選んで、好きなコーディネートが楽しめるレンタルもあります。基本的にゴーグルやグローブ、帽子は各自で用意します。
photo & text : Chiho Kuriyama

インプレイ© ImPlay, Inc.