スノーボードのエッジは金属でできているので、人に当たるとケガをさせてしまいます。用具の扱いにはくれぐれも注意し、安全に持ち運びましょう。扱い方のコツを覚えると持ち運びが楽になります。

スノーボードの持ち方

スノーボードを持つときはバインディングが外側になるよう脇に抱えます。スノーボードの真ん中あたりを持ち、引きずらないように運びます。持ち運ぶときは、物や人に当てないよう周囲に注意を払いましょう。

NGな持ち方

スノーボードを横に持つと周囲の人のジャマになります。振り回して物を破損したり、人に当ててケガをさせる危険もあるため、スノーボードは縦に持つこと。
リーシュコードを持ってスノーボードを引っ張るのは絶対にダメ。通行人のジャマになりますし、人や物にぶつかって事故に繋がる可能性もあります。

ソリのように遊ばないこと

スノーボードに座ってソリのように遊ぶのは絶対にやめましょう。周囲の人に迷惑をかけるうえ、スピードが出てもコントロールが効かず、暴走する危険があります。自分だけでなく周囲の人を巻き込む事故にもつながります。

NGな置き方

スノーボードを雪の上に置くときはバインディングを下にします。ソールを下にすると、スノーボードだけが滑っていってしまいます。加速のついたボードが人や物に衝突すると非常に危険です。
スノーボードを置くときはバインディングを下に。軽く押して、スノーボードが動かないようにしておきます。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.