スノーボード履くときはバインディングにブーツをしっかり固定してからバインディングを締めていきます。バインディングをきちんと締めないと、滑っているときにボードを操作できません。

かかとを合わせる

ストラップをすべて緩めたらバインディングに足を入れ、ブーツのカカトをしっかりフィットさせます。ブーツの裏やバインディングに雪が付いているときちんと、しっかり固定できないので装着前にはらっておきましょう。

アンクルストラップをはめる

ブーツはストラップを締めて装着します。2つあるストラップのうち、先にアンクルストラップ(足首側のストラップ)から締めていきます。ラチェットにベルトを差し込み、レバーを倒すとストラップが締まります。

トゥのストラップをはめる

同様にトゥストラップも締めていきます。ストラップの位置は、甲部分を締めるタイプとつま先を締めるタイプがあります。

ラチェットの使い方

ラチェットのレバーを倒してカチカチと音がなるなら締まっています。何度もレバーを倒して締め、きつすぎない程度に調整します。

リーシュコードのつけ方

リーシュコードは体とボードをつなぎ、ボードが流れていないようにする流れ止めの役割をします。滑走時は必ずリーシュコードを装着しておきましょう。

バインディングの外し方

ラチェットを持ち上げるとロックが解除され、そのままベルトをスライドさせるとストラップが外れます。アンクルとトゥの両方を外し、足を持ち上げればバインディングを脱ぐことができます。
スノーボードはリフトを乗り降りする際、後ろ側のバインディングを外します。頻繁にバインディングを脱ぎ履きするので、ここでしっかり手順を覚えておきましょう。

ぐるなび© Gurunavi, Inc.