スノーボードブーツにはタイプによってヒモの締め方が異なります。おおまかに分けると次の3タイプ。スニーカーのようにヒモを縛るタイプ、ヒモを引くと簡単に締まる「スピードシューレースタイプ」、ダイヤルを回してワイヤーを締めあげる「BOAタイプ」です。こでは、スピードシューレースとBOAタイプの脱ぎ履きの方法を紹介します。

履き方(BOAタイプ)

まずワイヤーとヒモをすべてゆるめ、ブーツを前に大きく開いてつま先から足を入れます。
ブーツに足を入れたら、インナーブーツのシューレースを引いてきつ過ぎない程度に締めます。シューレースには引っ張りやすいよう、持ち手などが付いています。
インナーブーツのシューレースが緩まないようロックし、あまった部分は巻いて収納します。ロックはブーツの横などに付いています。
タンの位置がスネにフィットするよう位置を調節します。
ダイヤルを回しながらワイヤーを締めていきます。締め終わったらダイヤルを押しこむと固定されてゆるまなくなります。このように、ダイヤルでブーツを締めるのがBOAタイプの特徴です。

脱ぎ方(BOAタイプ)

BOAタイプのブーツを脱ぐときは、まずダイヤルを手前に引いてロックを解除します。ロック解除とともにあるていどワイヤーが緩みます。
両手でブーツの前後を持って大きく広げ、ワイヤーをさらに緩めます。
次はインナーのシューレースのロックを外します。
あとは手を使ってシューレースを緩め、ブーツを前後に広げて足を引き抜きます。

履き方(スピードシューレース)

スピードシューレースのブーツも、最初の行程はBOAタイプと同じ。まず、インナーブーツのヒモを引いて締めていきます。
インナーのヒモが緩まないようロックしたら、余った部分をアウターとインナーの間に挟み込んでおきます。
次にアウターのシューレースを引いて締めます。シューレースは2本あり、それぞれブーツの下部と上部を締めわけすることができます。
シューレースを後ろに引いてロックをかけます。ロックするパーツはブーツによって前や横などに付いています。
ヒモの端はじゃまにならないよう、持ち手を専用の収納ポケットに差し込みます。

脱ぎ方(スピードシューレース)

シューレースの両手で持って手前に出すとロックが外れます。あとは手でヒモを緩めていきます。
あとの行程はBOAタイプのブーツとほぼ同じ。インナーのシューレースのロックを外して緩め、ブーツを前後に大きく広げて足を引き抜きます。

パウダーガードの装着方法

ブーツを履いたら、パンツの裾についているパウダーガードをかぶせます。パウダーガードをブーツに被せることで、雪が入ってくるのを防ぎます。パウダーガードをブーツの中に入れている人を見かけますが、それは間違った使い方。ブーツの中に雪が入ってきてしまいます。

NGなパウダーガードの装着例

このようにパウダーガードをブーツ内に入れるのは間違った装着方法。ブーツに雪が入ってしまうし、ブーツをきちんと締められません。パウダーガードはブーツの上に被せるものと覚えておきましょう。

ブーツのフィッィングについて

ブーツを締めつけ過ぎると足が痛くなるので、ゆるすぎない、ほどよい締めつけ具合にするのたポイント。快適なフィット感になるよう、バックスを掛ける位置やベルトの締め付け具合を調整し、きつ過ぎたりゆるく感じたらその都度、微調節しましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

How To Snowboard関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.