スノーボードは雪上をするすると滑る特徴があります。まずは、片足だけボードを装着し、滑る動きに慣れましょう。ボードを履いていない後ろ側の足で雪面を蹴り出し、ボードを滑らせてみます。滑る動きに合わせてうまくバランスを取り、「ソール全体で雪の上を滑る」という感覚を体験。傾斜のない平らな場所を選んで練習しましょう。

足で蹴って進む

ボードを履いていない、後ろの足をつま先側に置きます。このとき後ろの足のヒザを前側のヒザに近づけます。進行方向に向かって腕をまっすぐ伸ばし、顔も向けます。
後ろの足で雪面を蹴ったら前側の足に体重を載せます。
蹴った足はボードの上に乗せて、ボードが滑らせます。この動きを繰り返し、スケーティングしならが進んでいきます。
今度はかかと側に足を置いて、蹴りながら進む練習もします。このときも後ろ足のヒザを前側のヒザに近づけるように意識しましょう。
進行方向に顔を向けて、後ろの足で雪面を蹴ってボードを滑らせます。視線は足元ではなく、なるべく遠くを見るようにしましょう。

注意したい点

足元を気にして下を見るとまっすぐ進めません。上体はまっすぐにし、視線は進行方向を見るようにしましょう。
ボードが滑るのに体が遅れて後傾にならないように注意。バランスを崩しやすく、スピードが速く感じます。

止まり方

バランスを崩して転びそうになったら、慌てず、ボードに乗せている後ろの足を雪面につきます。雪面に足をつけてボードの動きを止め、体を安定させれば転倒を防げます。
足を突くのはつま先側でも、カカト側でもかまいません。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.