はじめてゲレンデでスノーボードをする場合「何を準備すればいいの?」「ゲレンデでの注意事項は?」など、分からないことだらけですが、スノーボードをするのに必要な用具やその使い方、ゲレンデやリフトでのマナーといった基本情報を抑えておけば、スノーボードがもっと安全に楽しめます。

スノーボードに必要な用具

スノーボードで必要な用具は、ボードとバインディング、ブーツの3つ。スキー場のレンタルコーナーで借りて利用します。

スノーボードの名称1

ボードにブーツを装着するバインディングは、ボードにビスで固定されています。ボードの進行方向の部分をノーズ(あるいはトップ)、後ろ側はテールと呼ばれます。滑るときに「トップを下に向ける」、「エッジを立てる」といった用語を使うのっかりと用具の名称を覚えておきましょう。

スノーボードの名称2

ボードの裏面をソールと呼び、縁を覆うようにエッジという金属がついています。ターンやとまるときに、このエッジ部分を使ってボードをコントロールします。
スノーボードにはリーシュコードという、流れ止めの役割をするヒモが付いています。滑走時はリーシュコードを必ず装着します。

ブーツの名称

滑走するときはスノーボードブーツを履きます。基本的に、丈夫なアウターとフィット感のよいインナーの2層構造になっています。ブーツはリーシュと呼ばれるヒモやワイヤーなどで締めます。スネ部分にはタンというパーツがあります。ナイロンやレザーを使ったソフトブーツで、防水性が高く、頑丈に作られています。一部、プラスチック製の使ったハードブーツもありますが、主流はこのソフトブーツです。
スノーボードブーツにはヒモの締め方に違いがあります。これは、ダイヤルでワイヤーを締める「BOAタイプ」。
こちらは、シューレースと呼ばれるヒモを引いて締めるスピードシューレースタイプです。

バインディングの名称

バインディングは2つのストラップを使ってブーツを固定します。締め具合はラチェットというパーツで調節します。バインディングの後ろについているハイバックは、足首からふくらはぎ部分を支える役割をします。

用具はレンタルもできる

スキーやスノーボードなどの道具、ウェアはわざわざ購入しなくても、スキー場のレンタル施設で借りられます。用具のレンタルは、板とビンディング(金具)のセットが基本です。
photo & text : Chiho Kuriyama

ぐるなび© Gurunavi, Inc.