最近スキー場で見かけるようになってきたスノーパーク。ソチ五輪でジャンプして、クルクル回っているスキーヤーを見た人も多いと思いますが、世界で注目されはじめている新しいスキーの遊び場所なんです。スキーの可能性を一緒に広げてみませんか?
写真:桑野智和  テキスト:毛利洋介
取材協力:奥只見丸山スキー場

モデル&解説/津田健太朗(つだ・けんたろう)

1983年生まれ。石川県出身。2014ソチ五輪スキーハーフパイプ日本代表。2005年、当時国内最大級の大会カナダカップビックエアで優勝。その後、拠点を海外に移し大会を転戦。世界で戦える数少ない日本選手の一人。ハーフパイプだけでなく、ビックエア、スロープスタイルなど全種目で日本トップレベルの実力を持ち、世界の最前線で身につけてきた技術論をもとに指導者としても活躍中。

【スポンサー】STRICTLY、GOLDWIN、SCOTT、LEVELgloves、SALOMON、ARKprotector、ELMcompany、VailSkiShop、SnowParkOze-Tokura、SNOVA溝の口R-246、S-AIR

スノーパークってどんな場所?

スノーパークとはキッカーやジブと呼ばれる人工的な遊具を集めたエリアの総称です。文字通り、スキー場にある雪の公園だと思ってください。公園と同じように、遊具によって遊び方や難易度が異なります。遊び方を間違えれば危険なものもありますが、正しく遊べば非日常的な楽しみを与えてくれる物ばかりです。

スノーパークという響きにレベルの高いスノーボーダーのための場所のようなイメージがあるかもしれませんが、普通に滑走できる人ならスキーヤーでも十分安全に楽しめる初心者用のパークもあります。きっと今まで知らなかったスキーの新しい楽しみ方を知ることになるでしょう。是非トライしてみてください。

どんな道具を揃えたらいいの?

スノーパークで遊ぶ為に必要な道具は、スキー板、ブーツ、ストックなど、普通にスキーをする道具と特に変わりません。もちろん今、使用している道具でスノーパークを遊ぶことは可能ですが、より楽しく遊ぶ為にも専用の道具をおすすめします。
まずはスキー板。スノーパークでは板の後ろの部分も反り返っているツインチップスキーと呼ばれるスキー板を使用します。ビンディングの位置も少しセンター寄りに付いています。この板は後ろ向きで滑れることも可能です。普通のスキー道具と一番差があるのがスキー板なので、できれば板だけでも用意できるといいでしょう。

あとはそこまで大きく変わりませんが、ブーツは比較的柔らかく軽いタイプのもの、ストックも普通に滑る時より若干短めのものが多く使われています。

ツインチップスキーの特徴

ツインチップスキーの一番大きな特徴はテール(スキー板の後ろの部分)が反り返っていることです。これによりスイッチ(後ろ向きで滑ること)が可能になり、遊び方が倍増します。センター寄りにビンディングを取り付けることが多いのも、スイッチの時に板の前後が入れ替わるためと考えてよいでしょう。

安全に楽しむために

スノーパークと聞くと怪我のイメージが強いかもしれませんが、本来防げたはずの怪我が多いというのも事実。後悔先に立たずという意味では、ヘルメット、プロテクターの着用をおすすめします。とくにヘルメットは海外のスノーパークでは着用義務のあるところも多く、日本は少し遅れています。そして自分のレベルにあったアイテム選びをしましょう。

まずは自分が入ろうとしているアイテムがどんな設計なのかしっかりと確認する。この行程を抜かしてしまったために怪我をしてしまったという話はよくあります。また、スノーパークにはディガーと呼ばれる整備スタッフがいますが、場所によって整備状況やサポート体制に差があります。シーズン毎に状況も変わるのでサイトやホームページなどの情報を参考にするのもいいでしょう。

ジャンプ台について知ろう

スノーパークと言ったらやっぱりジャンプ!少し怖いような気もしますが、ビシッと飛んでカッコイイところを誰かに見てもらいたい願望は誰もが持っているはず!一歩ずつ階段をあがっていけば誰でもある程度までは飛べるようになります。勢いだけは怪我のもと!基本を学んでいきましょう。

アイテムをチェックしよう!

スノーパークにあるジャンプ台にはいくつかの代表的な形があります。ジャンプ台を総称してキッカーと呼ぶ事が多いのですが、キッカーとは正確にはステップダウン形状のジャンプ台で、もっとも一般的なものになります。

初心者の人には、リップとランディングの高低差の少ないテーブルトップ形状がおすすめです。落差が少ないので慣れていない人でも比較的安全に遊べます。キャニオンのようにレベルの高いアイテムもありますが、同じ形状でもリップやランディングの角度や長さなどによっても難易度が変わってくるので、アイテムチェックは欠かさず行うようにしましょう。また、アプローチの角度や雪質によって必要な助走距離が変わってくるので、スタート位置の調整にも注意しましょう。

ストレートジャンプにトライ! 01/平地での基本姿勢の確認

基本姿勢は肩幅程度のスタンスで、真っすぐ立っている状態からストンと重心を落とした、いわゆるスキーの基本姿勢と変わりません。アプローチで登りの動きが入ってくるため、いつの間にか後傾気味になってしまう事があります。思ったより前傾をキツめに入れてもらってもいいかもしれません。

ストレートジャンプにトライ! 02/キッカーでの練習

次にジャンプのイメージですが、基本姿勢の状態から真上に伸び上がってください。その時にスキー板全体が持ち上がるように、少しカカトをイメージして足裏全体で飛んでみてください。日常生活でジャンプをするとつま先が最後に残る人がほとんどだと思いますが、スキーのジャンプの場合、足裏全体が同時に地面から離れるように飛んでいるのが理想的です。運動靴の状態等で確認してみると分かりやすいと思います。

ストレートジャンプにトライ! 03/ありがちな失敗例(後傾、デコ落ち)

初心者に多くありがちな代表的な失敗例を2つ紹介します。1つ目は後傾の失敗です。普段のスキーにはあまりない、斜面を登るという動きによって後傾になる人が非常に多く見られます。後傾のまま飛び出してしまうと、しっかりと飛ぶ事が出来ず、板のトップが上がってしまい、テール側からの着地になってしまいます。身体が遅れないように前傾を意識してアプローチに入ってみてください。

2つ目はデコ落ちと呼ばれるランディングまで届かない失敗例になります。必要なアプローチスピードが足りないか、リップ手前で飛んでしまっているかどちらかが原因です。周りの上手い人のスタート場所を参考にスピードを調整しましょう。デコ落ちが続く場合は、携帯動画などで自分が飛び上がっている位置を確認してみるのもいいと思います。

180(ワンエイティ)にトライ!

ストレートジャンプが安定してきたら次はスピンに挑戦してみましょう。180°と聞くと、後ろを向いて着地するというイメージが強いかもしれませんが、そうではありません。板の向きが逆になるだけで、後ろを向くわけではないと思ってください。踏み切りはストレートの時とほとんど変わらないので、まずはしっかりと飛び出す事を意識しましょう。

右回りの場合、飛び出したら少し左手を引いて、上半身を後ろに誘導してあげます。すると、自然と下半身も一緒についてくると思います。ここで注意して欲しいのが目線です。上半身に同調して目線も後ろを向いてしまうと、着地のタイミングが分かりにくくなり、難易度は急上昇します。首を固定するイメージで前を見続けることで着地のタイミングが計れるはずです。最初は160度くらいを目指して少しずつ挑戦してみてください。

360(スリーシックスティ)にトライ!

ジャンプを始めたら最初の大きな目標となるのが360(スリーシックスティ/サブロク)だと思います。ここでもやはりストレートジャンプがベースになってきます。技をかけようとすると踏み切りが早くなってしまいがちなので、上手くいかない時はストレートに立ち戻るのも大切です。

踏み切りと同時に180の時よりも少しだけ強く身体を回してみてください。この時、180とは異なり、上半身の動きに連動して目線も回していきます。心配になって早く回りたくなってしまいがちですが、ジャンプの頂点で半分の180度回っていればしっかりと前向きに戻ってくるので、力ずくでぶん回さないように気をつけましょう。

後半の180度は180の時と同様にランディング周辺を見続け、着地に身体を合わせていってください。一連の動作がスムーズな流れになるようにしっかりイメージを作ってから挑戦しましょう。

グラブにトライ!

すべてのトリックに華を添えるのが、板を掴むグラブという技です。特にスキーの場合、板が2本あるためにスノーボードよりも多くのバリエーションがあります。ストレートジャンプしかできない人でもグラブを覚えれば、それっぽい雰囲気が出ること間違なしです。

人によって掴みやすい場所に多少違いがありますが、ジャンプの頂点で掴むというタイミングはほとんど同じです。早く掴みにいってしまうと、スピンの時と同様に、踏み切りのタイミングがずれてしまうことが多いので注意しましょう。まずはゲレンデのジャンプ台で実践する前に、その場で座って、板を実際に掴んでイメージを作ってみてください。身体がどの程度小さくなり、板のどの部分を掴もうとしているのか確認することが大切です。

アイテムをチェックしよう!

ジブアイテムはキッカーと比べると、見かけで難易度が分かりやすいでしょう。最初は幅の広めなワイドボックスからスタートし、段階的に細いアイテムや変わった形のアイテムに挑戦してみてください。ただ、ジブアイテムの場合、実はチェックして欲しいのはアイテムの種類よりも設置状況です。見落としがちなのでしっかりと確認しましょう。

まずはエントリー部分。リップとアイテムに隙間が空いていると、それだけで恐怖心を感じてしまう事がよくあります。そしてアイテムの高さ。またいでしまった時に足の着く高さのアイテムだと落ちても安心できると思います。また、素材にもよりますがジブアイテムは劣化してしまったり、破損してしまっている可能性もゼロではありません。怪我に直結する場合もあるので注意して確認してください。

ボックスにトライ! 01/エッジを立てない練習をしよう!

すべてのジブアイテムに共通して言える事ですが、アイテムに乗っている状態というのはスキーの滑走状態とはまったく別物です。スキー操作の中で唯一近い動きなのが、エッジを寝かせて斜面にフラットに合わせて落ちる、ずらしの動きになります。

なだらかな斜面で十分なので、スキーを振って、板を斜面に対して横向きにしてください。本来であれば山側のエッジを効かせていると思いますが、谷側に少し重心を意識することで斜面とフラットな状態が作れるので、逆エッジに気をつけながらズルズルと下ってみましょう。

ボックスの上でエッジを立てようとすると、雪のように噛んでくれないので必ずと言っていいほど転んでしまいます。スキーを滑っている状態からエッジを全く効かせない状態へ切り替えるイメージで何回も練習してみてください。

ボックスにトライ! 02/ボックスにソールの全面を付けよう!

それでは実際にアイテムに入ってみましょう。最初はリップとアイテムが離れていない、少し幅の広いボックスで練習する事をお勧めします。まずはアイテムに対して真っすぐ乗ってそのまま真っすぐ下りてみましょう。板がフラットになった、いわゆる直滑降の状態でアプローチし、そのまま乗ってみてください。乗った時にアイテムの出口を見続ける事がポイントです。
だんだん慣れてきたら、リップで軽くジャンプをして、アイテムに対して板を横に向けて少し角度をつけた状態で乗ってみましょう。ここでの最終目標はアイテムに対して真横の状態で通しきることです。そして、できればなるべく足元がアイテムの中央にあるように意識して練習してください。レールにステップアップするためには、アイテムに乗る位置をコントロールできるようになる必要があります。

レールにトライ!

レールと言っても、基本的な乗り方に関してはボックスと何も変わりません。レールの場合も、難易度が低いセッティングのアイテムを探して挑戦してみてください。1つのものだけでなく、3本程度レールがまとまった比較的幅広なアイテムもあるので最初はその方がいいでしょう。そしてやはり一番大事になってくるのが、どの位置でアイテムに乗っているかです。乗る位置が良ければ、あとはバランスを取ることに集中できます。乗る位置が悪ければ、バランスを取る前にアイテムから落ちてしまうでしょう。

アイテムの上で動いたり、インやアウト(乗る時と降りる時)などで技を入れたり、1つのアイテムでも遊び方が満載なのでいろいろ試してみてください。ハマってくると階段の手すりなどがパークのレールに見えてくるくらい夢中になるらしいので要注意ですよ♪

五輪種目スキースロープスタイル

スロープスタイルはレールやボックスのジブセクションとキッカーなどのジャンプセクションによって構成されたコースで演技力を競い合う競技です。1つのセクションだけでなく、総合的な完成度が求められます。海外の大会などでは15mを越える大きなジャンプ台が頻繁に使用され、より難易度の高いトリックが求められるようになってきています。

スロープスタイルのようにセクションを連続して行うには、スピード調整能力や着地の安定感も必要になってきます。しかし、自分の能力に合わせてアイテムとトリックを選択していくという新しい楽しみ方も増えるので、練習の成果を発揮するにはもってこいと言えるでしょう。日本のスノーパークでは、アイテムをスロープ形式に設置しているスキー場はまだ多くありませんが、ぜひ挑戦してみてください。

練習環境ってあるの? 01/ウォータージャンプやトランポリン

今やスキーの練習は冬だけに行うものではありません。安全に楽しくレベルアップできる練習施設がどんどん増えています。着地での怪我が心配で怖くてジャンプできない。そんな人におすすめなのがこのWJ(ウォータージャンプ)という施設。

着地がプールなので思い切って挑戦できます。大切なスキー道具を水に浸けたくない人にはレンタルも揃っているのでご安心を。
スキーを付けてジャンプなんてとんでもないと思う人にはトランポリンがおすすめ。日常生活では味わえない空中感覚を試してみましょう。短時間で何回も飛べるので、反復練習としても効果的です。全身運動なのでダイエット効果も期待できるでしょう。
参考施設:X-tech http://www.x-tech.co.jp

練習環境ってあるの? 02/室内練習施設もバッチリ

スキー場となるべく近い環境を求めるなら、キッカーやジブ、ハーフパイプを備えた室内練習施設がお勧め。普段使用している板やブーツで練習ができます。人工雪を保つために真夏でも氷点下のため、体感温度はゲレンデよりも低くなることもあるので注意しましょう。
参考施設:snova溝の口 http://snow.gnavi.co.jp/guide/htm/r0311s.htm
ここ数年で一気に数が増えているのがこの施設。ブラシのアプローチと立体型エアマットのランディングによって、スキー場でのジャンプ台と同様の一連の動きが安全に練習できます。マットの破損を防ぐため、エッジは丸めてから使用する事になるのでご注意ください。

経験に基づく確かな指導を受けよう

いくつもの練習施設がありますが、正しい練習方法を知らないと効率のいい練習にはなりません。それどころか施設ではできたのにスキー場では出来ないなんてことも。国内外で活躍してきたアスリート達によってレッスンを受ける環境も充実してきています。初めの一歩を踏み出すにも最適です。

周辺エリアの記事一覧

How To Ski関連の記事一覧

ぐるなび© Gurunavi, Inc.