リフト下や初心者練習エリアで滑る練習を済ませ、ある程度滑れるようになったらリフトでコースに滑ってみましょう。はじめてリフトを利用するときは、乗り場や降り場で転倒するケースがよくあります。リフトに乗り降りする流れをイメージしてから、実際に利用のをおすすめします。

リフトに乗る前にイメージトレーニング

実際に乗る前に、乗り降りの流れをイメージしておきましょう。リフトに乗るときは、ポールはストラップを外して片手にまとめておきます。乗車前は後ろを向いてリフトが来るのを目で確かめます。

まずリフト乗り場に並ぶ

リフト乗り場付近では減速し、ゆっくりと乗り場に並びます。乗り場では横入りをしたり前の人を追い抜いたりせず、順番を守って並びます。他の人のスキーやスノーボードを踏んだり、またいだりしてはいけません。

乗り場では係員の指示に従う

リフトに乗車するには、乗り場の列に並び、係員の指示に従って乗り場の目印まで進みます。リフトが来たらタイミングよく座り、ポールやスキーのトップが引っかからないようにします。

リフトではセーフティーバーを下げる

リフトに乗ったら必ずセーフティーバーを下ろします。そして乗車中は騒がずに静かに乗車しましょう。リフトの上でゴーグル、グローブ、帽子などを外すと落としてしまうことがあるため、装着したままがおすすめです。

下げるときは同乗者に声をかける

同乗者がいる場合は、その人に当てないよう、必ずひと声かけてからセーフティーバーを下ろします。バーを勢いよく降ろさず、静かにゆっくりと下ろすのがマナーです。また、セーフティーバーを上げるときもいきなり上げず、声をかけてから静かに持ち上げます。

降り場が近づいたらバーを上げる

リフトに乗車している間はセーフティーバーを下げたままにし、リフト下り場が近づいたらバーをあげます。

降車場でまっすぐ滑り降りる

降り場が近づいたらセーフティーバーを上げ、スキーのトップを持ち上げておきます。降車位置の目印がくるまでリフトに座り、目印がきたら立ち上がります。後傾になると転んでしまうので、前に向かって立ち上がるイメージで降りてみてください。降り口が傾斜になっていたら、「真っ直ぐ滑ってとまる」の要領で進みます。後からくる人のジャマにならないよう、リフトを降りたら速やかにその場から離れましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

インプレイ© ImPlay, Inc.