斜面を上ったら、いよいよ真っ直ぐ滑ってとまる練習です。スキーのトップを斜面の下に向け、V字のポーズでとまります。最初の練習は傾斜のゆるい場所からチャレンジしましょう。スキー場で練習するときは、ゲレンデ下の人通りが少ない緩斜面や、初心者用の練習エリアを選ぶこと。ゆっくり滑れ、平地で自然にスピードが落ちてとまるような地形が理想的です。

スキーを大きく開いて止まる

スキーを小さなV字にして斜面の下を向いたら、エッジの角度を緩めてゆっくり進みます。斜面の下まできてスピードが遅くなったら、テールを開いて大きなV字にして止まります。

トップが開くと止まれない

スキーのトップが開いてしまうとエッジが立てられず、スピード調節できません。スキーは常にきれいなV字をキープしましょう。

下を見ない

足元を気にして顔を下に向けてはダメ。これでは進んだ先に人や障害物があっても気づけません。顔は常に正面を向け、視線を進行方向に注ぎましょう。

後傾にならないように

後傾などバランスを崩すと、スキー操作がうまくできません。重心が両足の下にくるようバランスをとりましょう。

トップを持って補助してもらう

スキーのトップが重なってしまうときや、滑り出す前にエッジを立てて止まっていられない場合、滑り慣れた人にトップを持ってサポートしてもらいましょう。
photo & text : Chiho Kuriyama

インプレイ© ImPlay, Inc.